バジリスク絆 高モード期待値狙い解析攻略 狙うならこの形

[公開日]2014/04/15[最終更新日]2018/03/30 []

バジリスク絆

©ユニバーサルエンターテイメント

パチスロバジリスク絆 高モード期待値狙い解析攻略です。

長い間、モード判別ができるのかできないのかが

スロッターの間では話に上がっていました。

今回の高確移行率の解析が出たことによって、

モード狙いがやっとできなくもないかも…となってきたと感じたので、

その狙い方について、私なりに考察した部分をお話します。

関連記事

-----スポンサードリンク-----

高モード期待値狙いまとめ

難しいので、まず結論から。

高モード狙いの仕方はこの形です。

▼高モード狙い 立ち回りの一例

  • 狙い目は設定変更orAT後
  • 50~100Gほど回しモード見極め
  • 見極め方はハズレ系[ハズレ・(チャンス)リプ]から超高確率5Gに当選するか
  • 5Gでの高確率示唆演出の察知が必要
  • BCに当選した場合、朧BCで半月なら続行、他ボーナス後の高確率を確認
  • 超高確率に当選の場合、再びモード判別打ち(モードA否定、高モード期待)
  • 高確率15Gで終了の場合、モードDE濃厚なので再びモード判別打ち

レア役からの高確移行率はモード判別ができるほどの差が無い点に注意です。

また、チャンス目の33%でモードアップ抽選も考慮にいれる必要があります。

現状の解析ではまだ足らず、高難易度かつ高い期待値を得る立ち回りではないため、あまりおすすめできるものではない、としておきます。

他の台があったら確実にそちらを優先すべきで、店舗移動も選択肢にない場合の「仕方ない、試してみるか…」レベルです。

私も実際に現場で検証してみて、できそうなら気づいたことを報告していこうと思っています。

この立ち回りを示す根拠・理由

前回の記事では、モードC以上はハズレ系からの高確率当選が別格だが、ほぼ超高確率5Gなので判別は不能。

そして、超高確率5Gはハズレ目系かチャンス目のみから移行する、ということをお伝えしました。

バジリスク絆 モード別高確率移行率解析 モード期待値狙いは可能?

しかし、逆にこのハズレからの5G~超高確率を演出から見極めることができるならば、モードC以上狙いは現実味を帯びてきます。

バジリスク絆はそのため(?)高確率示唆演出が豊富です。

では、ハズレからの5G高確率に移行する確率はどの程度モード差があるのでしょうか。

独自に算出してみましたので、御覧ください(*^_^*)

▼バジリスク絆 高確移行率
バジリスク絆全小役合算高確移行率
※ハズレ系=ベルこぼし目(ハズレ)・通常リプレイ・チャンスリプレイ

ご覧のようになっています。

チェリー・共通ベルなどのレア小役からの移行率が真ん中ですが、ほぼ差がないので見極めることは難しい。

しかし、ハズレ系+チャンス目からの高確移行率にかなりのモード差があるので、狙えるとしたらこの部分となります。

そのためには高確率示唆をひと通り網羅する必要があります。

高確率示唆・確定演出を把握すべし

▼超高確率確定演出

  • 弾正屋敷ステージに移行

▼高確率以上確定演出(前兆中は除く)

  • リール枠エフェクト + リプレイ
  • 蛍火ルーレット + リプレイ
  • 弦之介笛で音なし + リプレイ
  • 弦之介笛中パターン + ハズレ
  • 偵察演出で「好機」 + ハズレ or リプレイ
  • かんざし演出で白 + ハズレ
  • 木彫り演出でカエル出現 + リプレイ
  • 木彫り演出でフクロウ出現 + ハズレ
  • セリフ演出 + リプレイ
  • タカ演出 + リプレイ
  • 人別帖演出(半開き)で「好機」 + リプレイ
  • かご演出で男が青着物 + リプレイ

▼高確率期待大演出

  • 土岐峠ステージ移行で高確以上の期待度約70%
  • リール枠エフェクトで第3停止・白エフェクト大
  • 第1停止・弦之介笛小パターン + ハズレ
  • 第1停止・弦之介笛中パターン + リプレイ
  • 占い演出で文字出現せず + ハズレ
  • かご演出で第3停止・女が白着物 + ハズレ or リプレイ
  • かんざし演出で第3停止青 + リプレイ
  • 墨演出ハズレ時に出現頻度アップ
  • 木彫り演出成立役を問わず出現頻度アップ

