パチスロの天井狙いと設定狙いのボーダーラインの基準@質問

[公開日]2014/04/08[最終更新日]2014/04/11 [, , ]

質問
パチスロの天井狙いと設定狙いのボーダーラインについての記事です。

浅いゲーム数からの天井狙いをするかどうかの判断は時間効率と期待値の兼ね合いを考えて判断すべき!

設定狙いはこの台には入る!っていう状況のみだけに留めるのが無難かも!

というのが本筋となっています。

ちょっと抽象的でわかりづらい内容になってしまいましたが、
是非初・中級者さんに見ていただきたいです(*^^*)

くれぐれも安易な設定狙いをおすすめしているわけではないことを、
頭に留めていただきながら読んで頂ければと思います(*^_^*)

また、私自身の個人的な意見が多いので鵜呑みにせず参考程度に見て頂ければと思います。

-----スポンサードリンク-----

質問

前回良くない打ち方をしている可能性があるとご指摘されたので、
データを確認しましたところ、2つほど考えられることがありましたので、意見をお願いします。

一つは、打つ台がないときの話ですが、まどまぎを400台から打っています。

ただ、まどまぎはこれをするようになってからプラスになっているため、自分の判断を惑わせています。

二つ目は、設定狙いです。

これは、これからは設定狙いも覚えていく必要があると色々なブロガーさんが言っていたので実践してみたという感じです。

3回やりましたが、全てまどまぎで行いました。
(自分が行くホールはまどまぎが非常に多いためまどまぎに触る機会が多いです。)

やり方は、ハイエナで座った台で「ART直撃」「ワルプル当選率の高さ」「レア役が乗りまくる」「全然ハマらない(ほとんどが、400までに当たる)」「天国に移行しまくってる」 というものがほぼ全て合わさっていたときに限り、
ハイエナで打つべきゾーンが終わってもそのまま打ち続けています。

ただ、これも結果としては勝っているため、良いのか悪いのか分からない状況です。

以上二つについて、だてめがねさんの意見をお願い致します。

回答

ご質問ありがとうございます!(*^^*)

1つ目は時間効率と期待値の兼ね合いで考えるべきだと私は思います。

2つ目はその台の挙動よりもその台に高設定が入る可能性が本当にあるのか、そして、その可能性が打てるほどに高いのか

これをしっかり考えての選択なら大きな間違いはないと思いますが、いかがでしょうか。

…と先日、このように回答したのですが、稼働中ということもあり要点だけだったのて詳細にお話していこうと思います(*^^*)

天井狙いのボーダーラインについて

まどマギを400Gから天井まで突っ張るのがいいのか悪いのか…ですが、一概には言えません。

まどマギは比較的甘い機種で、設定1でも吉宗の設定2くらいのPAYOUTになっているようです。

しかし、天井狙いでは高モードや穢れ天井に割が行っている分を打ち切れるわけではないので、あまり考慮しないくらいがよさそうですかね(^_^;)

で、ここで考慮すべきなのは時間効率と期待値の兼ね合いです。

この台を打って得られる期待値と、この打っている間に他の台を探して打って得られる期待値とを比較するということです。

これは数字にはできないので、普段の稼働から逆算してこのラインは打った方がいい…などのボーダーを決めておくことがいいかなと思います。

ボーダーが人によって変わるべきといつも言っているのはこういう部分もあります(*^^*)

また、時間やホール環境にもよるかと思います。

私の例で上げますと、朝一リセットも何もない状態でエヴァの390Gが空いたら打ちます(自己ボーダーは現在410)。

しかし、他に宵越しの台が他ホールに残っている場合や、私のホールで甘い台ががんがん落ちる17~20時ラインだったら見向きもしないです。

これを判断するのは時間効率がどのくらいなのか、おおよそ把握している必要があるかと思います。

説明するためにあくまでも仮の話をします(*^^*)

まどマギの400G~ですが、やめるか判断するのはゾーン抜けでしょうから450G~でしょうか。

この期待値が約800円だとします。

当たるま、ボーナス・天国狙い・ART・ART終わってから再びボーダー380G程度から天井狙いをする時間…

全て合わせて40分だとしたら800*6/4=1200で時給1200円となります。
(もっと安い、もっと早いというのはここでは不問とします)

