パチスロ ピンクパンサーSP 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 機械割 スペック 6.2号機 導入日 評価

パチスロ ピンクパンサー 設定差まとめTOP
©山佐

導入日2022年6月6日の6.2号機スロット
SピンクパンサーSP」の解析情報・設定判別要素をまとめました。

この記事では、

  • 機種情報・導入日・導入台数
  • 設定判別・設定差・設定示唆
  • スペック・初当たり確率・機械割
  • ネット上の評価
  • 設定判別の考察

などを掲載しています。

最新情報は随時更新いたします!
それではご覧ください。


目次

機種情報

Sピンクパンサー 筐体画像
機種情報
導入日 2022年6月6日
メーカー 山佐
導入台数 約2000台
号機 6.2号機
タイプ A+RT+ART
回転数 約40G/50枚
コイン単価
純増 約0.3枚

スペック・機械割

設定 機械割(市場予測) 機械割(完全攻略)
1 99.4% 103.2%
4 101.0% 104.4%
5 102.2% 105.6%
6 104.1% 107.3%

1時間あたりの期待収支

設定 等価 56枚持ちメダル 完全攻略等価 完全攻略56枚持ちメダル
1 -270円 -241円 1440円 1285円
4 450円 402円 1980円 1767円
5 990円 884円 2520円 2249円
6 1845円 1647円 3285円 2932円

*1時間750回転で計算

ゲーム性
通常時 リーチ目×液晶によってボーナスを察知
BIGボーナス 【赤7・赤7・赤7】
【青7・青7・青7】
【白7・白7・白7】
獲得枚数…175枚
ビタ押しチャンス発生でARTの抽選&RTのG数を上乗せ
REGボーナス 【赤7・赤7・BAR】
獲得枚数…40枚
毎ゲームRTのゲーム数を上乗せ
ビタ押しチャンス発生時(1/64)はART確定
RT「パンサーチャンス」 初期G数…10G+α
平均継続G数…約39G
消化中はART昇格抽選
ART「パンサータイム」 初期G数…50G+α
平均継続G数…約207G
ARTのゲーム数消化後はRTへ移行

ピンクパンサーが6号機となって登場します!

通常時、液晶のチャンス演出や出目からボーナスを察知するタイプ。

ボーナスはBIGとREGの2種類が存在。

それぞれの獲得枚数は、BIGが175枚、REGが40枚となっています。

ボーナス中は、ビタ押しチャンス発生時にART・上乗せG数を抽選。

ボーナス終了後は、必ずRTかARTどちらかに突入します。

RT【パンサーチャンス】は、初期G数10G+αとなっており、平均消化G数は約39G。

消化中は、ビタ押しチャンス・ボーナス・スイカを契機にARTへの昇格抽選を行っています。

ART【パンサータイム】は、純増0.3枚で初期G数は50G+α、平均継続G数は約207G。

G数消化後は、パンサーチャンスへ移行します。

本機は、目押しの正確さを測ってくれる「プラクティスモード」が搭載されており、目押しが苦手な初心者でも目押しの練習をすることができます。

まさに技術介入の入門と言える台でしょう。

完全攻略できれば設定1でも103.2%なので、非常に攻めやすい機種ですね。

設定判別ポイント

▼ボーナス・AT初当たり確率

  • BIG
    ⇒1/278.9〜1/274.2
  • REG
    ⇒1/374.5〜1/307.7
  • ボーナス合算
    ⇒1/159.8〜1/145.0

▼小役確率

  • ビタ押しチャンスリプレイ
    ⇒1/321.3〜1/368.2
  • チェリー
    ⇒1/36.0〜1/35.7

▼ボーナス同時当選期待度

  • ハズレ(単独)
    ⇒0.53%〜0.61%
  • BCリプレイ
    ⇒1.96%〜2.25%
  • 共通ベル
    ⇒0.63%〜0.47%
  • チェリー
    ⇒1.10%〜2.07%

▼BIG中のビタ押しチャンス確率

  • ビタ押しチャンス確率
    ⇒1/3.6〜1/4.1

設定示唆演出・高設定確定パターン

ケロットトロフィー

示唆
設定4以上確定
ケロット柄 設定5以上確定
設定6確定

456Gでの完走

  • ARTを456G消化した時に完走(有利区間終了)
    設定4以上確定

完走時は、右側液晶にCOMPLETEのダイヤモンドが表示されます。
456G消化後時点でARTが終了し、且つCOMPLETEのダイヤモンドが表示されれば、設定4以上確定となります。

ボーナス・AT初当たり確率

設定 BIG REG 合算
1 1/278.9 1/374.5 1/159.8
4 1/277.7 1/358.1 1/156.4
5 1/275.4 1/334.4 1/151.0
6 1/274.2 1/307.7 1/145.0

小役確率

設定 共通ベル ビタ押しチャンスリプレイ チェリー
1 調査中 1/321.3 1/36.0
4 1/334.4 1/35.9
5 1/348.6 1/35.8
6 1/368.2 1/35.7

未だ解析は出ていませんが、共通ベルには大きめの設定差が設けられているようです。

通常時・RT中の共通ベルは、押し順ベルが混ざってしまうため判別できませんが、ART中のナビなしベルは共通ベルなので、カウントしておきましょう。

ボーナス同時当選期待度

設定 ハズレ(単独) 通常リプレイ BCリプレイ 共通ベル
1 0.53% 0.27% 1.96% 0.63%
4 0.56% 2.04% 0.54%
5 0.58% 2.13% 0.52%
6 0.61% 2.25% 0.47%
設定 チェリー スイカA スイカB リーチ目役
1 1.10% 1.54% 1.84% 100%
4 1.26%
5 1.64%
6 2.07%

チェリーとの同時当選に、設定1〜6で約2倍程度の設定差がありますが、ボーナス確率自体にあまり設定差がないので、ほとんど気にしなくていいでしょう。

BIG中のビタ押しチャンス確率

設定 BIG中ビタ押しチャンス確率
1 1/3.6
4 1/3.7
5 1/3.8
6 1/4.1

ネット上の評価

目押し練習できるのはありがたいwww
目押しの難易度が低い技術介入機はありがたいですね。その分設定に期待できなくなりますが…
完全攻略で107.3%って……
かなり甘そうなので早々に撤去される気がします

まとめ

山佐からピンクパンサーが登場します!

設定1でも完全攻略103.2%となっており、目押しの難易度は低めと想定されます。

低設定でも甘いため攻めやすい一方、設定6の機械割は107.3%と、かなり辛くなっています。

そして、ボーナス確率での設定判別は難しく、基本的にはARTの内容(共通ベルなど)で設定推測していく機種であることから、設定判別に時間を要することが想定されます。

あまり設定狙い向きではなさそうなので、狙うなら全台系のパターンに絞りたいところです。

以上、「ピンクパンサーSP 設定差まとめ記事」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。