モンハン月下雷鳴 天井解析・狙い目・ヤメ時攻略

[公開日]2014/03/13[最終更新日]2015/01/06 []

モンスターハンター2月下雷鳴

©エンターライズ

最速導入日3月17日の新台、モンスターハンター2月下雷鳴の天井解析と狙い目・ヤメ時に関しての攻略記事です。

今作、モンハン2はART機ではなく、疑似ボーナスであるATのみの1G連に特化した台に仕上がっているようです。

その天井ゲーム数は比較的浅く、規定ゲーム数管理ということで狙える機会も多いか!?

機械割・AT初当たり確率・1G連込みAT確率も設定狙いの際には必見です。

-----スポンサードリンク-----

モンハン2 天井解析

▼天井ゲーム数
ボーナス(AT)後999Gはまり

▼天井恩恵
ボーナス(AT)確定

▼設定変更時の挙動
ハマりゲーム数はリセットされる

▼狙い目
ボーナス(AT)後580G~→620G~に訂正

▼ヤメ時
ボーナス(AT)後128Gヤメ(3月18日修正)

天井の狙い目・ヤメ時について

今作は、純増2.5枚の疑似ボーナス(AT)のみから構成される規定ゲーム数管理の機種となっています。

ゾーンなどもありそうなので期待ですね!

初当たり確率は設定1で1/299になっています。

平均出玉は奇数が若干優遇されているものの、大きな差はなさそうなので初当たりを稼ぐ立ち回りがベストとなります。

そこで狙い目は580G~に設定しました。

最近の1000G天井型ゲーム数管理機種のほとんどに600G台のゾーンがあるので、この台もそうではないのかという推測も含んでいます。

初当たりも軽い機種ではないので獲得枚数に多少期待でき。ゾーンによってはちょいと早くできるかもしれません。

ボーナス確定以外に恩恵があるという情報はないので期待しないほうがいいと思います(^_^;)

ヤメ時はAT後前兆否定後ヤメとしました。

規定ゲーム数管理ながら、まだ天国・連チャンなどの情報がありませんのであくまでも暫定ということで(*^^*)

フィールドは渓流<砂原<凍土<火山の順にCZ当選率の高いモードが期待できるということで、火山なら様子を見たほうがいいかもしれません。

ゲーム性などについて

前作はロデオでしたが、新台であるモンスターハンター2月下雷鳴は、エンターライズからとなっています。

前作とは全く違うものとなっていて、純増2.5枚のAT(疑似ボーナス)の1G連で出玉を築いていくゲーム性になっているようです。

ゲーム数管理なので当然、ゾーンもあるものかと思われます。

通常時はCZ当選率に影響するモードが6つあり、フィールド移行で高モードに期待。
渓流<砂原<凍土<火山の順にアツい模様です(*^^*)

前兆ステージにはモンスターを討伐する”討伐クエスト”とジンオウガを発見する”捜索クエスト”が存在。
捜索クエストは激アツで、当選時はさらに青7ボーナスが確定となります。

自力高確率ゾーン(CZ)は10G+αで期待度40%の”アイルーBINGO”と20G継続で期待度66%で複数ストックチャンスでもある”緊急クエスト”の2種類あります。

ちなみに平均獲得枚数は青七で約180枚、赤七で130~160枚、REGで80~100枚です。

モンハン2 初当たり設定差・機械割解析

初当たり 1G連込み 機械割
設定1 1/299.8 1/86.4 96.80%
設定2 1/284.1 1/83.0 98.30%
設定3 1/278.5 1/79.3 100.20%
設定4 1/238.5 1/69.0 104.80%
設定5 1/228.0 1/62.7 109.00%
設定6 1/183.5 1/52.0 115.20%

設定差は初当たりに大きくあります。
初当たり別の平均連チャンを算出してみましたが、奇数が若干優遇されているものの大差はありませんでした。

設定判別をする際にはボーナス(AT)初当たり確率に注目することが有効と言えそうです(*^^*)

ゲームのモンスターハンターはやったことないですが、この台がおもしろかったらやってみようかな?(*^^)

モンスターハンター2月下雷鳴 狙い目・ヤメ時・記事一覧

-スポンサードリンク-

スロット解析の最新記事はこちら!

