沖ドキ2 新台 設定差まとめ|設定判別に使える小役確率が判明!

沖ドキ2 設定差まとめ
©アクロス

導入日2020年5月18日の6号機スロット新台
沖ドキ2」の解析情報・設定判別要素をまとめました。

この記事では、

  • 機種情報・導入日・導入台数
  • 設定判別・設定差・設定示唆
  • スペック・初当たり確率・機械割
  • モードの設定差・モード移行率
  • 小役確率
  • ATの設定差
  • ネット上の評価
  • 設定判別の考察

などを掲載しています。

6号機初の沖ドキシリーズが登場!!

通常時のコイン持ちが大幅に変更したこともあり、前作と同じ感覚で打つのは危険…?

設定差がある部分は全て掲載し、それぞれ解説しているので参考にして立ち回ってみてください。

更新情報
5月21日 小役確率

関連記事


目次

スポンサードリンク

機種情報

沖ドキ2 筐体
機種情報
導入日 2020年5月18日
メーカー アクロス
導入台数 約30000台
号機 6号機
タイプ AT機
回転数 51.0G/50枚
コイン単価 2.6円
純増 約4.0枚/50枚

スペック・機械割

設定 BIG初当り REG初当り 初当り合算 機械割
1 1/681.8 1/967.6 1/399.9 97.0%
2 1/678.8 1/968.3 1/399.0 98.6%
3 1/605.4 1/883.4 1/359.2 101.0%
4 1/582.9 1/873.9 1/349.7 103.1%
5 1/539.2 1/807.8 1/323.3 105.0%
6 1/535.7 1/808.3 1/322.2 107.0%

1時間あたりの期待収支

設定 等価 56枚持ちメダル
1 -1350円 -1205円
2 -630円 -563円
3 450円 402円
4 1395円 1246円
5 2250円 2009円
6 3150円 2813円

*1時間750回転で計算

ゲーム性
通常時 レア役orG数消化でボーナス抽選
びっぐぼーなす 赤7/赤7/赤7
継続G数…55G
ランプ点灯で1G連確定
れぎゅらーぼーなす 赤7/赤7/BAR
継続G数…15G
ランプ点灯で1G連確定

ゲーム性は初代沖ドキ!をそのまま踏襲。

ゲーム数消化やレア役などでボーナスに当選させ、ボーナス終了後は32G間が連チャンのチャンス。
*ボーナス非当選時は基本的に有利区間が終了し、非有利区間へ移行

純増はシリーズ最速の約4.0枚/50枚で、びっぐぼーなす1回あたりの獲得枚数もアップしています。

また、今作から初めて搭載されたのが「れぎゅらーぼーなす揃い後にフリーズが発生」する演出。

恩恵は“びっぐぼーなす昇格+超ドキドキモード濃厚”なので発生すれば大量出玉に期待できそうです!

新要素を携えて5月に導入開始予定!
*コロナウイルスの影響で延期する可能性あり

スポンサードリンク
ここから設定判別

設定判別ポイント

▼ボーナス初当たり確率

  • ボーナス初当たり
    ⇒1/399.9〜1/322.2

▼小役確率

  • 角チェリー
    ⇒1/40.0~1/35.0

▼モードの設定差
モード移行率に設定差あり


▼ボーナス当選率
小役からのボーナス当選率に設定差あり


▼ATの設定差
ボーナス中のハズレからの1G連当選率に設定差あり

設定示唆演出・高設定確定パターン

*現在調査中

ボーナス初当たり確率

設定 BIG初当り REG初当り 初当り合算
1 1/681.8 1/967.6 1/399.9
2 1/678.8 1/968.3 1/399.0
3 1/605.4 1/883.4 1/359.2
4 1/582.9 1/873.9 1/349.7
5 1/539.2 1/807.8 1/323.3
6 1/535.7 1/808.3 1/322.2

