【完全保存版】聖闘士星矢 海皇覚醒 |朝一設定変更時の恩恵・期待値・リセット判別 完全まとめ

[公開日]2018/06/23[最終更新日]2018/06/25 [, , ]

聖闘士星矢 海皇覚醒

©三洋

「聖闘士星矢 海皇覚醒」の
リセット判別・リセット恩恵に関する
全情報を1ページに徹底的にまとめました。

この記事では

  • 朝一の挙動
  • リセット判別方法
  • リセット時の恩恵・狙い目
  • リセット期待値
  • ガックン動画

…などなど
リセットの見抜き方・狙い方を
全て詳細に記載しています!!

設定が入りやすく、設定変更されやすいため
稼働されている方は参考になると思います。

それでは詳細をご覧下さい。

関連記事

-----スポンサードリンク-----

朝一の挙動

項目 設定変更 電源OFF・ON
GB間天井 リセット 引き継ぐ
SR間天井 リセット 引き継ぐ
GB抽選状態 リセット 引き継ぐ
CZ抽選状態 リセット 引き継ぐ
GBレベル リセット 引き継ぐ
不屈pt リセット 引き継ぐ
小宇宙pt 0pt~ 引き継ぐ
RT状態 引き継ぐ 引き継ぐ
ガックン判別 無効
ステージ アンドロメダ島

リセット判別方法

朝一高確&CZ高確移行

設定変更判別において最も重要な項目。

海皇覚醒の高確は
CZ高確“と”高確“の2種類が存在します。

そして設定変更時はどちらの状態も
それぞれ50%で高確状態へ移行!

これだけでリセット判別できることも多々ありますね。

“CZ高確”の特徴は成立役を問わず
毎ゲーム6.25%でCZへの突入抽選を行います。
*スイカのみ36.72%

なので朝一何も引かずにCZへ突入すると
設定変更濃厚となります!

それに対して”高確”は
小役を引いた際のGB抽選が優遇されます。

[参考]強小役成立時のGB当選率は
低確中で2.34%、高確中は50%。

また高確中は火時計前ステージに
移行しやすい特徴もあり!

ゲーム数前兆

ゲーム数前兆は100G単位で行われます。

特に振り分けが強いのは
1G・100G・300G・500G・700G・963G

当日上記のゲーム数で
ゲーム数前兆が発生すれば
設定変更の期待度はアップします。

逆に前日と合わせて上記のゲーム数到達時に
前兆が発生すれば据え置き濃厚。

据え置き時のフェイク前兆は
前日と当日のゲーム数を合わせた所で
発生する
と覚えておきましょう。

小宇宙ポイントでの判別

小宇宙ポイントは設定変更すると
0ptからスタートします。

設定変更判別で重要なのは
ポイントMAX到達時の挙動です。

例えば据え置き台で
前日700ptやめ、当日290ptの台で
リプレイ引いて10pt獲得したとします。

その際の液晶表示は+710ptとなります。

リプレイでそのような振り分けはなく、
ここで据え置きだと気づくことができますね。

なので朝一数回転回された台でも
変更判別できるチャンスは残されています!

火時計での判別

前日火時計が白以外で点灯中、
もしくは消灯中にヤメられた台は
据え置きだと状態を引き継ぎます。

消灯状態のケースは少ないのですが、
点灯後36ゲームぴったりでヤメた場合のみ
起こり得る現象です。

火時計での判別のメリットは
1ゲームも回さずに判別できるところですね♪

CBでの判別

聖闘士星矢 海皇覚醒 CB停止型

前日に上記の出目でヤメられていて
当日1回転目に15枚役入賞で据え置き濃厚!

小宇宙チャージでの判別

前日CZ中にヤメられた台は
朝一CZからスタートします。

翌日変更判別するために
自分で仕込むのも一つの手ですね♪

リセット判別参考動画

リセット時の狙い目

基本的な狙い目

  • 0G~初回GBまで

初回GB後に続行するパターン

  • GBレベル3(継続率60%)以上発生時
    *GB終了後の次回示唆含む
    ⇒SR当選まで続行
  • 不屈pt示唆小以上+GBレベル2以上発生時
    ⇒SR当選まで続行
  • 不屈pt”小以上”発生時
    ⇒SR当選まで続行
  • 前回がSP準備 or SPモード滞在濃厚時
    ⇒今回がSP滞在濃厚なので続行
    ⇒今回がSP滞在に期待できるので
    モード確認後ヤメ。

複数台リセットがある際の立ち回り

  • 朝一高確を優先
    →全台0ゲームの時など
  • ハマり台を優先
    →不屈示唆などが出ていない場合に
    ハマり台が空けばそちらへ移動
    *不屈ポイント狙いがかなり甘いので
    示唆が出ている台を基本的には優先!

