パチスロ スーパーリノSP 新台 設定差まとめ|設定確定パターンがいくつも判明!

スーパーリノSP 設定差まとめ記事TOP
©山佐ネクスト

導入日2022年1月11日の6.2号機スロット新台
スーパーリノSP」の解析情報・設定判別要素をまとめました。

この記事では、

  • 機種情報・導入日・導入台数
  • 設定判別・設定差・設定示唆
  • スペック・初当たり確率・機械割
  • ネット上の評価
  • 設定判別の考察

などを掲載しています。

最新情報は随時更新いたします!
それではご覧ください。

更新情報
1月12日 設定示唆演出・高設定確定パターン

関連記事


目次

機種情報

スーパーリノSP 筐体画像
機種情報
導入日 2022年1月11日
メーカー 山佐ネクスト
導入台数 約8000台
号機 6号機
タイプ 特殊仕様
回転数 約38G/50枚
コイン単価 約3.8円
BB中純増 約4.7枚/G

スペック・機械割

設定 トマトチャンス ボーナス初当り 機械割
1 1/192.5 1/565.8 97.4%
2 1/156.6 1/439.8 98.5%
3 1/130.0 1/382.2 100.1%
4 1/100.8 1/317.1 102.3%
5 1/80.1 1/265.0 104.6%
6 1/62.2 1/221.3 106.3%

1時間あたりの期待収支

設定 等価 56枚持ちメダル
1 -1170円 -1045円
2 -675円 -603円
3 45円 40円
4 1035円 924円
5 2070円 1848円
6 2835円 2531円

*1時間750回転で計算

ゲーム性
通常時 トマト揃いからボーナス高確率状態させて
ボーナス当選を目指す
ボーナス高確率 契機…トマト揃い
ボーナス確率…約1/4.9
BIG 【赤7・赤7・赤7】
平均獲得枚数…約123枚
REG 【赤7・赤7・BAR】
平均獲得枚数…約62枚

リノシリーズの新台が登場します。

ゲーム性はこれまでのシリーズ同様、通常時にトマトチャンス(TC)からトマト揃いをさせてボーナスを目指す流れ。

今作の注目は「TCが3択だけじゃない」というのが進化しているポイントです。

TCフラグは33%,50%,66%,100%の4パターンが存在し、100%トマトならどのゾーンを狙っても必ずトマト揃いとなります。

さらに液晶が搭載されており、ノーマルモード、オリジンモード、オキリノモード、トマト農園モードの4種類から様々な演出が楽しめます。

トマト揃い後はボーナス高確率状態に移行し、ボーナス確率が約1/4.9で抽選されます。

設定1のボーナスループ率は約86%、状態中の期待枚数680枚。

ボーナスはBIGが平均約123枚獲得、REGが平均約62枚獲得。

ボーナス中はリール左のランプが点灯したらいずれかのリールに赤7を狙います。それ以外はフリー打ちでOK。

左リールに赤7を目押しミスしたり目押しを忘れた場合でも、第2停止でプチフリーズが発生するため、その場合は第2停止or第3停止で必ず赤7を目押しでOK。

BB中純増約4.7枚(出玉増加区間中)、有利区間ナシの新生リノスペックとなっています。

ここから設定判別

設定判別ポイント

▼ボーナス初当たり確率

  • トマトチャンス
    ⇒1/192.5~1/62.2
  • ボーナス初当たり
    ⇒1/565.8~1/221.3

▼ボーナス高確率突入時の性能

  • 状態転落確率
    ⇒約1/30~約1/13
  • 平均連チャン
    ⇒7.14回~3.57回
  • ループ率
    ⇒86%~72%
  • 期待枚数
    ⇒676枚~324枚

設定示唆演出・高設定確定パターン

シフトハズシ時のリノスタンプ

スタンプ 示唆内容
スーパーリノSP シフトハズシ1ありがトマト 基本パターン
スーパーリノSP シフトハズシ2おかえリンゴ 基本パターン(設定1・6で若干出現しやすい)
スーパーリノSP シフトハズシ3おつかレモン 基本パターン
スーパーリノSP シフトハズシ4お願いします 奇数設定示唆
スーパーリノSP シフトハズシ5チラッ 偶数設定示唆
スーパーリノSP シフトハズシ6無理無理 奇数+高設定示唆
スーパーリノSP シフトハズシ7共に戦おう 偶数+高設定示唆
スーパーリノSP シフトハズシ8朗報 高設定示唆(弱)
スーパーリノSP シフトハズシ9トマ狩り行こうぜ 高設定示唆(強)
スーパーリノSP シフトハズシ10トマトのホンキ 設定3以上確定
スーパーリノSP シフトハズシ11おめでトマト 設定4以上確定
スーパーリノSP シフトハズシ12超収穫 設定5以上確定

