【業界情報コラム エルノート】6号機Aタイプ、枚数減で終了…しかし、オカルトで勝つ時代がやってくる!?

[公開日]2018/11/29[最終更新日]2018/11/28 [, ]

業界情報コラム エルノート

こんにちは、エルです。(@gyoukai_l)

すろぱちくえすとを読んでいる皆さんは、
ジャグ連・ハナ連って信じていますか?

ちなみに僕は1ミリも信じていませんが、
ハナ連してほしい!と思ったことは何回もあります。

ご存知の通り…6号機でノーマル機を
作ると絶望的な仕様になってしまいます。

そんな中、僕が今回書く記事は
「6号機ノーマル機はオカルトが現実化?!」
というテーマです。

スロッター
んなわけあるかよ

って思っている人も、
まあ見てみてください。

6号機Aタイプが生き残る道はこれしかない!!

-----スポンサードリンク-----

6号機Aタイプは壊滅的!?

パチスロ ゲッターロボ 6号機

6号機になり、高純増AT機が復活した反面
Aタイプは絶望的な仕様となっています。
*便宜上、以下Aタイプと表記します

短時間出玉率の低下、中時間出玉率の制定。
*これはAT機も一緒ですが…

何と言っても、ボーナス獲得枚数の低下により
エヴァなどの400枚タイプはおろか
王道タイプの300枚BIGすら搭載出来ません。

実際に改正された規則をそのまま当てはめた場合
どんなジャグラーになるかは下記リンクをどうぞ。
こちらをご覧ください。

コインベースが高くなって
ボーナスは重い上に、BIGが200枚程度。
これじゃ相当厳しいですな……

6号機初のAタイプとしてゲッターロボという台が
京楽の直営店に先行導入されています。

ボーナス確率は設定1でも1/100を切ります。
獲得枚数はBIG155枚、REG56枚と
5号機ジャグラーの半分しかありません。
BIGと呼んで良いのか…ってレベルですね。

そんな訳で、6号機のAタイプは絶望的なのが
分かっていただけたかと思います。

スポンサードリンク

抜け道としては沖ドキタイプ

さて、どうしたものか…
もちろんこのままお手上げなんて事では
某北◯子や某パイ◯ニアはオワコンです。

現行機と同等のポテンシャルを出す方法として
「沖ドキタイプ」の機械が現れそうです。
*もはやAタイプじゃねぇって声は後ほど

擬似ボーナスAT機にする事で
獲得枚数の問題はクリア。

  1. 通常時は即有利区間に移行+ボーナス抽選
  2. ボーナス終了後に通常区間へ移行
  3. その後次Gには有利区間へ…

とすれば、ゲーム性はAタイプそのもの。
ここまでは普通に思いつきますが。

さらに隠し味を入れる方法が思いつきました…!!

Aタイプを面白くする要素はオカルトだ!

ここで突然ですが、みなさんは
「アイムヤソシマ」を知っていますか?

リズムに合わせながら
右肘左肘を交互に出すネタで一時期ブレイクした、
お笑いコンビ「2700」の八十島さんという方…

彼は現在、奥さんやお子さんに蔑まれながらも
ジャグ衝動を止められず
毎日のようにジャグラーを打っていますw

そんな彼の立ち回りスタイルは
独自のオカルト理論派。

さすが、熟練度の高さが感じ取れますね。
やっぱ芸人さんは面白いw

1:43~の「ここはあってほしいじゃなくて、なくちゃいけない!」
この気持ちめっちゃ分かります。
共感しかありません。

さて、ここで私が言いたいのは
「オカルト」こそがパチ・スロを面白くする
最大の要素
だということです。

まさに、上記のリンクがそうですが
「ここで◯◯を引けるかが超重要…!」
なんて考えがバチッとハマった時ほど
気持ち良いものはありませんよね!

