スーパービンゴプレミアム 設定判別・設定差まとめ

スーパービンゴプレミアム
©BELLCO

スーパービンゴプレミアム
設定推測・設定判別まとめ
記事です。

解析は出揃っていませんが前作より
判別は少し簡単になっています♪

設定判別のポイントは
スーパービンゴネオとは少し違っています。

なかなか設定が入る機会は
少ない機種だと思いますが
狙えそうな機会にご活用ください!


目次へ

スポンサードリンク

スペック・時給

設定AT初当り機械割時給
11/434.097.1%-1305円
21/407.799.0%-450円
31/387.7101.1%495円
41/357.8104.1%1845円
51/325.3107.2%3240円
61/291.3111.0%4950円

※1h/750回転の等価計算

前作より設定6の機械割が
2.1%ダウンして111.0%です!

設定6なら打てるスペックですが
なかなか設定が入らないため
打つ機会は少なそうですね…

ただし設定判別は前作より
簡単になっています(^^)

ビンゴ揃い時のCZ当選率

低確中

設定単発2連3連4連
10.2%5.1%23.8%50%
20.3%5.9%27.0%
30.3%7.0%30.3%
40.4%8.3%35.6%
50.5%9.9%41.0%
60.6%11.8%47.2%

高確中

設定単発2連3連4連
13.6%24.4%35.8%75%
24.0%27.8%40.5%
34.5%30.2%45.5%
45.5%33.9%47.8%
56.1%36.5%50.6%
66.9%40.0%53.5%

CZ当選率に大きく差があります。
モード移行率に設定差がないため判別で重要。

状態は低確と高確の2種類です。

どちらに滞在していても
ビンゴリプレイが成立した際は
設定差があるため要チェックです。

本機はリールロックが搭載されており、
ビンゴリプ成立時にロック抽選。

このロック演出は1段階、2段階、3段階
となっていて、ロックするたびに
ビンゴリプが連続当選扱い

通常時約10分の1でしか来ないリプですから
メインはロック演出からになります。

ビンゴリプ連続回数の数え間違いには
十分気を付けましょう!

通常時の状態解析(前作を参考)

状態概要

  • 低確・高確の2種類が存在
  • 「メッセージ受信中」のテロップが
    流れている時は高確濃厚
  • テロップ終了後も高確の可能性あり
  • CZ中・周期前兆中・AT中は高確のG数減算ストップ
    終了後に高確スタートとなる

高確移行率

設定通常リプレイベンリーリプレイBINGO揃いハズレ目
11/1365.31/327681/20481/2048
2
3
41/1024.01/1638.4
51/819.21/1260.3
61/682.61/744.7
設定中段ボール弱チャンス目強チャンス目Total移行率
11/3.331/4.571/4.01/172.2
2
3
41/3.01/4.01/3.561/152.1
51/2.751/3.561/3.21/136.2
61/2.51/3.21/2.911/119.0

高確継続ゲーム数

継続ゲーム数中段ボール中段ボール以外
11G37.8%
22G50.0%33.3%
33G29.3%18.8%
55G12.5%6.3%
77G6.3%3.1%
111G2.0%0.8%

通常時の状態を確認する方法は
「メッセージ受信中」という
テロップでしか確認できません。
(もしかしたら他にもあるかも…?)

このテロップが流れている時は
高確濃厚となります。

ここでのビンゴリプ成立時は
高確滞在としてサンプルを取りましょう♪

そして前作では高確移行にも
大きく設定差がありました!

特にレア小役以外での高確移行に
大きく設定差があります。

他の設定推測要素も同じところに
設定差があるので今作でも
ありそうですね!

解析が出ていないのであれですが、
少し意識してみると良いかも…

AT終了画面の選択率

ビンゴネオAT結果
設定カジノ青空天空大富豪
156%38%5%1%
237%56%6%1%
355%37%7%1%
435%52%8%5%
550%34%9%7%
632%48%10%10%

※AT復活継続時は無効
※レインボー=AT復活継続&ル-プ率66%以上確定

AT終了画面にかなり設定差があります。

特に天空画面大富豪画面
高設定ほど優遇されています。

設定1なら6%、設定6なら20%で
上の二つが選ばれるので、
レバー連打で飛ばさないように
ご注意ください(;・∀・)

復活した場合は無効なので
サンプルには含まず、
AT終了時の画面のみ
チェックしましょう♪

高確中周期到達時のBC当選率

設定当選率
124.3%
225.8%
327.3%
429.9%
532.6%
635.2%

周期抽選の当選率は高確のみの解析。

こちらは前作のスーパービンゴネオよりも
小さい設定差になっています。

プレミアムビンゴは基本的にビンゴ揃いからの
CZ当選率とAT後背景に注目して
立ちまわってみてください。

ただし低換金率でこの機種の設定狙いをすると
現金投資の可能性がある場合、
相当厳しい戦いになるのでご注意下さい。

▼天井・ゾーン
超エナ台!!天井期待値・ゾーン期待値

▼打ち方・リール配列
簡単!打ち方・リール配列

▼演出・解析まとめ
解析・演出まとめ

---スポンサードリンク---

4 件のコメント

  • だてさん、この掲載とは全く関係無いのですが、だてさんの考えを教えて頂きたく思います。

    私は4号機猪木の時代(設定狙い)から兼業で稼いでおり、何度かスロットの盛衰を経験して来ました。その経験上、盛り上がる時は来ると思っていたのですが、ここ最近のホールの状況を見ていると、このまま終焉を迎えるのでは無いかと心配になります。

    理由は、イベント規制、AT、等価禁止、貯玉規制といろいろ考えれるのですが、中でも一番心配なのが、客層です。

    お客の6〜7割は、遊戯ではなく、期待値稼働をしに来ている印象。
    残りのお客も、天井を意識して遊んでいる印象。
    宵越しも理解している様です。
    年配の方も、周りの客の立ち回りを見てなのか、ハマり台を狙ってウロウロしてます…笑

    何が言いたいかと言うと、
    私の周りもそうなのですが、人間、期待値稼働を覚えてしまうと、もう、通常の遊戯をする気にならないんですよね…

    つまり、ハイを供給する人が減り続けている。

    更には、新社会人など、年々発生する新規のお客もスマホの普及により、期待値稼働をするでしょう。

    このままの状況だと、業界は縮小する一方です。
    ハイを供給する人=店の利益です。

    だてさんの今年の目標、「楽しく稼ぐ」人の割合が増えれば増えるほど、業界は縮小していくのでは無いでしょうか。

    この様な状況の中で、スロブログの在り方について、だてさんの考えを教えてください。

    • 客層は入れ替わると思いますよ。

      東京を見ていても、非等価だから設定2・4を入れても全然回収できるんですよ。
      だから設定24を粘っている人が多くて、しかも入れ替わったりもします。
      (設定6はそれでもレアですが笑)

      天井狙いも稼げなくなりますし、設定狙いも解析を知っていれば喰って生活できるる…
      というほど単純なものでもないです。

      ブログとしては、今後必要なのは設定狙いのブログで
      一般のお客さんが設定狙いを楽しめるように平均のベースを上げることが
      結局パチンコ業界にとってもプロにとってもいい形になることなのかなと思います。

  • すいません記事とは関係ないのですが、まどマギで当日のゲーム数で来た前兆後に穢れが飛んだら変更確定でしょうか?
    宵越し狙いしてたら当日200ゾーン演出失敗後に穢れが飛び、結果変更でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。