パチスロ バーサスリヴァイズ 新台 設定差まとめ|通常時の小役確率はユニメモで確認可能!

バーサスリヴァイズ 設定差まとめ記事TOP
©エレコ

導入日2022年1月11日の6号機スロット新台
バーサスリヴァイズ」の解析情報・設定判別要素をまとめました。

この記事では、

  • 機種情報・導入日・導入台数
  • 設定判別・設定差・設定示唆
  • スペック・初当たり確率・機械割
  • ネット上の評価
  • 設定判別の考察

などを掲載しています。

最新情報は随時更新いたします!
それではご覧ください。

更新情報
2月26日 小役確率


目次

機種情報

バーサスリヴァイズ 筐体画像
機種情報
導入日 2022年1月11日
メーカー エレコ
導入台数 約10,000台
号機 6号機
タイプ A+RT
回転数 約43G/50枚
コイン単価 約2.1円
RT純増 VS CHNACE:0.3枚/G
VS GAME:0.6枚/G

スペック・機械割

設定 BIG REG 合算
1 1/292.6 1/374.5 1/164.3
2 1/284.9 1/341.3 1/155.3
5 1/275.4 1/319.7 1/147.9
6 1/264.3 1/292.6 1/138.8
設定 機械割(市場予測) 機械割(完全攻略 REG中中押し)
1 99.3% 102.0%
2 101.4% 104.0%
5 103.5% 106.5%
6 105.8% 109.0%

1時間あたりの期待収支

設定 等価 56枚持ちメダル フル攻略
等価
フル攻略
56枚持ちメダル
1 -315円 -281円 900円 804円
2 630円 563円 1800円 1607円
5 1575円 1406円 2925円 2612円
6 2610円 2330円 4050円 3616円

*1時間750回転で計算

ゲーム性
通常時 リーチ目×ミニ液晶によるチャンス演出タイプのノーマル機
BIGボーナス 契機…【赤7・赤7・赤7】【X・X・X】
獲得枚数…最大222枚獲得
消化後はRT「VS CHANCE」へ
REGボーナス 契機…【赤7・赤7・BAR】【BAR・BAR・BAR】
獲得枚数…最大112枚獲得
RT①「VS CHANCE」 継続G数…最大20G
RT移行リプレイ入賞で「VS GAME」へ
RT②「VS GAME」 継続G数…最大20G
消化後は通常へ戻る

エレコから「バーサスシリーズ」の新台が登場。

伝統のV図柄から今作ではX図柄に変わりました。

基本のゲーム性は従来のリーチ目法則に、ミニ液晶によるチャンス演出が新たに加わりました。

ボーナスはBIG:最大222枚獲得、REG:最大112枚獲得。

BIG終了後はRT「VS CHANCE」へと移行します。

「VS CHANCE」は純増0.3枚/Gで最大20G継続。リプレイハズシをしながらVCを延命させ、そこからRT「VS GAME」へと繋げていきます。

「VS GAME」は純増0.6枚/Gで最大20G継続。終了後は通常時へと戻ります。

ここから設定判別

設定判別ポイント

▼ボーナス初当たり確率

  • BIG
    ⇒1/292.6~1/264.3
  • REG
    ⇒1/374.5~1/292.6
  • 合算
    ⇒1/164.3~1/138.8

設定示唆演出・高設定確定パターン

REGボーナス終了画面

終了画面 示唆内容
バーサスリヴァイズ REG終了画面1END文字青/帯青色 デフォルト
バーサスリヴァイズ REG終了画面2END文字赤/帯赤色 設定2以上確定

BIG中の設定示唆

小役 示唆
チェリー 偶数設定期待度アップ
中段チェリー 設定6期待度大幅アップ

REG中の3連X図柄(ハズレ)停止

  • 設定5以上確定

REG中の設定示唆内容が判明しました。

REG終了時のリザルト画面に表示される帯や文字が赤色だった場合は設定2以上が確定となります。

RT連チャン回数・1枚役&ハズレ回数に応じて出現率がアップするので、連チャンしてる最中は自分の台だけでなく周りの台もチェックするようにしましょう。

またボーナス中の小役確率には設定差があるとされており、REGボーナス中の予告音発生時に左リール3連X図柄停止からハズレ目成立で設定56確定となります。

RT中のハズレなどにも設定差があるようなので、前作と同様に比率判別も可能になります。

ボーナス初当たり確率

設定 BIG REG 合算
1 1/292.6 1/374.5 1/164.3
2 1/284.9 1/341.3 1/155.3
5 1/275.4 1/319.7 1/147.9
6 1/264.3 1/292.6 1/138.8

ボーナス確率にも設定差がありますが、分母が大きいため早い段階ではあまり気にしなくてもいいでしょう。

5号機の前作と比較するとBIG,REG共に若干ながら確率が軽くなっていますが、それほど大きく違いはないので前作と同じような感覚となります。

REG確率には若干設定差があり、1/320を切るくらいが高設定の目安となりそうです。

小役確率

設定 リプレイ ベルA ベルB
1 1/7.3 1/10.9 1/20.9
2 1/10.7 1/21.2
5 1/10.5 1/20.3
6 1/10.2 1/20.6
設定 スイカA スイカB チェリーA
1 1/74.5 1/218.5 1/119.2
2 1/70.6 1/119.2
5 1/72.5 1/119.2
6 1/68.8 1/118.9
設定 チェリーB 特殊役A 特殊役B
1 1/56.2 1/8192.0 1/5957.8
2 1/57.7 1/8192.0 1/5957.8
5 1/53.1 1/8192.0 1/5461.3
6 1/54.4 1/7281.8 1/5461.3
設定 特殊役C 特殊役D 特殊役E
1 1/1638.4 1/1524.1 1/885.6
2 1/1560.4 1/1424.7 1/799.2
5 1/1524.1 1/1365.3 1/736.4
6 1/1489.5 1/1213.6 1/689.9

