パチスロ エヴァンゲリオン 魂の共鳴 設定差まとめ|各状態別のCZ・AT当選率が判明!

新世紀エヴァンゲリオン 魂の共鳴 設定差まとめ記事TOP
©ビスティ

導入日2022年1月24日の6.2号機スロット
新世紀エヴァンゲリオン 魂の共鳴」の解析情報・設定判別要素をまとめました。

この記事では、

  • 機種情報・導入日・導入台数
  • 設定判別・設定差・設定示唆
  • スペック・初当たり確率・機械割
  • ネット上の評価
  • 設定判別の考察

などを掲載しています。

最新情報は随時更新いたします!
それではご覧ください。

更新情報
5月8日 設定6の特徴

関連記事


目次

機種情報

パチスロ新世紀エヴァンゲリオン 魂の共鳴 筐体画像
機種情報
導入日 2022年1月24日
メーカー ビスティ
導入台数 約10000台
号機 6.2号機
タイプ AT
回転数 約32.6G/50枚
コイン単価 3.0円
純増 約3.4枚/G

スペック・機械割

設定 CZ AT 機械割
設定L
1 1/147.4 1/355.1 97.9%
2 1/141.1 1/342.9 99.1%
4 1/124.8 1/312.6 102.6%
5 1/114.0 1/286.3 106.0%
6 1/104.0 1/255.3 110.3%

1時間あたりの期待収支

設定 等価 56枚持ちメダル
設定ー
1 -945円 -843円
2 -405円 -361円
4 1170円 1044円
5 2700円 2410円
6 4635円 4137円

*1時間750回転で計算

ゲーム性
通常時 小役でCZ抽選
ステージによって期待度が変化
CZ「ゼルエル決戦」 契機…通常時の小役
期待度…約33%
継続G数…15G+α
演出成功でAT【暴走ボーナス】へ
AT「暴走ボーナス」 契機…CZ成功
継続率…93%
期待枚数…約494枚
5回転以内に約1/2.6を引くことで継続するST型AT
上位AT「超暴走モード」 契機…超暴走チャレンジ(約50%)成功
期待枚数…完走濃厚!?
ST回数が15回へとアップ
AT「覚醒ボーナス」 契機…CZ成功時の10%で突入
期待枚数…約560枚+暴走ボーナス
ロンギヌスの槍2回保障の差枚管理型AT
上位AT「超覚醒モード」 契機…ロンギヌスの槍FINALの一部で突入
AT性能…500枚上乗せ+上乗せ性能が2倍
終了後は超暴走モードへ
CZ「使徒侵入ステージ」 契機…AT終了後に突入
期待度…約50%
指定されたポイントを獲得でCZへ突入

大人気コンテンツ「新世紀エヴァンゲリオン」の新台がビスティから登場!

