CR真・北斗無双 ボーダー・止め打ちなど徹底攻略!!

[公開日]2016/03/12[最終更新日]2018/03/30 []

CR真・北斗無双

©SAMMY

パチンコCR真・北斗無双の攻略記事です。
この記事では

  • スペック解析
  • 大当たり・潜伏振り分け
  • ボーダーライン
  • 止め打ち攻略
  • 潜伏確変詳細

について書いています。

3/7導入予定で、導入台数は50000台!!

規制後初?のビッグネームとなりますが、
どんな台に仕上がっているのでしょうか…。

ご覧ください(*^^*)

関連記事

-----スポンサードリンク-----


スペック解析

CR真北斗無双

導入日 3月7日㈪
スペック ミドル+V-STタイプ
メーカー SAMMY
大当たり確率(通常時) 1/319
大当たり確率(確変時) 1/81.2(ST130回転)
賞球数 3&1&15(10C)
ST突入率 50%
継続率 約80%
時短 100回転

継続率80%+V-STタイプです。

ST突入率が50%なので
ここを乗り越えられるかどうかで
かなり結果が変わってきます。

時短が100回転あるので、
初あたり時の実質ST突入率は
63.5%程度となりそうです。

規制後のミドルタイプということですが、
十分荒れる仕様ですね(; ・`ω・´)

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
ラウンド(電サポ) 振り分け
6R確変(130回) 50%
6R通常(100回) 50%
電チュー入賞時
ラウンド(電サポ) 振り分け
16R確変(130回) 50%
4~16R確変(130回) 14%
4R確変(130回) 36%

ボーダーライン

交換率 回転率 出玉5%減
2.5円 21回転/250玉 22回転/250玉
3.03円 19回転/250玉 20回転/250玉
3.57円 18回転/250玉 19回転/250玉
4.0円 16.6回転/250玉 17.5回転/250玉

【ボーダーライン条件】

  • 16R…2320個
  • 8R…1130個
  • 実質6R…840個
  • 4R…530個
  • サポ中増減なし

ボーダーラインは等価で16.6
割と甘めな方だと思います。

ただし止め打ちでの玉増えが
あまり見込めないので
ボーダーを下げることは難しい機種になります。
(一般入賞口に入りやすいため、
増えないわけではないと
コメントを頂きました(*^^*))

スポンサードリンク

止め打ち攻略

小デジ画像

北斗無双 小デジ

開放パターン

  • 2種類パターンあり
  • ラウンドランプ右上のランプ2つで開放パターン示唆
  • 右点灯…5回開放、左点灯…6回開放、両方点灯…ハズレ

電チュー性能

  • 5カウントで強制終了(※5玉入ると6回目は開かない)
  • 1セット5or6回開放
  • 電チュー賞球1個
  • 電チュー横に賞球口あり(3個賞球)

電サポ中の止め打ち手順

【スロマガver.】
①1開放目が開いたのを確認してから1発
②2開放目が開く瞬間に1発
③3開放目が開いたら1発
④4開放目開いたのを確認してから1発
⑤5開放目が開いたら1発
(※6回開放時)
⑤5開放目が開く瞬間に1発
⑥6開放目が開いたら1発

引用元:パチンコ・パチスロ攻略マガジン

【すろぱちver.】
※全て開いた時に一発。
その中で早め普通遅めに分類。

①遅めに1発
②早めに1発←ミスしやすい!
③普通に1発
④遅めに1発
⑤普通に1発
(※6回開放時)
⑤早めに1発(普通でもいいくらい)
⑥普通に1発

※セグを見ながら打てない人は
全て5回開放パターンに合わせる。
※6回目が開いた場合は開いたら
1発打つ

止め打ち効果

約+0.3玉~/1回転

大当たりラウンド中の捻り&止め打ち

  1. 打ちっぱなしオススメ!
  2. 3R終了後と4R終了後のみラウンド間止め打ち
  • 9発アタッカーに入るまでカウント
  • 入り終わったら捻り打ちで「弱く1発、強く1発」

本機は電チューの賞球が1個です。

ただし電チューの横に
一般賞球口があり、そこへ玉が入りやすいです。

無調整で微増くらいかと予想しています。

賞球口への玉の入りやすさなども
台選びのポイントになりそうですね♪

潜伏確変について

潜伏はないので、通常時であれば
いつヤメてもOK!!

実践報告

通常編

真・北斗無双打ってきました!