ユニメモを起動しておくことで、特殊役を除く全ての小役をカウントしてくれます。打ち出し前に必ず起動させておきましょう。

ベルAB・スイカA・チェリーAに設定差がありますが、それほど大きくはないのであまり気にしなくてもいいでしょう。

BIG中の小役確率

設定 ベル 角チェリー+ベル揃い 角チェリー+ベル揃わず 中段チェリー
1 1/1.10 1/11.1 1/256.0 1/16384.0
2 1/1.14 1/8.9 1/128.0 1/16384.0
5 1/1.10 1/11.1 1/256.0 1/16384.0
6 1/1.14 1/8.9 1/128.0 1/897.8

今作もビッグ中の小役確率に設定差が設けられており、角チェリーは偶数設定ほど出現しやすくなっています。

また「中段チェリー」は、出現した時点で設定6の可能性が大幅に高くなります。

BIG1回で技術介入を除いて24回転あるので、約37回に1回出現することになります。

REG中の小役確率

設定 チャレンジ役A チャレンジ役B ラッキー役
1 1/2.75 1/4.6 1/3.5
2 1/2.75 1/4.6 1/3.5
5 1/2.82 1/4.7 1/3.6
6 1/2.82 1/4.7 1/3.6
設定 1枚役 15枚役 ハズレ
1 1/8.0 1/199.2
2 1/8.0
5 1/7.0 1/376.6
6 1/7.0 1/376.6

予告音発生時に3連X図柄を狙って、3連X図柄が停止して払い出しなし(ハズレ)なら設定56確定となります。

出現率は、BIG同様約37回に1回の出現率となります。(8回or12回入賞なので変動します)

設定6なら、終日打てばBIG中の中段チェリーかREG中のハズレは引けそうですね。

RT中のハズレ・リプレイ出現率

VS CHANCE中

設定 ハズレ 通常リプレイ JACリプレイ RTリプレイ
1 1/5.0 1/3.0 1/3.5 1/1560.4
2 1/4.9 1/3.1 1/1524.1
5 1/4.6 1/3.3 1/1424.7
6 1/4.5 1/3.4 1/1365.3
リプレイ回数÷ハズレ回数
設定 ハズレ比率
1 1/1.66
2 1/1.58
5 1/1.39
6 1/1.32

VS-GAME中

設定 ハズレ 通常リプレイ JACリプレイ RTリプレイ
1 1/10.1 1/7.3 1/2730.7 1/1.7
2 1/9.4 1/2621.4 1/1.8
5 1/8.7 1/2621.4 1/1.8
6 1/8.1 1/2427.3 1/1.8
リプレイ合算回数÷ハズレ回数
設定 ハズレ比率
1 1/7.37
2 1/6.52
5 1/6.04
6 1/5.62

今作でも、RT中は高設定ほどハズレが出やすく、その分リプレイが出現しにくくなるため、比率判別が有効です。

比率判別を使うことで設定推測の精度が高くなるので、ぜひ参考にしてみてください。

VS-GAME中の比率判別は、目押しに自信のない方向けに(通常リプレイ+RTリプレイ)÷ハズレの確率を出していますが、目押しに自信のある人はRTリプレイ÷ハズレでカウントしましょう。

RTリプレイの見極め方は、3連Xの上のXを中下段に狙い、下段Xからリプレイが揃えばRTリプレイとなっています。

ネット上の評価

筐体や配列はともかく図柄のVだけは変えないで欲しかったな
レグのあれさえ無ければな‥ 新ハナビもアレが苦痛で夏以来全く触らなくなった。
ボタンだの筐体だの別に気にならんくね?って思ったけど6号機ハナビ打ったときに言ってる人達の気持ちが分かりました。確かにあのボタンは嫌だ…
4号機時代のレトロ感が無くなってしまった

まとめ

バーサスシリーズの新台「バーサスリヴァイズ」が登場します。

現状判明している設定差要素はボーナス確率のみですが、こちらは前作とほぼ変わらず。

他にも通常時・BIG中の小役確率やREG終了画面のパターンで設定示唆があります。

また本機の設定狙いで注目すべき点は「出玉率」。

前作とのフル攻略時の出玉率比較は、

  • 5号機バーサス
    ⇒設定1:100.2%~設定6:108.7%
  • 6号機バーサス
    設定1:102.0%~設定6:109.0%

と、6号機にしては珍しく5号機の前作よりも出玉率が高い結果に。

ボーナス獲得枚数は減っているのに出玉率は上がっている…ということは、小役確率やRT中の技術介入要素などが大きくウエイトを占めている可能性が高いと考えられます。

RT中の技術介入をしっかりと行うこと、そして小役確率のカウントは必須要素となりますね。

ユニメモにて小役・ボーナス・設定示唆演出の回数をカウントできる仕様となっていますので、そちらを活用しましょう!

以上、「バーサスリヴァイズ 設定狙いまとめ記事」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。