通常時は、主にレア役からCZ【ゼルエル決戦】を目指す仕様。

ゼルエル決戦は期待度約33%のCZで、リプレイやレア役から攻撃抽選を行い、敵の体力メーターを0にすればATへ突入する。

AT【暴走ボーナス】は、純増約3.4枚のST型AT。

初回突入時は、30G消化後に継続率約93%のSTパートへ突入する。

STパートでは、5回転(最大10回転)の中で約1/2.6を引くことで暴走BOOST(平均25枚獲得)へ突入。

3・7・10・13回目の暴走BOOST当選時は必ず特化ゾーンへ突入し、15連到達ごとにエピソードボーナスに突入。45連すれば必ず超暴走チャレンジへ突入します。

CZ成功の10%で突入するAT【覚醒ボーナス】は、ロンギヌスの槍(枚数上乗せ)2回保障の差枚管理型AT。

初期枚数は100枚で、リプレイとレア役で上乗せゾーンを抽選し、当選時はロンギヌスの槍で差枚数が上乗せされる。

期待枚数は約560枚となっており、終了後は必ず暴走ボーナスへ突入する。

上記2種類のATにはどちらも上位ATが用意されており、突入した際には完走が濃厚となる。

AT終了後は、必ず引き戻しゾーン【使徒侵入ステージ】に突入。

使徒侵入ステージでは、指定されたポイントを獲得することでCZへ突入する。

CZ引き戻し抽選とはいえ、AT終了後に再度ATに突入する機会をもらえるのは嬉しい点ですね。

またこの機種には設定L(超激辛設定)が搭載されており、使用の際に高速点滅している台は設定Lです。

検定を通すための設定なので使用は推奨されていませんが、超ボッタクリ店では使用されていることもあるようです。

下パネルが高速点滅している台は打たないようにしましょう。

ここから設定判別

設定判別ポイント

▼CZ・AT初当たり確率

  • CZ初当たり確率
    ⇒1/147.4〜1/104.0
  • AT初当たり確率
    ⇒1/355.1〜1/255.3

▼通常時の小役確率

  • 押し順チャンス目込みレア小役合成確率
    ⇒1/23.7~1/23.9

▼CZ・AT当選率

  • 通常滞在時のCZ当選率(弱レア役)
    ⇒0.7%〜6.9%
  • 通常滞在時のAT当選率(弱レア役)
    ⇒0.1%〜1.2%
  • 通常滞在時のCZ・ATトータル当選率(弱レア役)
    ⇒0.8〜8.1%
  • 通常滞在時のCZ当選率(強レア役)
    ⇒20.8%〜31.3%
  • 通常滞在時のAT当選率(強レア役)
    ⇒9.8%〜10.7%
  • 通常滞在時のCZ・ATトータル当選率(強レア役)
    ⇒30.6%〜42.0%

設定示唆演出・高設定確定パターン

ボーナス終了画面

終了画面 示唆内容
初号機 暴走ボーナスデフォルト
電信柱 覚醒ボーナスデフォルト
シンジ 偶数設定示唆
アスカ 高設定示唆
レイ 設定2以上濃厚
シンジ・アスカ・レイ 設定4以上濃厚
ゼーレ 設定5以上濃厚
カヲル 設定6濃厚

エヴァトロフィー

終了画面 示唆内容
銅トロフィー 設定2以上濃厚
銀トロフィー 設定4以上濃厚
金トロフィー 設定5以上濃厚
虹トロフィー 設定6濃厚

*ボーナス終了画面でプッシュボタンを押すと出現する可能性あり

使徒侵入ステージ準備中

新世紀エヴァンゲリオン 魂の共鳴 使徒侵入ステージ準備中
キャラ 示唆内容
赤木リツコ デフォルト
青葉シゲル 偶数設定示唆
伊吹マヤ 設定246濃厚
葛城ミサト 設定4以上濃厚
碇ゲンドウ 設定6濃厚

獲得枚数表示

獲得枚数表示 示唆内容
222枚 設定2以上濃厚
246枚 設定246濃厚
456枚 設定4以上濃厚
555枚 設定5以上濃厚
666枚 設定6濃厚

ボーナス終了画面の選択率に設定差が存在します。

キャラの背景色はそれぞれ3人が赤、ゼーレが紫、カヲルは金となっています。

また、ボーナス終了画面でのエヴァトロフィーは、PUSHボタンを押すことで出現する場合があります。

ボーナス終了時は、必ずPUSHボタンを押してトロフィーの出現を確認しましょう。

AT後に突入する使徒侵入ステージ準備中では、モニター演出でキャラが出現する場合があり、その際のキャラ選択率に設定差が存在。

ボーナス・AT初当たり確率

設定 CZ AT
1 1/147.4 1/355.1
2 1/141.0 1/342.9
4 1/124.8 1/312.6
5 1/114.0 1/286.3
6 1/104.0 1/255.3

設定4からCZ・AT初当たり確率ともに大きく差が開いています。

現状CZ成功率に設定差はなさそうなので、CZ初当たり確率をメインに判別するのがいいと思います。

CZ・AT当選率

通常滞在時のCZ・AT当選率(弱レア役)

設定 CZ当選 AT当選 CZ・ATトータル当選
1 0.7% 0.1% 0.8%
2 1.3% 0.1% 1.4%
4 3.2% 0.3% 3.5%
5 4.9% 0.6% 5.4%
6 6.9% 1.2% 8.1%

通常滞在時のCZ・AT当選率(強レア役)

設定 CZ当選 AT当選 CZ・ATトータル当選
1 20.8% 9.8% 30.6%
2 21.9% 9.8% 31.7%
4 25.2% 9.8% 35.1%
5 28.0% 10.1% 38.1%
6 31.3% 10.7% 42.0%