上記の狙い目はギリギリのラインなので
これ以上ボーダーは落とさないよう注意。

簡単に説明するとリセット後は
初回GB当選までどのゲーム数でも狙えます。
*ハマっているほど期待値UP

ただし”初回GBまで打ってヤメ”
という固定条件だと時給500円程度…。

これはリセット後のGBレベル振り分けが
通常に比べて優遇されているためですね。

ではなぜそれでも打つ価値があるのか、それは…
GB終了後の状況に応じてさらに追えるため」です。

不屈pt・GBレベル・モード
これらが良い状態に滞在していれば
さらに期待値を獲得できます。

例えば一撃さんが出された期待値を見ると
GBレベル3を無条件でSR当選まで打って
機械割109.25%と出ています。

レベル3 or 4の振り分けが25%あり、
その状況を追うだけでも設定5よりも
高い機械割で打つことが可能。

そういった甘い部分をカバーすることで
時給約2500円程度までUPできる。
ということです。

狙い目が多いように感じますが、
その分厳しい部分が存在するので
甘い部分だけ打つのを心がけましょう。

リセット期待値

リセット狙い期待値

  • 0G~上記の狙い目まで…時給約2500円
    *ヤメ時に注意

参考動画

リセット時の内部状態

ART抽選状態 振り分け
低確 50%
高確 50%

リセット時のCZ抽選状態

CZ抽選状態 振り分け
低確 50.00%
高確ショート 46.88%
高確ロング 3.13%

リセット時の不屈ポイント

不屈ポイント 振り分け
0pt 14.06%
5pt 14.06%
10pt 14.06%
20pt 14.06%
30pt 14.06%
40pt 14.06%
45pt 14.06%
49pt 1.56%

リセット時のGBレベル

設定 Lv.1 Lv.2 Lv.3 Lv.4 Lv.5
1 49.2% 25.0% 12.5% 12.5% 0.8%
2
3
4 47.7% 24.2% 12.1% 14.1% 1.9%
5 47.3% 24.0% 12.0% 14.5% 2.2%
6 41.5% 21.1% 10.6% 20.1% 6.5%

リセット後のゾーン振り分け

パチスロ 聖闘士星矢 海皇覚醒 リセット後のゾーン

※新台初日1回目の初当たり
引用元:パチスロ期待値見える化さん

リセ後のGBスルー回数別ART突入率

聖闘士星矢 海皇覚醒 |リセ後のGBスルー回数別ART突入率
※新台初日1回目ART初当たりまでのデータを集計
引用元:パチスロ期待値見える化さん

ガックン動画

*ガックン判別は無効

星矢海皇 リセットまとめ

ご覧いただいた通り、
星矢海皇のリセットは甘め!

“激甘”ではないのですが、
設定が入りやすく、リセットされるケースが
他の機種よりも多いのがメリットですね♪

設定2ベースのお店ならさらに稼げたりも…!

また、変更判別が簡単なのも魅力です!

例えば前日に不屈示唆が出て、
翌日狙いたい!といった場面。

朝一すぐにリセット判別できるだけで
結果は大きく変わってくると思います。

ハイエナとしても優秀な台なので
リセット判別方法を知っているだけで
お宝台をゲットできることもありますね♪

ぜひ立ち回りにうまく活用してみてください!

聖闘士星矢海皇覚醒解析まとめ記事
聖闘士星矢 海皇覚醒 |天井狙い目・期待値・pt狙い目・設定判別・フリーズ

-スポンサードリンク-

スロット解析の最新記事はこちら!

6 Responses to “【完全保存版】聖闘士星矢 海皇覚醒 |朝一設定変更時の恩恵・期待値・リセット判別 完全まとめ”

  1. タロ より:

    リセットって本当に時給2500円もあるんでしょうか?
    朝一の規定g数振り分けは怪しいものがありますし
    即前兆からの当選5%もありませんよね?
    それと朝一の高確カニ歩きについてです
    cz高確とgb高確との見極めが難しいと思いませんか?