ボーナス終了画面

終了画面 示唆内容
スーパーリノSP ボーナス終了画面1何もナシ 基本パターン
スーパーリノSP ボーナス終了画面21体 基本パターン
スーパーリノSP ボーナス終了画面33体 設定2・4以外で出現しやすい
スーパーリノSP ボーナス終了画面45体 高設定示唆(弱)
スーパーリノSP ボーナス終了画面5トマッチョ兄さん 奇数+高設定示唆
スーパーリノSP ボーナス終了画面6トマト姉さん 偶数+高設定示唆
スーパーリノSP ボーナス終了画面7プラネット 設定4以上確定
スーパーリノSP ボーナス終了画面8ケロット 設定5以上確定
スーパーリノSP ボーナス終了画面9トマト兄さん(二人) 設定6確定(出現率激低)

ケロットトロフィー

トロフィー種類 示唆内容
スーパーリノSP ケロットトロフィー1 設定2以上確定
スーパーリノSP ケロットトロフィー2 設定3以上確定
スーパーリノSP ケロットトロフィー3 設定4以上確定
スーパーリノSP ケロットトロフィー4ケロット柄 設定5以上確定
スーパーリノSP ケロットトロフィー5 設定6確定

特殊パターン

演出 示唆内容
下パネルフラッシュ 設定変更濃厚
擬似クレオフ 設定変更濃厚+設定2以上確定

*設定変更後1回目のボーナス終了時限定

ボーナス終了画面ではトマトキャラの種類や人数、ケロットトロフィーなどで設定示唆があります。

どちらも詳細はまだ判明していませせんが、ケロットトロフィーに関してはこれまでの山佐台の傾向から上記の通りになるのではないかと予想されます。

また、山佐キャラの登場は高設定に期待が持てるようです。

獲得枚数が、BIGは50枚以下or151枚以上、REGは0枚以下or101枚以上の場合は特定設定確定系が出現しやすくなっています。

ボーナス消化中はシフトハズシ成功時に、画面右下にリノスタンプが出現する可能性があります。

連続してシフトハズシをおこなうほど、出現率がアップかつ正確な示唆が出現しやすくなっています。

スタンプは現在12種類ほどが確認されており、枠色は黒、白、青、緑、赤、紫、金があります。

※1月12日追記

設定示唆内容が判明しました。

ボーナス中シフトハズシ時のスタンプは12種類と多いですが、赤以上で設定確定演出となることを覚えておきましょう。

ボーナス終了画面ではプラネットやケロットが設定確定演出、そしてトマト兄さんは二人の組み合わせだった場合に設定6確定となります!

ケロットトロフィーはやはり従来の山佐機種と同じでした。

また設定変更後1回目のボーナス終了時限定の特殊パターンも存在し、こちらはリセット判別にも有効ですね!

ボーナス初当たり確率

設定 トマトチャンス ボーナス初当り
1 1/192.5 1/565.8
2 1/156.6 1/439.8
3 1/130.0 1/382.2
4 1/100.8 1/317.1
5 1/80.1 1/265.0
6 1/62.2 1/221.3
トマトチャンス確率を正確に見抜くには中押しor逆押しで消化していく必要があります。 (順押しor順ハサミの左1st消化だとトマト揃い時しか分からないため)

トマトチャンス(TC)、ボーナス初当り確率共に各設定ごとに大きく差がついています。

TCは設定1~設定6で約3倍ほどの差がつくほど。

TCは1/100、ボーナス初当りは1/320あたりを切るくらいが高設定の目安となりそうです。

正直ここだけでもある程度設定が分かってくるほどの要素なので、カウント必須のポイントです。

ボーナス高確率突入時の性能

設定 状態転落確率 平均連チャン ループ率 期待枚数
1 約1/30 7.14回 86% 675.99枚
2 調査中 6.25回 84% 588.94枚
3 5.56回 82% 519.27枚
4 4.76回 79% 439.69枚
5 4.17回 76% 380.84枚
6 約1/13 3.57回 72% 324.27枚

TCやボーナス初当り確率とは一転、ボーナス高確率突入時の性能は高設定ほど弱いものとなります。

状態転落確率は設定1の約1/30に対して設定6では約1/13と、2倍以上も転落しやすい確率。

平均連チャン回数や期待枚数を見ても、低設定ほど一撃性が強く高設定ほど一撃性が弱いことがわかります。

ネット上の評価

獲得枚数がネックかなぁ〜
リノは連チャンしたくて打ってるからもはや狙うは設定1だな
ここまできたら、トコトン拘ってトマト型のスロット台を造ってほしい🥺🥺🥺🥺🥺
これは並びで連れ打ちするのにもってこいの台ですね!

まとめ

今作は液晶演出が付いたことやTCの確率が33%~100%まであることなど、これまでのリノシリーズからパワーアップしています。

過去のシリーズ機と比べてもTCや初当り確率の差がとても大きくなっており、それに加えて高確率状態の性能にも設定差が表れています。

  • 低設定:初当りが重く、連チャン性能が強い
  • 高設定:初当りが軽く、連チャン性能が弱い

という特徴があるため、

低設定台は波が荒く、高設定台は安定した小刻みな右肩上がりになりやすいことが分かります。

設定判別はかなりしやすい機種なんじゃないかなと思います。

以上、「スーパーリノSP 設定狙いまとめ記事」でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。