リゼロにも2枚掛けペナルティが存在!下パネル○○台は超危険!!【ペナの心配はなし!?突入条件が判明!】

リゼロから始める異世界生活 2枚掛け
©大都

taiキング(TwitterID:@pachisuromonst)です。

今回は「Reゼロから始める異世界生活」の
2枚掛け遊技中・解除方法に関する記事です。

知らずにゼロボを入賞させてしまうと、
損しかしないので気を付けながら
ぜひこの記事を参考にしてみてください。

それではご覧ください。

関連記事


目次

Reゼロのゼロボやめにご注意を!

6号機の特徴としてあるのが“ゼロボ”ですよね。

代表的な機種だと蒼天の拳で、
ボーナス図柄を揃えてやめられていたり…

星矢SPでは星マークが出ている間、
ゼロボが入賞しないように気を付けたり…

入賞させていい事なんて何一つありません💦

そんなゼロボですが、
リゼロにも搭載されています!

わ~!
原画綺麗ですね~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

アニメの1話か2話だったかな?、
確かこんな構図の二人の絵がありましたよね~!

って見るべきところはそこではなく、
2枚掛け遊技中と表示されているところ!

どうやら2枚掛け時に特定の図柄を揃える事で、
約140G間の無抽選 or 設定変更でしか消えない
ペナルティ状態になるようです
💦

パネルで状態を見抜く!

めちゃくちゃ怖いペナルティですが、
下パネルで状態を見抜くことが可能なようです。

パネル点滅台に注意

下パネルが消灯したまま or 点滅していれば注意。

ホールが導入時に適切な作業を行わなかったりユーザーが誤って
「2枚掛けで遊技」して無抽選状態になっている可能性が高いです。

この状態のまま打ち続けると損をしてしまうので以下の手順を実行して下さい。

  • 下パネルが点灯
    ⇒正常な状態
  • 下パネルが消灯
    ⇒設定変更が必要です。
    営業中の設定変更は禁じられていますがとりあえず店員に知らせてみて下さい。
  • 下パネルが点滅
    ⇒以下の手順を実行。

    ①メダルを2枚手入れしレバーONしパネルの状態を確認

    【②パネルが点滅のまま】
    →フリー打ちし、再度①を実行

    【②パネルが点灯に変化】
    →左リールに白7を狙い、中・右フリー打ち

    パネルが点灯状態に変化すれば完了です。

引用元:ちょんぼりすたさん

下パネルが点灯している状態が正常、
消灯している場合は絶っっっ対に打ちたくないですね!

下パネルが点滅している場合は、
特定の手順を踏むことで正常な状態へ
戻すことが可能なようです!

間違えて2枚掛け遊技になってしまう事もあるので、
復帰手順は出来るだけ覚えておきたいですね。

ペナルティー確率・詳細

どうやらゼロボ状態は2枚掛け遊戯中に、
約1/10000で成立する特定役でのみ移行するようです!

1/10000で成立するゼロボなら、
狙って入賞させる事も難しいですし
特に気にしないで問題なさそうですね。

ただ今後増台した台を、
お店側が復帰手順を行わなかった場合…

朝一からゼロボ状態のまま…
なんてこともありえるので増台時はご注意を!

Twitterの反応

まとめ

さて今回は2枚掛け遊技・ゼロボについて
まとめさせていただきました。

元の版権がアニメ系ということで、
中にはその作品が好きで初めてスロットを打つ!
なんて人もいらっしゃると思います。

初心者の方にゼロボを入賞させるな!
2枚掛けをするな!と言ってもわからないので…

いかに自分がゼロボ中の台を打たないかという、
リスクヘッジが非常に大事になってきますね。

下パネルで状態を見抜いて、
下パネルが点灯以外であれば
台を避けるのも一つの手です。

個人的に2枚掛け中の一枚絵は綺麗なので、
見たい気持ちは一ファンとしてはわかります。

ですが一枚絵を見て満足した後は
細心の注意を払って復帰作業を行いたいですね。

以上「Reゼロから始める異世界生活(リゼロ)の2枚掛け・ゼロボ復帰手順」でした!

関連記事

3 件のコメント

  • パネル消灯はペナルティ状態が目視で確認できる状態であるのは確定していますが、目視で確認できないペナルティ状態の存在があるようです。
    見た目は他の台と何ら変わりはないごく普通の状態なのに、内部的にペナルティ状態で無抽選、モード転落、前兆遅延、様々な状態異常が潜んでいるようです。
    メーカー側は数万分の一の特定役入賞ででパネル消灯するとの発表しかしていません。
    ですが、連続して2枚がけをしまくった場合、数万分の一の特定役を入賞せずともペナルティ状態に移行するという事が有力な情報として浮かび上がってきました。
    故意に2枚がけを連続するというのは、実際にどれぐらい連続させると状態異常に移行するかはまだわかっていませんが、2Gや3Gではなく、10G以上連続し続けると状態異常が発生した報告が実際にありました。
    100の倍数のG数では、ガセ前兆、本前兆に移行する大事なタイミングですが故意に2枚がけを連続し続けた後、通常遊戯に戻すと前兆遅延、または天井突き抜け、本前兆並の強い演出が否定されるなど、あり得ない状態異常が発生しています。
    白鯨討滅戦初当りG数782Gとか謎の458G当選など、データカウンターが正常に作動している実際のホールで確認されています。
    白鯨討滅戦中も連続2枚がけを行い内部ペナルティに移行してしまった場合はモード転落、つまり確定していたはずのゼロかラッシュが消失…。
    恐ろしい事になっています。
    一回ぐらいの2枚がけでは故意にペナらせる事はほぼ不可能であるが、連続2枚がけによる状態異常移行は簡単にペナらせる事ができる可能性が高いという事がわかってきました。
    そんな恐ろしい事が起こってしまう6号機の2枚がけ仕様をどうにかしてほしいものですが…。

    • 貴重なご意見ありがとうございます。

      検証捜査員さんの意見を否定するわけではないのですが、こちらは2枚がけ時にデータカウンターが進んだ分、前兆や当選G数に影響が出たのではないでしょうか?

      一つの仮説なので間違えていたらすみません💦

      わたし自身も間違えて2枚がけしてしまうことがありますので、できれば3枚がけでしか回らないようにしていただきたいです(;_;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。