フィーバークイーン2|リール配列 通常時の打ち方 技術介入

パチスロ フィーバークイーン2 打ち方トップ画
©SANKYO

導入日2019年1月21日のスロット
フィーバークイーン2 b」の
リール配列・打ち方に関する記事です。

この記事では

  • リール配列
  • 通常時の打ち方
  • ボーナス中の技術介入
  • 純ボーナスの種類

について書いています。

REG中は技術介入が必要です!

適当打ちすると損をするので
この記事を見て打ち方をチェックしてください。

それではご覧ください。

関連記事


目次へ

スポンサードリンク

リール配列

パチスロ フィーバークイーン2 リール配列

通常時の打ち方

左リールに黒BAR狙い


  • 左リール下段に黒BAR停止時
    中・右リール適当打ち

    成立役
    ハズレ or リプレイ or ベル or チャンス目


  • 左リール下段にチェリー停止時
    中・右リール適当打ち

    成立役
    チェリー


  • 左リール上段にスタート図柄停止時
    中・右リール適当打ち

    成立役
    リプレイ or ベル or チャンス目


  • 左リール中段にチェリー停止時
    中・右リール適当打ち

    成立役
    中段チェリー

ボーナス判別手順

ボーナス成立時は1枚掛け

  • 全リールに赤7を狙いつつ小役をフォロー
  • 赤系ボーナス否定で次ゲーム全リールに青7を狙う

ボーナス中の打ち方

BIG中

全リール適当打ちでOK

REG中

REG中は小役が成立する可能性がある為、
左リールにBAR or 赤7を狙いましょう!

*青7が停止すると取りこぼしの可能性あり

もし左リールに青7が停止してしまった場合は、
中リールにBARを狙う事で取りこぼしを回避できます。

純ボーナスの種類

項目 パチスロ フィーバークイーン2 純ボーナスの種類1赤7/赤7/赤7
青7/青7/青7
パチスロ フィーバークイーン2 純ボーナスの種類2赤7/赤7/BAR
獲得枚数 赤7…300枚
青7…240枚
最大108枚
技術介入 無し 若干あり
RT突入期待度 100% 100%
RTゲーム数 30G 30G

まとめ

通常時の打ち方はBAR狙いで、
全ての小役が判別可能です!(^^♪

ボーナス判別も最初は赤7を全リールに、
次は青7を全リールに狙うだけ。

ただBIG中は適当打ちでOKですが、
REG中は取りこぼしが発生する可能性
あるので気を付けないといけないですね💦

以上「フィーバークイーン2 打ち方・リール配列記事」でした!

関連記事

---スポンサードリンク---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。