    • 2500円の証明は難しいですが、この台が全リセになるくらいなら、バジリスク絆なども全リセ担っている可能性が高かったり、他の機種もまた然りなので、優先順位は高くならないと思います。
      それなりのプラスではあると思いますが、コレのためにだけ脳死打つというよりは工夫してとりにいく形になります。

      CZ高確とGB高確の見極めは難しくないと思いますが、もし難しかったとしてもこの機種は高確率の恩恵が大きいですし、高確率である可能性が高い状態で回すこと自体に期待値があります。

      • タロ より:

        絆のリセも初期ストック冷遇(0スルーだとなし濃厚)ありますよね
        BTの期待枚数がかなり落ちそうですし厳しい印象です
        gb高確とcz高確の見極めが難しい理由は
        cz高確にいる場合、gb高確の演出の出現率が下がる
        cz高確の場合すぐにccに当選してしまい演出での判断が難しくなる
        cz高確のせいでかなり低確を回させられてしまうような気がします
        仮にリセ台を打ち高確を60の低確40の割合で打った場合どれぐらいの初当たりを取れると思いますか?
        1gの振り分けはないものと過程してです

        • 絆のリセットが厳しいという考えはは全く無いですね。
          ストックが冷遇されているとしても、モード狙いのような難しい狙い目ならまだわかりますが、
          朝イチ高確率狙いはそれこそボーナス当選率だけでなくAT当選率もがあがるし純増も早い。
          見切りも早いので期待値(時給)の塊だと思います!

          聖闘士星矢の件ですが、高確率単品狙いではなく【不屈×継続率優遇×高確率】と掛け合わせた狙い目が大前提ですので、高確率以外を多少長く打とうがそれ自体は大きな影響はないため、気にし過ぎかな…と思います。
          ただしCZ高確率により見抜きにくいせいで、打つ時間が長引いて他のリセット台を狩るチャンスを失ってしまうす点は意識しておかないといけないですね。

          初当たり確率ですが、現状の解析から逆算すると出せると思います。1Gの振り分けは私はリセット時はないと思っています。
          リセット時限定のゲーム数振り分けがあってもおかしくないですね、それが優遇されていれば美味しいのですが…

          • タロ より:

            冷遇っていうか初期ストック0じゃないですかね?
            0スルー狙いで初期ストックがあった試しがないですし
            初期ストックがない場合のBTがどれぐらいの平均獲得枚数になるのか?
            そこらへんを考察する必要があるように思いますがいかがでしょうか?
            0スルーのBC間のボーダーについてもかなり悩んでます
            0スルー時のBTは450枚あるかないかぐらいじゃないでしょうか?

            星矢ですがcz高確は捨てるべきだと思います
            コスモチャージが連続しても0〜1000までは滅多に溜まりませんから
            g数での当選が見込めないのに非高確を回してしまうのはいくらSR突入率がよくてもけっこうマイナスだと思うんですよね
            当たるまで打つならいいんですけど
            高確を打つだけですから示唆もほとんど確認出来ないですし、コスモポイントを貯めても無駄になってしまいます

          • ご返信遅くなりました(._.)
            0スルー狙いで初期ストックがあった試しがないとはリセット後のことでしょうか?
            設定狙い時に0スルーでストックが100%しないなと思ったことがないので、この点は気になります。
            どちらにしてもリセット後高確率狙いは相当高い時給で打てるので、議論の余地はないと考えます。

            CZ高確率捨てに関しては、デメリットはART高確率を見極められないくらいなので(CZ中にART抽選していますよね)
            その点を踏まえてCZ中に捨てる等はありなのかもしれませんね。
            このあたりの演出の微妙なさじ加減は、私はまだリセット狙い中心に立ち回ったりはしていないので、打たれながら調整するのがベターだと思います。

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

新台機種一覧

▼導入日順・新台解析

2018年12月17日

2018年12月3日

2018年11月19日

2018年11月5日

2018年10月22日

2018年10月15日

2018年10月9日

2018年10月1日

2018年9月21日

2018年9月18日

2018年9月3日

2018年8月27日

2018年8月20日

2018年8月6日

2018年7月30日

2018年7月23日

2018年7月16日

2018年7月9日

2018年7月2日

2018年6月25日

2018年6月18日

2018年6月4日

2018年5月21日

2018年5月7日

2018年4月23日

2018年4月9日

2018年4月2日

2018年3月19日

2018年3月5日

2018年2月19日

2018年2月5日

2018年1月22日

2018年1月9日


このページの先頭へ