【業界情報コラム エルノート】絆・GODなどの旧基準機設置期限延期!大手ホールが黒幕か?

業界情報コラム エルノート

みなさん、こんにちは。
エルです。(@gyoukai_l)

クリスマスはいかがお過ごされる予定ですか?
私もいつも通り。
P店の駐車場でサボタージュする予定です。

今回のテーマは「旧基準機15%期限延長」について。

Twitterでも話題になってますが、
凱旋ハーデスといった、
旧基準AT機を置いていい期間が伸びたって感じです。

正直者がバカを見た典型例ですが
裏で糸を引いている者とは…?

専業の人はもちろん、
この旧基準機撤去が先延ばしにされる事で
立ち回りが多少変わったりもするでしょう。

打ち手の方にとっても意味のある事書きます。
それでは今週もいってみましょう。


目次へ

スポンサードリンク

旧基準機設置比率15%規制の期限延長

去る11月某日、全日遊連の理事会にて
*一部を除く全国のパチンコホールが所属する団体
「高射幸性遊技機の設置比率を
2019年1月31日までに15%未満にする」

という自主規制の期限を延長する発表がありました。

自分らで期限を決め、あくしろよ。と催促しておいて
延期しますという馬鹿げた話です。

これに対して特に怒りを露わにしているのは、
主に中古業者&計画的に設置比率を落としてホール。

既に15%未満を達成しているホールも少なくありません。

逆に、これによって恩恵が得られるのは…
打ち手&設置比率が高めのホール。

6号機時代の幕開けだー!!
となりましたが、正直6号機でやっていけるほど
ユーザーには受け入れられていません。

ここで旧基準機が続投されるとなれば、
そちらにユーザーが留まるのは明白です。

発表があった時点での旧基準機の設置比率は

  • 全国で約18%

平均して約18%という事で、
期日に向けてそれなりに進めてきたって感じですが…

5.9号機ではAタイプの開発が多かった事や
6号機市場がスタートしてからの動きを見るに
売上面での落ち込みが強烈です。

メーカーサイドからすると、何とも歯痒いですが
最近の新台なんかよりも旧基準機の方が
売上も大きく貢献してくれる訳で…

とあるホールさんから聞いた話によると
「お客様は素直なモノで
旧基準機の設置台数の差によって
お客様が寄ってきたり、離れて行ったり
客数が顕著に変わる」

だそうです。

こうなる事は事前に分かっていた?

さて、この「期限延長」ですが
急きょ決まった事でもなく
元々、決まっていた事なのではないでしょうか。

全国理事会にて決まった「期限延長案」ですが

11月14の全国理事会にて決まる予定の書面が
前日の13日にTwitterに出回るという事態に。

かなり前段階から決まっていた可能性もあります。
結局ギャンブル依存症対策ですら、
この国においては演出でしかないんですよ。

じゃあ一体、誰が言い出したのか。
これによって、得をする者は誰なのか。
答えは既に出ていますね。

旧基準機設置比率が極限まで高い
大手法人が中心となっているはずです。

書面の文書なんてものはただの後付けで
計画的に設置比率を落としていた競合店との差が
最大限になるタイミングで発表されたと。

様々な業界の闇を見てきた上で判断するならば
ここまで全て計画的だったのではないでしょうかと
私は思っています。

スポンサードリンク

ユーザーにとってはプラス要素だ!

さて、市場の動きとしては…
設置比率を上げる事は現状NGです。

しかし、「スロット増台・パチンコ減台」などを行う事で
倉庫に眠っている旧基準機を蘇らせるという
ホールが多く出てきます。
*現状、立ちスロはアウトです

比率は維持して台数増やす作戦。

売上の立たない6号機やP機などの新台よりも
圧倒的に稼働が見込める旧基準機を増やす。

競合店からユーザーを引っ張り、売上を増やす事で
一層、設定が使いやすくなります。

スロットを増台しているホールには
そういった目論見があるため
設定を入れるパイが増えることも考えられます。

結局、高設定なんてものは
ボランティアでも何でもなく
「集客」のために使われるものですからね。

まとめ

結論から言いますと、
旧基準機を多数残していたホールは
こうなる事を予め知っていた可能性が高いです。

発表があった11月14日時点で
旧基準機の設置比率が20%も25%もあった場合、
スロット総台数が300~400台であれば
30~50台程度を入れ替えなければいけない事に。
これを、残り2ヶ月少々で…。

さらにチェーン店を多く持つ法人であれば
単純に、×店舗数が乗っかります。

いくら体力がある法人だとしても
たった2〜3ヶ月で入れ替えるには
かなり厳しいと感じます。

もちろん、一気に入れ替える!という
可能性も0ではありませんが、
お客さんに慣れてもらう事を考えると
徐々に入れ替えていくというのがセオリー…

じゃあ、ここまでギリギリになっても
旧基準機の比率を下げなかったのは何故?

多く残しているホールなんかは
元から知っていたのではないか?
と怪しく見えてきます。

打ち手視点からするとハッピーニュース。
頑張って比率を下げたホールからすれば、
比率は上げられないし、スロ台数増やして
旧基準機を増やす作戦をとるのか…

しかし、またいつ期限になるかも分からない…
短期的な目線で見るか、長期的な目線で見るか。

その辺りは…今回の黒幕と予想される
超大型ホールの動きに注目すればヒントになりそう。

業界がP機・6号機に向けて動いたか!?と思えば、
こんなに簡単に期限が伸ばされ、ひっくり返る。

政治と同じですね。
というか、政治の一部だから仕方ないのか。

という事で、また来週お会いしましょう!

---スポンサードリンク---

6 件のコメント

  • 結局絆やらいつまであるんでしょうかね?
    設置比率15%になってもその範囲なら
    まだまだ現役オッケーってことかな?
    6号機への移行のほうが楽しみだったんですけどねー

    • 返信が遅くなってしまいすみません💦
      旧基準機の最終的な完全撤去は2021年1月31日までなのですが
      全てが2021年1月31日まで使える訳ではないですね。

      各機種ごとに設置期限は定まっており
      検定期限は「検定通知日」から3年間。認定申請をすれば、さらに3年間プラス
      最大6年間となります。

      例えば絆でしたら、2019年12月辺りまでですね!
      他の機種も「検定年月日」というのをネットで調べると出てくると思いますよ!

      現状で息をしている旧基準機でしたら、ほぼ認定機のはずなので
      「検定年月日」プラス6年(最大2021年1月31日まで)という事になります(*´∇`*)

  • 面白い記事ありがとうございます。

    因みに現段階で確認されている25%設置の法人はどちらがありますか??

    • 返信が遅くなってしまいすみません💦
      お褒めの言葉ありがとうございます!!

      すみませんが、特に自分で確認はしていません…

    • 返信が遅くなってしまいすみません💦

      「あくまで設置比率は減少させていく」という部分は変わりませんので、
      さすがに設置比率を増やす訳にはいけませんよね…💦

      結局のところスロ増台して旧基準機増やすというのも、
      感覚的には「抜け道」みたいなものですからね。
      「増やしたいならそうして下さいねー」って訳でもないので(^_^;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。