【真実】出回っているホール割は嘘!?新台の出玉率を公開【まどマギ前後編・ギアス3・もっとクレア・G1Ⅲ】

ホール割の真実
昨今、SNSが発達して導入直後に「本当のホール割」が出回るようになりました。

しかしながらその中には事実に近いものあれば、間違ったデータもあります。
また、導入直後のデータとそれ以降のデータには、複数の理由から生まれる乖離もあります。

今回の記事では、信憑性に足るところから独自ルートで入手した

  • SLOT劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語(まどマギ4/まどマギ前後篇)
  • コードギアス反逆のルルーシュ3
  • もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達
  • G1優駿倶楽部3

以上、新台4機種のホール割データをお伝えします。

十分なサンプル数が集まったので、参考になるはずです。ご覧ください。


目次

なぜ新台データがあてにならないのか

データの前に、なぜ新台のデータはあてにならないのか…ということについてお話します。

最近では、新台のときに出回った出玉率データがあたかもその機種の本来のスペックとして語られ、事実として認知されることが多いように見えます。

しかしながら、実際のところはその認識は間違っていおり、その理由は3つあります。

  1. サンプル数が少ない
  2. 目押しなどの取りこぼしが多い
  3. 閉店ロスの影響が大きい
  4. 順に解説していきます。

    サンプル数が少ない

    まずサンプル数が少ないということについてですが、新台導入時は当然ながら実践データが少ないので本来の数値に収束しづらいです。

    例えば「設定4 50台分の平均がこの機種の本当の出玉率です!」みたいに言われたらおかしいですよね?

    ヒキの影響なども大きく受けることを考えると、新台時の数値には本来のスペックとのズレがあります。

    ユーザーがその機種に慣れていない

    導入初期においては目押しが浸透していなかったり、ライトユーザーさんが新台の物珍しさに遊技する割合が多かったりなど、プレイヤーの技術メインの影響で本来の数値に影響が出ます。

    これは技術介入要素の高い「ガメラ」などは特にそうで、導入初期は技術介入要素にユーザーが慣れていなかったため、出玉率はかなり悪く出ました。
    (現在はユーザーが慣れたこともあり、改善されています)

    ちなみに、目押し要素のない機種に関してはこの影響を受けません。

    閉店ロスの影響を大きく受ける

    最後に閉店ロスの影響が大きい…ということについてです。

    これは新台の目新しさから、普段よりも遅くまで粘って遊技する人が多いので、その閉店取りこぼしの影響で出玉率に悪い影響があるということです。
    サンプル数が少ないため、その影響が大きく反映されてしまいます。

    新台数値のデータがあてにならない理由は主に上記の3つになります。

    公表されている機械割(メーカー公表値)には、過去ユーザーは何度も騙されてきました。

    なので、実際の出玉率を知ることがかなり有意義であることに間違いはないのですが、情報を扱う際は上記のことを理解した上で参考にしましょう。

    まどマギ4(まどマギ前後編)実践データ

    劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 設定差TOP※設定判別記事に飛びます

    設定 メーカー発表値 実出率 平均台粗
    1 97.3 96.8 6,201
    2 99.8 99.9
    3 102.0 102.2
    4 104.1 103.2
    5 107.1 106.8
    6 110.0 110.6

    ※引用の際は当記事へのリンクをお願いします

    まどマギ4はリアルボーナスを搭載していないので、目押しミスと閉店ロスの差が主になります。

    まどマギ4においては低設定がほんのり辛めなんだなという印象を受けました。

    高設定については、まどマギ叛逆の設定45が激辛だった!!ということはみなさん記憶に新しいと思います。

    その影響もあってまどマギ4の設定4も辛かったらどうしようと不安に思っていた人が多かったと思いますが、許容範囲で概ね公表値通りだなという印象です。

    コードギアス3 出玉率データ

    パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ3 設定差TOP※設定判別記事に飛びます

    設定 メーカー発表値 実出率 平均台粗
    1 97.9 98.1 4,574
    2 98.9 99.4
    3 101.5 100.9
    4 106.3 106.0
    5 109.5 108.0
    6 112.1 110.7

    ※引用の際は当記事へのリンクをお願いします

    本機は目押しだけでなく、BAR図柄を含めてボーナス図柄を揃える必要があるなど、人によってロスを生む箇所がいくつかあるため、全てミスなく行えばこの数値よりよくなります。

    それを踏まえると、低設定域は甘めと言えます。

    設定2は機械割が100%に近いので、等価・持ちメダルだとかなり遊びやすいですね。

    高設定域は発表値との乖離がありますが、だいたいの機種がこんな感じで特に違和感はありません。

    設定4が106%!ということで公称値がかなり甘め。実際のホール割も近い数値でほっとしました。

    設定6の数値が1.4%くらい開いている部分は気になりますが、導入直後公開されていた数値と比べるとかなり良くなっています。

    補足ですが、サイトセブンで機種ごとの実際の出玉率がランク付けされて公開されており、そちらで導入3日目あたりだったかな?

