鬼武者3 時空天翔 天井恩恵・期待値・狙い目・ヤメ時・解析

[公開日]2015/11/14[最終更新日]2017/11/22 [, , ]

鬼武者3 時空天翔

©SAMMY

導入日は11月16日
スロット 鬼武者3 時空天翔
天井恩恵・狙い目・ヤメ時・スペック解析
です。

新基準の中では天井が少し浅めで
設定変更・リセット時の恩恵もあり
サミーからの新台の中では
まだ狙いやすい仕様となっています(*^^*)

設定狙いにはちょっと不向きか…
ご覧下さい(*^^*)

-----スポンサードリンク-----


ゲーム性・スペック

ゲーム性

タイプ 新基準AT機
純増 約2.5枚/G
コイン持ち 約45G/50枚
AT「時空天翔」 1セット50ゲーム+α
疑似ボ「斬魔一閃バトル」 16G×継続抽選 AT期待度50%
CZ「アンリ救出ミッション」 「斬魔一閃バトル」期待度33%
CZ「討伐ミッション」 「斬魔一閃バトル」期待度50%
CZ「百鬼(千鬼)乱舞」 成功でAT「時空天翔」直撃

スペック

設定 AT・ボナ初当確率 機械割
1 1/439.9 97.4%
2 1/424.2 98.9%
3 1/394.6 100.6%
4 1/376.9 102.6%
5 1/353.1 105.2%
6 1/344.3 110.2%

高ベース型の高純増新基準機。

疑似ボーナスとAT直撃を搭載しており、
ミッションCZ→疑似ボーナス→ATのルートの他に、
乱舞CZ→AT直撃のルートがあります。

乱舞CZへは強チェリーからの当選がメイン。
ここに大きな設定差が隠されていそうですね(*^^*)

設定狙いについては、高設定域がかなり辛く、
設定6でも110%と夢のない設計。

設定4はたったの102.6%。。
設定狙い向きでない点がとても残念です。

CZ抽選・ATシステム・上乗せ特化ゾーンなどの細かいゲーム性はこちら
鬼武者3 時空天翔 天井・演出・解析まとめ

天井恩恵・狙い目

天井ゲーム数

◎通常…ボーナス&AT間1280G
◎リセット時…800G
※ボーナス当選でも天井はリセット

天井恩恵

疑似ボーナスorAT当選

天井の狙い目

等価…通常間780G~
56枚持ちメダル…通常間800G~
56枚現金投資…通常間850G~
※設定変更時は狙い目を480G浅めに!

天井期待値(等価&非等価)

鬼武者3時空天翔 天井期待値概算
※設定1・ゾーン等非考慮・天井期待枚数450枚で算出
※「56枚持ち玉」は全て持ちメダル遊技、「56枚現金」は全て現金投資
※リンク付き転載OK
※ゾーン等を考慮していないので、あくまでも解析が出るまでに目安程度に

天井恩恵が不透明なため、あくまでも暫定。
判明次第、期待値も修正します(*^^*)!

天井恩恵が疑似ボーナスorAT当選。

さすがに通常当選よりも
冷遇されているとは考えづらいので
初当たり期待枚数+αの450枚に
天井期待枚数を設定しました。

天井狙い目は等価で780G~

設定変更時・リセット時は天井が800Gに短縮!!

天井が480G短縮されるということで、
狙い目も480G下げると良いと思います。

ヤメ時情報

ヤメ時

ボーナス・AT後、前兆・高確確認ヤメ

高確示唆

ダンジョンステージは高確率示唆
海底神殿<安土城<下水道

ボーナス・AT後は少し回してからヤメで。
ダンジョンステージは高確示唆のようなので、
様子見推奨です(*^^*)

AT・CZもループ性があるようです。
詳しいことは分かり次第書いていきますね♪

以上、鬼武者3 時空天翔 天井恩恵・期待値・狙い目・ヤメ時・解析でした。
細かい演出情報や楽しむための解析はこちら
鬼武者3 時空天翔 天井・演出・解析まとめ

↓↓鬼武者3 時空天翔の解析まとめはこちら♪

-スポンサードリンク-

スロット解析の最新記事はこちら!