みなさんも独自のオカルトを
それぞれ持っていると思います。

そんな今まで信じられてきたオカルト要素を
誰もが「コレ!!」と思えるようなオカルト要素を
元から機種のプラグラムにぶち込んでしまえ
というのが、僕の考えなんです。

スポンサードリンク

Aタイプにオカルト要素を入れる方法を思いついた

メジャーどころのオカルトと言えば

  • よそ見打法
  • マイナスグラフ跳ねっ返り狙い
  • ◯Gのゾーン

などなど、様々ありますね。

では、そろそろ本題に。
どうやってオカルト要素を盛り込んで行くのか…

まず前提に、仕様は上述した沖ドキ風の
擬似ボーナスタイプです。

通常時は即有利区間へ移行とし
有利区間中の規定G数到達でボーナス当選、もしくは
有利区間中に成立役によってボーナス抽選とします。
*どちらでも良いです

ボーナス終了後に即通常区間へ落ちるのではなく
通常区間移行条件も、毎回変わります。

例えば…
◯G BIG→◯G REG→◯G REG→有利区間終了
みたいな感じで、
ボーナス数回引くまでのシナリオを決めちゃったり

モード1(仮)から…

  • 高設定ほどBIG後はモード2に行きやすい
  • 高設定ほどREG後はモード3に行きやすい

こんな感じに、
有利区間のモードに設定差を設けることで
「オカルト」を現実的におこします。

例えばこんな事も出来ちゃう

では実際、どんな事ができるのか?
いくつか例を挙げてみます。

例えば
「バケ先行台は高設定の証」
はい、これを人工的に作ります。

「REG連チャンモード」なるものを用意します。
20G REG、50G REG、50G REG…のように
REGがいっぱい連チャンします。

規定G数ではなく、自力当選にしたいのであれば、
「同モード中はREG当選が高確率」と設定する。

そして、このモードは高設定ほど移行しやすい。
はい、これで出来上がりです。

次に「◯◯Gのゾーン」
これも出来ちゃいます!!

ボーナスを自力当選にし、
1G、32G、77G、87G、128G…のような
意識されやすいゲーム数だけ当選率が高い
みたいなモードを作れば、
◯Gで当たりやすい、◯◯〜◯◯Gのゾーンがアツい
なんてオカルトも現実のものに。

有利区間1500Gをフルに使った
「1000GハマりからのBIG4連チャン跳ねっ返り」
コレもシナリオ作れば出来ます!

他にも、
「よそ見打法」「落ちたコイン拾う打法」なども…
*それは無理や。

細かなところでも、
「160G台のREG後は、60G以内に当りやすい」とか。

オカルトを言い出したらキリがありませんね。
これが現実になると考えるとワクワクしてきたw

スポンサードリンク

まとめ

「モード概念」は搭載可能ですし、
特別新しいことではありません。

ただ、ここでミソとなるのが、有利区間です。

前後状態を引き継げない、この有利区間こそが
ゲーム性を完全にコントロールするのではなく
たまに訪れる可能性があるくらいの
ちょうどいい塩梅になり得るのです。

あくまでもメインは定められたボーナス確率。
たまーに特殊モードに移行する。
これがまた良い味になりそう。

まぁ今回のネタは完全に私の妄想なので
このアイデアが現実化するとは限りません。

そもそも、これは擬似ボーナス機である前提。
ノーマル機じゃないやん!っていう意見はごもっとも…

それくらい6号機のノーマル機というのは
5号機以前の機種に比べて絶望的にクソです。

てことで、Aタイプっぽい。
ノーマル機っぽい機種を作る。
○電子さんはここを攻めるしかないんじゃないかな?

6号機になり、Aタイプが相当厳しくなっている現状に
たまたまこの記事を読んだ開発者が、これをヒントに
少しでも可能性を感じてくれれば、御の字です。

でも現実化したら面白そうだなぁ。

一般ユーザーから意見を吸い上げたりして。
Aタイプのオカルトが現実化…
???「いい時代になったものだ。」

という事で、また来週〜

業界情報コラム エルノート

-スポンサードリンク-

雑記の最新記事はこちら!

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

新台機種一覧

▼導入日順・新台解析

2019年1月7日

2018年12月17日

2018年12月3日

2018年11月19日

2018年11月5日

2018年10月22日

2018年10月15日

2018年10月9日

2018年10月1日

2018年9月21日

2018年9月18日

2018年9月3日

2018年8月27日

2018年8月20日

2018年8月6日

2018年7月30日

2018年7月23日

2018年7月16日

2018年7月9日

2018年7月2日

2018年6月25日

2018年6月18日

2018年6月4日

2018年5月21日

2018年5月7日

2018年4月23日

2018年4月9日

2018年4月2日

2018年3月19日

2018年3月5日

2018年2月19日

2018年2月5日

2018年1月22日

2018年1月9日


このページの先頭へ