    まどマギ4がBランクだったのに対して、ギアス3はAランクとまどマギ4を上回っていたのを確認しています。

    トータルで見て、少なくとも辛い機種ではないと推測できます。

    もっと!クレアの秘宝伝

    もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 設定差TOP※設定判別記事に飛びます

    設定 メーカー発表値 実出率 平均台粗
    1 98.2 97.3 5,358
    2 99.2 98.0
    3 101.2 100.0
    4 104.5 103.6
    5 107.2 105.6
    6 110 110.2

    ※引用の際は当記事へのリンクをお願いします

    メーカー公表値は設定1なら97.1%〜98.2%と技術に応じて幅が出ることを表した数値で公表されていますが、この表では上限を記載しました。

    こちらはAタイプですので、閉店ロスはほとんどありませんが、ボーナスが頻繁に成立するので、そこで差がつきます。

    印象としては…確率のブレの影響があるかもしれませんが設定6がかなり甘くでていますね。

    全体通してみても、少なくとも辛い機種ではないと思います。

    G1優駿倶楽部3

    GI優駿倶楽部3 設定差TOP※設定判別記事に飛びます

    設定 メーカー発表値 実出率 平均台粗
    1 97.5 97.1 10,960
    2 98.8 98.4
    3 101.3 100.6
    4 104.3 103.9
    5 106.3 107.8
    6 108.6 108.5

    ※引用の際は当記事へのリンクをお願いします

    バラエティメインの機種なので試行回数に懸念がありますが、記載しました。

    本機はATのみの機種ですので差がつくのは目押しがメインとなりますが、スイカが1/81.9で成立して8枚の払い出しなので、目押しミスはそこそこ響きます。

    KPEは全てのメーカーの中でも特に高設定域が激辛…ということで有名。
    今回はデータによると概ね公表通りの数値になったようです。

    KPEは台自体はめちゃくちゃ面白いのに勿体ないなと思っていたので、これは嬉しいですね!

    機械割と出玉率の乖離問題について

    元々メーカーの公表値はかなり適当だった印象。最近はSNSが発達して情報が出回るようになったことも有り、なるべく正確な数値を公表しようという姿勢が見受けられます。
    (叛逆などの例外はありますが…あれは大人の事情なんですかねえ…)

    元々の姿勢が論外というのはあるものの、それが時代の流れで変わってきているのは、非常に喜ばしいことだと思います。

    今回の4機種については、どれも概ね公表値ということがわかりました。

    特にギアスの設定4の甘さや、前回芳しくなかったまどマギ4の数値が良好だったこと、激辛メーカーのKPEさんの数値が良好だったことは嬉しいです!

    この記事が好評であれば、引き続き数値を頂いて記事を作成する可能性もあるので、この記事の拡散をしていただけると嬉しいです。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

8 件のコメント

  • そもそもこのソースを出してる人物そのものが全く信用に値しませんよね。
    なぜか皆、さも当然のように出された数字を盲信していますが。

    • 私の記事も皆さんから見れば同様となってしまいますが、出所が分からないという点はありますね。

      今回の記事ではその点はとりあえず置いておき、新台情報の欠点という形で解説しました。

  • つまり、新台がでたばかりのノートはたとえ〇〇おさんでも信用できないってことですね!あぶないところでした、ありがとうございます!

    • だくおさんは参考にならないようなサンプル数では出さないと思いますので、個人的には信用しています。
      ここで引き合いに出しているのは、だくおさんのことではありません。

  • コードギアス3は今まで金トロ9回ツモって終日打ちましたが2勝7敗で大負けです。設定56の示唆が一度も出てないので全部設定4だと思いますがトータルでマイナス30万弱です(設定4だけで)設定示唆は7000ゲームくらいで3〜5回程出てます。体感的には初回で銅や銀が出た日は金トロ出た事ありません。2度出たらほぼその通りの設定かと思います。設定4でチャンスゾーンを天井を含め234回引いて成功したのは52回なので22%程です。天井到達率は8%単発率は52%でした。参考までにどうぞ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。