9 Responses to “鬼武者3 時空天翔 天井恩恵・期待値・狙い目・ヤメ時・解析”

  1. YUMMY より:

    記事に関係無いですが、花の慶次の「もののふの舞」初期G数が、だてさんの解析記事では40G以上になってましたが30Gありました…。
    画像貼っておきますね。

  2. 駆け出しのエナ より:

    だてめがねさん、はじめまして
    いつもブログ読ませていただいてます
    参考になる記事ありがとうございます。

    僕はまだまだ駆け出しのエナですが
    だんだん立ち回りもわかってきて
    収支もそこそこに向上してきました

    ですがどうしても納得いかないことがあります。
    それはコインの純増です。

    凱旋で言うと100ゲームで300枚のはずなのに
    250枚未満なんてことがよくあります。
    先週打った台は4連したのに900枚なんてこともありました。
    あまりに15枚役がこないので台を殴ってしまい
    店員に注意を受けてしまいました。

    でも4連して900枚だと1セット分も損してますよね?
    僕はこのストレスに耐えられません。
    だてめがねさんも純増が少なかった経験はあると思いますが、
    そんなときストレスを感じますか?
    感じないとしたらいいメンタルの保ち方はあるのでしょうか?
    教えてください

    • 純増は平均ですし、
      収束するので期待値に関係ないので
      それを思い出すと良いですよ(*^^*)

    • 引きの弱さなら負けない より:

      他機種も含め続ければ続けるほど純増も収支も平均的になってくる可能性も上がるので頑張ってください、継続は力なり、です
      ちなみに自分は凱旋の天井狙いしながら今までGGを計200セット以上消化してきましたが1セット300枚を超えたのは1/10にも満たないですし、70回以上天井狙いしてますがぶっちぎりで負けてますwww
      本題ですが恐らくSGGやG-STOP中の増加も加味した上での純増3.0枚だと思うので純粋に1セット100Gだけで見ていると足りなくなりますよね(というかそれらを加味してもとても純増3.0枚あるとは思えませんが…)、爆連してればしてるほどその人のセット数を純増でかけても純増通り取れてる事は少ないですよ。
      もともと検定を通す時の純増の上限が2.86枚なので厳密に言えば純増3.0枚の機種を作るのは不可能であり、特化ゾーンやチャンスゾーンなどのG数の減算が止まる時の増加分をそれらの消化G数を含めずメインのART(AT)消化時の獲得枚数に出して純増3.0枚“感”を出しているだけなので本当に純増3.0枚ある機種はこの世には無いですw
      でもだてさんや色んなブログで得られる情報は実際のホールの出玉データなどから算出している可能性も高く仮に明らかに謳っている出玉性能と出玉データが乖離している場合は各ブログでも注意喚起がなされると思われるので大体がブログの情報通りに動けば大丈夫ですよ。そこに自らの軍資金に応じてボーダーを調整するなどすれば長期的に見れば収支は上がるはずなので頑張って下さい。

      • 駆け出しのエナ より:

        詳しく解答していただきありがとうございます。
        公表値より純増が少ないのは当然と割りきって
        打つべきなのですね。
        ついつい投資がかさみすぎていると
        これが純増通り出たなら取り返せたのにと
        腹が立ってしまってました。

        ひたすら期待値のみを信じて
        稼働できるようにならなければですね

    • ヤキスロッター より:

      凱旋で言うとGGワンセットで保証しているのは
      300枚ではなく100ゲームです。
      それに対して×2,9枚(平均)ですね。

      AT消化後の枚数が少なかったのはただの結果論であって
      レバーオン時には15枚役は一定の確率で抽選されています。

      また余談ですがGGの期待値には
      純増だけでなく、メダルを増やしながら
      ゴッドや赤7やその他上乗せの抽選を受けられると
      いうこともあります。

      なんにしても純増なんて気にしても
      15枚役がくるようになるわけでもないので
      気にしないが吉ですね

  3. 鬼武者3 時空天翔 天井期待値・狙い目・ヤメ時まとめ | スロットに対して無気力だけど月10万を継続して稼ぎ続けるスロット戦術 より:

    […] 引用元⇒すろぱちくえすと様 […]

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

新台機種一覧

▼導入日順・新台解析

2019年1月7日

2018年12月17日

2018年12月3日

2018年11月19日

2018年11月5日

2018年10月22日

2018年10月15日

2018年10月9日

2018年10月1日

2018年9月21日

2018年9月18日

2018年9月3日

2018年8月27日

2018年8月20日

2018年8月6日

2018年7月30日

2018年7月23日

2018年7月16日

2018年7月9日

2018年7月2日

2018年6月25日

2018年6月18日

2018年6月4日

2018年5月21日

2018年5月7日

2018年4月23日

2018年4月9日

2018年4月2日

2018年3月19日

2018年3月5日

2018年2月19日

2018年2月5日

2018年1月22日

2018年1月9日


このページの先頭へ