ボーナス初当たり確率はそれほど大きな差がありません。

初代沖ドキと比較すると、かなりボーナス確率が重くなっているので同じ感覚で打たないようにすることですね。

  • 初代…1/242.8〜1/188.3
  • 沖ドキ2…1/399.9〜1/322.2

BIGとREGどちらも同じくらいの設定差なので、どちらか単体で見る必要はありません。

獲得枚数がBIG…220枚、REG…60枚と大きな差があり、REGに偏る展開だと高設定でも苦しくなりそうです。

スポンサードリンク

小役確率

設定 リプレイ 角チェリー
1 1/8.9 1/40.0
2 1/9.0 1/38.9
3 1/9.1 1/37.8
4 1/9.1 1/36.8
5 1/9.2 1/35.9
6 1/9.2 1/35.0

沖ドキ2は角チェリー出現率に設定差があります。

前作の沖ドキだと共通ベルにも設定差があった為、沖ドキ2も前作を踏襲しているなら共通ベルに設定差があるかもしれませんね。

モードの設定差

モード モードの特徴
非有利区間 ・設定変更時or終了モードから移行
通常A ・基本となるモード
・天国移行率【低】
通常B ・通常Aよりも天国移行率大幅UP
・50%で次回天国以上
チャンス ・ボーナス当選期待度「高」
天国準備 ・次回天国以上の移行確定
終了 ・天国非移行時に滞在
・32G消化で有利区間が終了し非有利区間へ移行
保証 ・ドキドキor超ドキドキ転落時に移行
・32G以内にボーナス確定
天国 ・32G以内にボーナス確定
奇数設定は75%ループ
偶数設定は66%ループ
ドキドキ ・32G以内のボーナスが80%以上でループ
超ドキドキ ・32G以内のボーナスが90%以上でループ

モード移行率

  • 設定差あり
    *どこに設定差があるかは現在調査中です

ボーナス当選率

  • 通常時小役からのボーナス当選率に設定差あり
スポンサードリンク

ATの設定差

  • ボーナス中のハズレからの1G連当選率に設定差あり

ボーナス中はハズレでの1G連当選率に設定差があります。

当選時はカナちゃんランプが点灯して告知してくれるはずなので、サンプルもしっかり取れそうですね。

ネット上の評価

超ドキとドキドキは2000枚超えてからが熱いのに…2400で終わるとか打つ価値なし
トロピカルと合体したようなスペックやね。初当たり重いしダラダラしそう
初代は朝一が美味かったけど今回はどうなんやろなぁ。楽しみ
今回は初当たりが重い分天井狙いが若干しやすくなってそうですね。

まとめ

ついに6号機初の沖ドキが登場します!

有利区間の規制がある中でゲーム性が初代を引き継げていてすごくいいなと思えました。

今作も設定差のあるポイントはほぼ変わりません。

  • 天国以上の移行率
  • 小役確率(共通ベルに設定差?)
  • ボーナス中のハズレからの1G連当選率

などを見ていきましょう。

モード移行率で天国移行率以外に見る部分としては、チャンスモードの移行率ですかね。

チャンスモードは早い初当たりに期待できるモードで、設定差がついているかもしれません。
*初当たり確率の差が小さいのでおまけ程度になるかも?

初代沖ドキが2020年6月1日に撤去されるので、ちょうど入れ替わりくらいのタイミングに導入されます。

5号機撤去台まとめ
【さらば名機達】5号機撤去日リスト最終版 検定切れ日程全まとめ

初代を打っていた人たちが6号機に馴染めるかどうかがポイントですね。

以上、「沖ドキ2の設定差まとめ」記事でした!

関連記事

---スポンサードリンク---

1 個のコメント

  • 6号機の規定上、朝一の強い恩恵は無いかと予想。
    あっても非有利区間1G時のレア役抽選かな?
    スルー狙いも規定上出来ないので正に沖トロじゃないのかと思う。
    沖トロ結構打ってたからそれでも良いんだけどね!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。