この1200円がどうなのか!ということですね。

この時給1200円(仮)と、自分かこれから台を探す時間+他の台を見つける時給(時間効率)との比較となります。

完全に数値化することもできないですが、おおまかに計算し予測する癖みたいなものをつけておけば、

いろんな状況に合わせた最善の立ち回りできるのではないかなと思いますヽ(=´▽`=)ノ

設定狙いのボーダーライン

設定狙いに一番大事なのはその台に打てる台のレベルの機械割の設定(≒期待値)が入るかどうかです。

判別しやすい、高い機械割、高設定以外無いっぽい挙動、出玉の推移

高設定確定演出を除いた、全てを圧倒的に差し置いて重要なのが「その台に設定が入る可能性」です。

100%高設定だという状況(6確演出など)なら、高設定の機械割と打てる時間さえあれば他の要素は全ていらないのではないかと思います。

逆に0%や0%~5%などなら、どんなにいい推移でも打つべきではないと思います(^_^;)

こういった部分はホールにあししげく通ってデータを集めることが必要となります。

※登録店舗ならここでみられる複数日データから推測したほうが早いです。
サイトセブン

例えば、事前の情報で半分設定6、半分設定1のイベントとわかっている場合なら、「10台中1番設定差のある挙動がいいから」のような呆れるほど適当な狙い方でも高確率で掴める結果になると思います。

しかし、100台中1台しか6が入らず、99台は設定1の場合、「100台中1番設定差のある挙動がいいから」では厳しくなってきます。

そもそも、普通の日の普通のホールならばその1台がある可能性もほぼ無いと思ったほうがいいですね(^_^;)

以上の理由もあり、基本的に私は「ハイエナからの設定狙い移行」は高設定確定演出以外はほとんどしないほうがいい!

というような気持ちで立ち回るほうがいいのではないかと考えています。

ただ、平常時からこの台に設定が入る可能性が高いことがわかっている状況や、
強いイベントでこの台に入る可能性が高いことがわかっている状況なら、
いい立ち回りなのではないかなと思います(*^^*)

設定狙いは基本的にはしないほうがいい?

天井狙いは打ち手のおかげで利益を得られ、設定狙いはホールのおかげで利益を得られます。

お客さんはともかく、ホールはころころ傾向変わるので難しいですが、その分新しく正確な状況が把握できれば強いと思います。

…とここまで書きましたが、個人的には基本的にはほとんどのホールが狙えるレベルでの高設定投入は無いんじゃないかな…と思っています(^_^;)

私としては本当に激アツ!!(半分56イベントなど)といえる状況以外での設定狙いはおすすめしないですm(__)m

ただ、様子をみて情報を集めるだけならほとんどただなので、そういう意識を持つきっかけにして頂ければ…と思います(*^^*)

-スポンサードリンク-

立ち回りの最新記事はこちら!

19 Responses to “パチスロの天井狙いと設定狙いのボーダーラインの基準@質問”

  1. うひょぞ より:

    だてめがねさん、こんにちわ^^
    うひょぞです。

    コメントありがとうございました(*´∀`*)ノ
    嬉しかったです(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)

    設定狙いに関しては僕の地域はあからさまに入れてないor入っててもつもれない可能性が高いと判断してるのでいまだ設定狙いはしたことがないです^^;

    実際設定を確実に入れているホールだったら設定狙いしてみたいですが^^

    これからは設定狙いも少し視野に入れていきたいです(T∇T)

    • >>うひょぞさん

      こんにちは!
      すごいな~と思ってコメントしてしまいました!