高確滞在時のCZ・AT当選率(弱レア役)

設定 CZ当選 AT当選 CZ・ATトータル当選
1 28.3% 0.5% 28.8%
2 28.9% 0.5% 29.5%
4 30.9% 0.7% 31.6%
5 32.6% 0.9% 33.6%
6 34.7% 1.5% 36.2%

高確滞在時のCZ・AT当選率(強レア役)

設定 CZ当選 AT当選 CZ・ATトータル当選
1 49.9% 9.8% 59.7%
2 50.5% 9.8% 60.3%
4 52.4% 9.8% 62.3%
5 54.0% 10.0% 64.1%
6 56.0% 10.3% 66.3%

通常・高確滞在時のレア役によるCZ・AT当選率に設定差が設けられています。

特に、通常滞在時の弱レア役によるCZ・AT当選率は、設定1から6で約10倍の設定差が設けられています。

通常滞在時は、弱レア役・強レア役からのCZ・AT当選率をそれぞれカウントしておいた方がいいでしょう。

また、強/弱レア役の対応は

  • 弱レア役…弱チェリー/スイカ/押し順チャンス目
  • 強レア役…強チェリー/強チャンス目

となっています。

設定Lの見分け方

  • 設定Lのみ「デモ画面表示中」の帯が出現する
  • 設定Lのみ下パネルが「高速点滅」した状態になる
  • 設定Lのみ約1/2の確率で「シャッター演出」が発生
上記の挙動をする台は「設定L」となります。設定Lは試験対策用の設定で、台の性能が著しく低いものとなっていますので絶対に打たないようにしましょう。

通常時の小役確率

設定 レア役合算
1 1/23.7
2 1/23.6
4 1/23.8
5 1/23.8
6 1/23.9
L 1/43.0

基本的に小役出現率に設定差はありません。

押し順チャンス目込みで設定1での数値は1/23.7なのでカウントする必要もないです。

設定6の特徴


引用元:スロかっつ!note

CZ確率に設定差があるとはいえ、設定1でもそこそこ軽いので、実際に打っていないと分からないタイプです。

安易に手を出すと怪我しやすいですね。

AT性能にも設定差がありそうですが、赤7・青7の振り分けに設定差はなさそうです。

もしAT性能に設定差があるとすれば、AT中のミッションモードの突入などでしょう。

通常滞在時の弱レア役によるCZ・AT当選率を見ておくだけでも十分判別できるので、しっかりカウントしておきましょう。

ネット上の評価

あんたバカァ!?って言われたい
この機械割ならAタイプでよかったよな
機械割低いくせにかなり荒そうですね…
継続率93%なら意外とやれなくもないのかな

まとめ

ビスティから「新世紀エヴァンゲリオン」の新台が登場します!

通常時のCZは比較的軽い反面成功率が低く、またATも完走までの壁が高いため、比較的荒い仕様なのではないかという印象です。

設定判別の面では、現状CZ・AT初当たり確率しか判明していません。

CZ確率は設定1でもそこそこ軽いので、早い段階で見切りをつけるのは難しそうです。

数値だけを見ると、CZ成功確率に設定差はなさそうなので、AT性能もしくはレア役に設定差がある可能性が高いのではないでしょうか。

スペック面では、設定4で102.6%なので、狙う際は設定56のみに絞りたいところですね。

エヴァは設定を狙うよりもハイエナの方が美味しいイメージですが、バラエティ台を重宝するホールでは設定6を使ってくれるホールもしばしば見かけます。

新台だからと無闇に狙うよりも、ホールの傾向を抑えてから狙いに行きたいですね。

以上、「エヴァンゲリオン 魂の共鳴の設定判別まとめ記事」でした!

関連記事

2 件のコメント

  • これまず演出がくそだよね。
    ATやれて出玉とれててもまったく楽しくもない。
    これで駆け抜けなんてしようものなら発狂ものだし、じゃあ次まで頑張ろうなんて気はまずおきないだろう。
    どこぞの台の仕様パクるなら演出面などはもっと詰めるべき

    • 煩いガセ系演出を何度も見せられて(あー残念!!)とか思う人居ないですよね。
      寧ろ二度と打たないってなる人は多数かなと。
      エヴァ打ったことないですけど評判悪いですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。