通常時は北斗にしてはかなり賑やかでしたね!
保留変化も多く打ち出しを止めるタイミングは
分かりやすかったです(*^^*)

演出詳細:CR 真・北斗無双 攻略・演出・ボーダーまとめ

ST自体は一度しか体験できませんでしたが
継続率80%ということで周りのお客さんは
かなり継続してる方もいました(^^♪

CR真・北斗無双
※金保留から当たり!そしてSTゲット(*^^*)

ラウンド中編

ここから肝心の技術介入系のお話です!

まずアタッカーについて。

アタッカーは思った以上に性能がイマイチでした。
高速で閉まるのでそれほどオーバー入賞率は高く
ありませんね…

そして、一番ネックになったのが横の一般入賞口です。

右が無調整のお店で打ったのですが、
この入賞口によく玉が入ります。

9発入るまでカウントして、捻り打ちで
オーバー入賞狙いすると入賞口に入るうえに、
アタッカー性能もそれほどなので
なかなか決まりません…

さらに言うなら、9発入る寸前から単発打ちで
入賞個数を調整するのもかなり時間がかかり、
時間効率も悪いです。

打ちっぱなしを試してみたところ、
アタッカーの形状とラウンド間の長さが短いのもあり、ラウンド間のこぼれ玉も1Rあたり約0.5玉程度でした。

打ちっぱなしでもたまにオーバー入賞もすること、
一般入賞口で3玉賞球があることを
加味すればアタッカーは表記出玉より
多く取れます。

ただし打ちっぱなしをするうえで
一つ注意する点があります!

3R終了後4R終了後
かなり長くなります。

約4~5玉ほど損をするので、
そこだけ12発目以降の玉が流れない感じで!

サポ中止め打ち編

止め打ちは最初感覚が掴めませんでした。

そこで自分なりの止め打ち手順を
考えてみたところうまくいったので
ご紹介します♪
(ただ言葉を変えただけですが…(^^;)

※全て開いた時に一発。
その中で早め普通遅めに分類。

①遅めに1発
②早めに1発←ミスしやすい!
③普通に1発
④遅めに1発
⑤普通に1発
(※6回開放時)
⑤早めに1発(普通でもいいくらい)
⑥普通に1発

開いたときを全て基準にして、
あとはその中で早め普通遅めにして
分かりやすくしました♪
(ずっと小声で遅く、早く…みたいにつぶやきながら
やってました…笑)

ミスしやすかったのは2開放目の
早く打つところでした。

1開放目が遅めに打ち出すので、
2開放目とかなり間隔が短いです。

2開放目で打ち出した玉は
ショート(すぐ閉まるやつ)に合わせた玉です。

なのでタイミングがずれると
高確率でベロが拾わないです。

開く寸前くらいの気持ちで打ちましょう!

それを踏まえたうえで電サポの増減ですが、
自分が止め打ちの形ができたころには
1回転約0.3玉ほど増やせました。

止め打ち編part2

セグを見ずに打てるか試してみました♪

セグをチラチラ見ながら打つのは
案外難しいです…

6回開放時は全てタイミングがほぼ合います!

全て5回開放パターンの気持ちで打ちつつ、
6回目が開いたら、
あっ6回目開いたから打たなきゃ…
これで十分間に合います。

5回開放時は5回目の開放時に打った玉は
次の1回開放目に合わせる玉なのですが、
これが早くに到達しすぎることになります。

ただし、そのタイミングで打ち出しても
2割~3割くらいは拾ってくれます!

何開放目かわからなくならない限りは
何とかやれますね(*^^*)

セグ見つつできない人は
最初は全て5回開放の
タイミングで打ち出してみてください♪

CR真・北斗無双総評

台としては北斗シリーズからの
新仕様といった形なのですごく楽しそう!!

ホール側としては甘く使うことが多いと思うので
イベント日の大きく開けているところを狙って
打つと良いのかなと思います♪

以上、新台パチンコ CR真・北斗無双 ボーダー・止め打ちなど徹底攻略でした(*^^*)

-スポンサードリンク-

パチンコ記事の最新記事はこちら!