20 Responses to “モンハン月下雷鳴 天井解析・狙い目・ヤメ時攻略”

  1. ゴン太 より:

    会社休んで朝一に列ぶ予定です

  2. ンガポコ より:

    エンターライズだと、バイオやデビルメイみたく天井から爆発するイメージ無いですね。
    ジワジワ減って終わり…みたいなw

  3. LAW より:

    正直まどか☆マギカの時と同じく稼働初期は当選まで粘られ100G当たりで捨てるというパターンな気がしますね~、一般に知名度の高い台は最初はハイエナ出来なそうですね……しばらくはゾーン当選率などデータ集めに奔走しそうです。

  4. 匿名 より:

    モンハン2って、設定6やと安定感ありそうですかね?

  5. 876 より:

    こんにちは
    だてめがねさん

    いつも為になる情報の提供ありがとーございます((o(^∇^)o))
    だてめがねさんに憧れてブログを始めました
    良ければ仲良くしてください((o(^∇^)o))
    これからもだてめがねさんのブログ楽しみにしています((o(^∇^)o))

  6. カイト より:

    モンハンのゲームは5年間位ずっとしてました(*^_^*)

    あれめちゃめちゃ面白いですよ^ ^
    是非体験して下さい^_^

    なのでこの機種は本当に楽しみなんですよね…
    浅いとこからいっちゃいそうです(*^_^*)笑

  7. ゆいぴざ より:

    少ないですが437件の初当たりのサンプル取って見たところ六割弱が300以内のヒットで、また130付近に固まって当たっていたところをみると稼働が落ち着いたら、AKBのように60付近辞めくらいからの天国狙いが有効に思いました(・∀・)

    • だてめがね より:

      >>ゆいひざさん
      そうなんですね!初当たり期待値がAKBと比べると結構大きいのでかなりの狙い目なのかもしれないですね!?(*^^*)
      データ確認させていただきました(*^^*)高設定も多そうな感じがしましたね♪

  8. つばさ より:

    本日天井バケでした
    天国もなさそうだし…ほんとに天井がめっちゃ弱そうですね(´・c_・`)

  9. 松崎 より:

    いつも参考にさせてもらってます。
    今日一日打ち切って初あたりは29回でしたが総当り66回、1000~1300枚ほど負けました。通常5600ゲームです。
    どうもボナの連チャンの仕方が奇偶で挙動が全く違うようです。半分以上の当たりが128以内のゲーム数解除でした。

    • だてめがね より:

      >>松崎さん
      貴重な初日の実践情報ありがとうございます!
      ということは奇数の方がやはり連チャンしやすい仕様でしょうか(*^^*)

      そういえばエンターライズ初のゲーム数管理ですかね?ということは無難な仕様にしてくるでしょうか。

  10. ゴリラ より:

    カッス台じゃないですか、これあー
    昨日820で拾いましたがカッス台でごさいますねー
    バー狙即ヤメっすわ
    580なんてまずくて喰えたもんじゃねえっす

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧【オススメ】

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

最新コメント

  • だてめがね: 麻雀(雀荘)の感覚ですかね〜(*≧∀≦* )
  • 勇気のハイエナ: 私の友人にマカオのカジノでだいぶ勝...
  • なや: えっ!結婚されたんですか? お若いのにすばらしい!おめでとうご...
  • だてめがね: 初回に作られるのは「横浜」だそう...
  • ゴエモン: 地方に住んでるので、カジノがどれく...
  • だてめがね: 最初は還元すると思います。...
  • Anonymous: カジノで期待値なんかとれますかねえ...
  • だてめがね: 不労所得や起業でなくとも、何か「回...
  • 匿名: あー、ついに来ちゃったかー……。...
  • Anonymous: かなり強力じゃないから修正した方が...
  • だてめがね: テスト(*≧∀≦*)
  • やまさん: ミニキャラで雷電?(ヴォルギン大佐...
  • とっさん: お疲れ様ですm(_ _)m 今回の記事も実践時に参考にさせ...
  • だてめがね: 高設定確定系はBIG当選時、...
  • だてめがね: こちらこそ、横から口を挟むような真似を失 礼致しましたm(_...

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

このページの先頭へ