      謙虚な部分もすごいな~と思います。
      その歳でそれだけの結果を残せたら、私なら偉そうになってしまっていそうです(笑)

      ハイエナは客依存、設定狙いはホール依存なんで、難しいですよね(^_^;)

      あまり無理をしないことをおすすめします!
      私も設定狙いできるホールは1店舗しかないので!(* ̄□ ̄*;

  2. 第9地区 より:

    AT機ART機の高設定狙いをしたことがないのでよく分からないのですが、AT・ART機の設定判別は一日打っても分からないのでは?と思います。

    というのも、5号機初期までは閉店前に発表がありました。特にこの5号機初期の機種は今のAT機ART機に比べれば遥かに分かりやすいです。
    更にはメールで「今日は○○と△△がオール設定!」とか非常に具体的な告知もありました。
    にもかかわらず、「これは⑤⑥間違いないだろ」と思ってたら札刺さらず、という事はよくありました。
    あるいは「間違いなく⑥だな」とぶん回してかつ出玉も⑥以上。発表は④。よくありました。

    今の時代は閉店前の発表もメールでの具体的な告知も無い。更には判別も困難な機種が多く、一日打ってようやく白か黒か見える程度。
    せめて発表か具体的告知かどちらかでも解禁になってくれないと、超上級者以外はどうにもならないと思います。

    あ、でもジャグラーとハナハナだけは設定狙いもアリだと思います。

    • >>第9地区さん

      そうなんですよね~!

      でもその分店側もどんだけ分かりやすいねん!
      ってくらいの高設定台の配置にしたり、
      なのにライバルは全然いない!みたいな状況もあるホールではあるようです。

      これはハイエナいう過疎店穴場ホールのような状況に似ているようだと言えば
      ちょっとは分かりやすいかも…?

      終日ジャグラーという最もポピュラーな戦法を取ったことがない私が言っても説得力が無いですが…(笑)

  3. @はまちゃん より:

    初めまして、
    いつも役に立つ情報を
    ありがとうございます。

    設定狙いだと
    エヴァ決意が優秀だと思うのですが
    どうでしょうか?

    ・浅い天井
    ・REGの性能
    ・1kの回転率の良さ
    ・夕方以降ならグラフで設定判別

    上記のことから
    安定して勝てると思うのですが
    どうでしょうか?
    始めたばかりの素人ですが….><

    ボーナス終了画面で
    キャラが出てくるのは
    設定示唆ではないのでしょうか?
    人数=設定以上だと嬉しいですが…

    よろしく
    お願い致します。

    • >>@はまちゃんさん

      記事でもお話したとおり、設定が入るなら超優秀だと思います(*^_^*)
      私は目押しがしんどいからあんまり打ちたくないのが本音ですが…(笑)

      その部分は聞いたことがありませんが、調べてみたら出てきますね!
      設定示唆はない?というのが結論のように感じましたm(__)m

  4. かぼすくん より:

    こんにちは!

    だてさんの収支に一桁があるのは、何故なんですか??

  5. ぐら より:

    自分はこういうの機会損失と呼んでますね。
    自分の立ち回りが時給いくらか知っておくとこういうときの判断材料になりますよね。

    • >>ぐらさん
      >>自分の立ち回りが時給いくらか
      これものすごい大事ですね~(*^_^*)

      状況によっても変わってくるので、簡単と言われるハイエナでもやはり経験も大事かも…

  6. ゼッキー より:

    だてめがねさんこんばんは。いつもサイト拝見させていただいてます。

    自分は友人に勧められて三月からハイエナをはじめたのですが、四月に入ってからというもの、負けが続いています。

    収支を付けたり、朝一を狙ったりと色々試してはいるのですが、どうも結果に結びつきません。特に、モンハンの設定6やエヴァで15000円で負けた時は泣きたくなりました。

    昨日も、設定5、または6であろうモンキーで長く居座ってしまい、結果三千枚ほどあったコインが二千枚以下に(投資20k

    友人は大丈夫、月収30なんぞ余裕と言いますが、自分にはまるでそのビジョンが浮かんできません。

    こんな私に一言アドバイスをお願いします。

    • >>ゼッキーさん
      収支から分析してみるべきかなと思います(* ̄□ ̄*;

      設定6の根拠はなんでしょうか?友人に薦められて打っているところを見ると、初心者さんかなと思いますが、そのへんが気になりました。

      まずは堅実な期待値狙いからすべきかと思います。

      ちなみに私は今、月30は余裕ではないと思っています~(/_;)

  7. ゼッキー より:

    だてめがねさん、お返事ありがとうございます。
    ご指摘の通り、自分は初心者です。

    モンキーの設定6と判断した根拠は、超抜チャレンジに入った回数ですね。朝一から打っていたのですが、千ゲーム以内に七回、八回入ったので、少なくとも5以上かなと。

    モンハンに関しては他の台と明らかに挙動が違っていたのと、クエストなどに入る回数がどう考えても多かったので。閉店間際二時間しか打てなかったのですが、ジンオウガの捜索クエストに三回も入ったときは、流石にこれ6だろと。

    自分はまだまだ初心者なので、ゾーン狙いしてすぐやめることが多いですね。そもそも、天井狙いできる台を拾えたことがあまりないです。朝一も携帯見ながら設定変更狙いくらいしかできないので。最近は設定変更濃厚な台を拾いはするも負けてる感じです。

    月30はやはり難しいですよね。自分のエリアも、ライバルが多いと思います。朝十時過ぎに行ったのに、吉宗のメニューが全部開かれたままのとことかありましたし。

    最近怖いのは、エヴァを拾って負けることですね。昨日もエヴァの370を拾って回したのですが、三千円投資したところで嫌な予感がして思い切って捨てました。後で戻ってきてデータカウンターを見たところ、次の人が天井までもってかれてました。エヴァの370付近を見るたび、暴走モードが長引いて投資がかさんだ時のことを思い出します。

    自分としても、初心者向きで期待値の高いエヴァは積極的に打って行きたいところなのです。実際、三月はエヴァで負け無しだったので。しかし、また天井付近まで持って行かれるのが続くと不安でもあります。ただのスランプだとは思うのですが。

    だてめがねさんなら、期待値の高い台を打ってマイナスが続いたときはどうしますか?

    自分はなんだかんだいいつつ、いい経験だったと心に刻んで次の台を拾って行きます。

    • >>ゼッキーさん
      期待値の高い台というかその他に越えなければならない課題が多く見受けられます。

      ちょっと長くなるので、しばらく後になりそうですが質問記事としてお答えしようと思いますので宜しくお願いしますm(__)m

  8. あらお より:

    お疲れ様です!
    設定狙いに関しては、本当に難しいですよね(´・_・`)設定看破の前に店舗を看破しなければなりませんしね。。笑
    朝から突っ張って挙動が悪くても上の可能性もありますし、その逆もあり得る。出る台こそ正義という養分思考が逆にわかってしまうような気がします(°_°)笑
    自分は設定打ちは苦手ですがこれからも鍛錬します。・゜・(ノД`)・゜・。

    • >>あらおさん
      まさしくそのとおりですよね(笑)
      むしろ店をカンパできれば設定看破の必要すらない(確認作業のみ)と、Twitterのうまい方から口を酸っぱくしてレクチャーしていただいてますヽ(=´▽`=)ノ

  9. 匿名 より:

    エバの370を拾って3000円入れて捨ててきました、ってはっきりいってオカルトだよね向いてないからやめた方がいいよ
    設定狙いの根拠もめちゃくちゃだし呆れてコメントできないよ

  10. 匿名 より:

    嫌な予感ってなんですかね?それを感じることが出来るスキルを是非公開してください。
    結局確率のゲームなので試行回数が多ければ収束していくので、一回2回の実践で上ブレ下ブレなんて気にしてたらメンタル持ちませんよね。

    ハイエナばかりしてても二日で10万負けることだってある。
    でも自分の立ち回りに自信を持ってたら多少の波の悪さもしょうがないと思える。
    むしろ、爆連してたら拾えないお宝台に巡り会えるかもしれない。とくにパチンコなんて良い台空くと早く連チャン終われって思うよ

  11. オタク より:

    今の時代設定とか関係ないよ

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

新台機種一覧

▼導入日順・新台解析

2018年12月3日

2018年11月19日

2018年11月5日

2018年10月22日

2018年10月15日

2018年10月9日

2018年10月1日

2018年9月21日

2018年9月18日

2018年9月3日

2018年8月27日

2018年8月20日

2018年8月6日

2018年7月30日

2018年7月23日

2018年7月16日

2018年7月9日

2018年7月2日

2018年6月25日

2018年6月18日

2018年6月4日

2018年5月21日

2018年5月7日

2018年4月23日

2018年4月9日

2018年4月2日

2018年3月19日

2018年3月5日

2018年2月19日

2018年2月5日

2018年1月22日

2018年1月9日


このページの先頭へ