13 Responses to “CR真・北斗無双 ボーダー・止め打ちなど徹底攻略!!”

  1. 匿名 より:

    北斗6慈母と同じで一般入場口に入りやすい形状になってるから玉増えはできるよ

  2. 50代おやじ より:

    パチンコですか…。もう何年もまともに パチンコは打っていませんね…。当地は、千円で15回さえ回らない台ばかりですから。かく言う私、21〜22歳の大学時代は釘が読めたので、チューリップ台で小遣いを稼いでいました。また、初期の羽根モノ・デジパチも、店側が出したい台の釘が明らかに違っていましたから、攻めやすかったです。今は、だいたい釘は据え置きですよね…。リーチも無意味に長いし…。 現在、スロプロがいるのは分かりますけれども、パチンコ専門のプロは、本当に存在しているのですかね?毎日、1万円以上をコンスタントに勝てる釘にしている店は、当地にはないですね…。

    • 兼業 より:

      超絶ぼった地域に住む場合、車で1時間圏内に有良店など5〜10店を確保して、1ヶ月の間にその店が最も還元している時期と最も力を入れてる機種や調整ミスまたは技術介入要素の高い台を狙うなどして、弱い日は高速2時間圏内で遠征などすればピンで1ヶ月に60万稼ぐことも可能ですよ。

      グループ打ちもそうですが、2〜3店舗だけで稼働してる専業は自分の地域では見ないです。
      いるとすればスロットと両刀してる人です。

      通常時を止め打ちだけじゃなく、玉の流れを見てへそに入りやすい打ち出し位置を調整して回転率アップは可能なので、そんな専業が多い地域でなければ遠征なしでもピンでパチンコオンリーでやってくことは可能ですよ。

    • パチンコもスロットの設定狙いも、
      天井狙いも、潜伏狙いも…
      稼げる人はたくさんいますよ(*^^*)

      もちろん地域にもよりますよね^^;

  3. ゴエモン より:

    この機種について、私も打ちましたが、止め打ちできない人にとってはかなりキツイ機種ですね。
    一般客の確変中の出玉の減り方がすごい。
    逆に店側はこれを考慮して、もう少し回るようにしてくれるのではないかと淡い期待を抱いてます。
    ちょっと止め打ちのとこで思ったのですが、2開放目がミスしやすいのであれば、敢えて2開放目は打つ必要なくて、ここを止めるのもありですね。特に一般入賞口にもそれほど入らない店では、完璧にタイミング合うところだけ打つのが無難かと。

    • ゴエモンさん、コメントありがとうございます(*^^*)
      元が辛い分、ヘソでも右でも甘く使ってくれれば
      ある程度使えるといった形ですかね♪

      アドバイスありがとうございます。
      一度実戦でもどのような形になるか
      確認してみたいと思います♪

  4. 諭吉 より:

    おひさしぶりです。
    STの消化についての質問です。
    初当たりV獲得後、ST突入一回転目のことですがヘソ保留での消化は回避できないのでしょうか?
    私は「○○rush開始」で打ち始めていますが打ち出しタイミングを間違えているのでしょうか?
    教えて頂けたらありがたいです。よろしくお願い致します

  5. 諭吉 より:

    いつも丁寧にご回答ありがとうございます。
    最近1ゲーム目に当選、時短転落が続いたので自分で調べてはみたのですがよくわからずに質問してしまいました。気の抜けるレベルの低い質問をして申し訳ありませんm(__)m初心者過ぎる質問でサイトが荒れるようなことがありましたらご勘弁ください。それでは失礼します

  6. CR真・北斗無双 正しい電チュー開放パターン&止め打ち | 設定狙いのすゝめ より:

    […] ■電チュー解放パターン 5回開放(M・SS・S・M)or6回開放(M・SS・S・MS) ※S=ショート,M=ミドル,L=ロング,・=インターバル ※5個入賞で強制終了 開放パターンは盤面右下の小デジタルランプ群で確認。 左点灯で6回開放(M・SS・S・MS),右点灯で5回開放(M・SS・S・M),両点灯でハズレ。 引用元:すろぱちくえすと様 […]

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

新台機種一覧

▼導入日順・新台解析

2018年11月19日

2018年11月5日

2018年10月22日

2018年10月15日

2018年10月9日

2018年10月1日

2018年9月21日

2018年9月18日

2018年9月3日

2018年8月27日

2018年8月20日

2018年8月6日

2018年7月30日

2018年7月23日

2018年7月16日

2018年7月9日

2018年7月2日

2018年6月25日

2018年6月18日

2018年6月4日

2018年5月21日

2018年5月7日

2018年4月23日

2018年4月9日

2018年4月2日

2018年3月19日

2018年3月5日

2018年2月19日

2018年2月5日

2018年1月22日

2018年1月9日


このページの先頭へ