設定変更時の恩恵・挙動・朝一解析まとめ

これらがいつ、出てもいいように把握しておく必要があります。

しかも5Gだけなので、難易度は高いです。

さらにこの演出がどれくらいの精度・頻度で出るのかの解析が出ていないので、得られる期待値にはまだ疑問符が付き纏います。

そして、モード移行率の解析が出ていない現状では、どれくらい無駄に打たなければならないのかを明確に数値化することができません。

高モード狙いができるとしたら、このタイミング

もし、狙うとしたら打つタイミングを絞るべきです。

そのタイミングは、設定変更後・AT後の2つです。

何故ここなのかと言うと、朧BCによる月判別のフィルターに書けられている可能性が皆無なこと。

またAT後に関しては比較的優遇されている可能性が高いという点があるからです。

以上が私なりの考察です。

まだ全ての数値が出ているわけではないので、100%正しいかはわかりませんので、自身で一度どうかな?と考えてから判断して頂ければと思います。

やるとしても打ち手の判断力でマイナスにもそれなりのプラスにもなる高難易度のものになると思います。

私も今日から空いた時間に実践してみようと思っていますが、すでに場数を踏んだ方から感想がいただけたら嬉しいです。

【追記】 弱チェ共通ベル合算移行率に注目

ここも見逃してはいけなかったと後から思い出し、計算したので追記します。

▼モード・小役別状態移行率
絆 状態移行率2

▼高確移行率(弱チェ+共通ベル追加)
絆高確移行率プラス弱チェ共通ベル

上の表から全モード共通で高確率移行確定である強チェリーを除いてみました。

ハズレからの超高確率と違い、出たから粘る要素とはなりえませんが、少し気に留めておくほうがいいかもです~(*^_^*)

-スポンサードリンク-

スロット解析の最新記事はこちら!

6 Responses to “バジリスク絆 高モード期待値狙い解析攻略 狙うならこの形”

  1. @はまちゃん より:

    絆は収支が荒れますよね…orz

    だてめがねさんに質問があるのですが、
    近場でグランドオープンする店舗があるのですが
    だてめがねさんなら何の台を座りますか?

    最近の台で
    設定6でも余裕で負けることがあるので
    無難にエヴァ決意のがいいのでしょうか?
    ヽ(;´Д`)ノアドバイスよろしくお願いします…

    • >>@はまちゃんさん

      個人的には分かりやすい獣王がオススメです~ヽ(=´▽`=)ノ
      入るなら…ですが。。(^_^;)

  2. ↑↑↑ より:

    アカウントからでなく自演ぽいですね

  3. ダカラ より:

    いつも拝見させていただいてます。
    絆のモード狙いに関してですが、テーブル別で期待値前後すると思うんですが打ち出し0GノースルーのAT即やめ台でモードCにいれば期待値は十分に取れるんでしょうか?
    またこのモード狙いの期待値の取り方としてAT後続行した場合にC以上に滞在しているなら打ち出した前回の期待値に加算するのかそれとも一台分なのか細かいんですが御教授下さい

    • モードC以上にいることで期待値はうまれますね♪
      加算するのかどうかは好みでいいと思います。
      モード狙い自体の収支を判別したいのであれば、
      別に付けたほうがいいですね♪

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

新台機種一覧

▼導入日順・新台解析

2019年1月7日

2018年12月17日

2018年12月3日

2018年11月19日

2018年11月5日

2018年10月22日

2018年10月15日

2018年10月9日

2018年10月1日

2018年9月21日

2018年9月18日

2018年9月3日

2018年8月27日

2018年8月20日

2018年8月6日

2018年7月30日

2018年7月23日

2018年7月16日

2018年7月9日

2018年7月2日

2018年6月25日

2018年6月18日

2018年6月4日

2018年5月21日

2018年5月7日

2018年4月23日

2018年4月9日

2018年4月2日

2018年3月19日

2018年3月5日

2018年2月19日

2018年2月5日

2018年1月22日

2018年1月9日


このページの先頭へ