パチスロ メルヘンクエスト 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 小役確率 スペック 導入日 評価

メルヘンクエスト 設定差まとめ記事TOP
©JPS

導入日2022年2月21日の6.2号機スロット
メルヘンクエスト」の解析情報・設定判別要素をまとめました。

この記事では、

  • 機種情報・導入日・導入台数
  • 設定判別・設定差・設定示唆
  • スペック・初当たり確率・機械割
  • ネット上の評価
  • 設定判別の考察

などを掲載しています。

最新情報は随時更新いたします!
それではご覧ください。


目次

機種情報

パチスロメルヘンクエスト 筐体画像
機種情報
導入日 2022年2月21日
メーカー JPS
導入台数 調査中
号機 6.2号機
タイプ Aタイプ
回転数 約36G/50枚
コイン単価 調査中

スペック・機械割

設定 BB確率 RB確率 合成確率 機械割 機械割(フル攻略)
5 1/172.5 1/436.9 1/123.7 99.4% 101.6%
6 1/218.5 1/218.5 1/109.2 100.6% 103.1%
P 1/218.5 1/218.5 1/109.2 102.3% 105.1%

1時間あたりの期待収支

設定 等価 56枚持ちメダル フル攻略
等価
フル攻略
56枚持ちメダル
5 -270円 -241円 720円 643円
6 270円 241円 1395円 1245円
P 1035円 924円 2295円 2048円

*1時間750回転で計算

ゲーム性
通常時 演出や告知ランプからボーナスを察知
BIGボーナス 【赤7・赤7・赤7】
獲得枚数…195枚
REGボーナス 【BAR・BAR・BAR】
獲得枚数…最大104枚

JPSからオリスロシリーズの第4弾メルヘンクエストが登場します!

メーカーとホールがコラボした特定ホール向けのプライベート機となっています。

ゲーム性はシンプルなノーマルタイプで、約195枚獲得のBIGボーナスと約104枚獲得のREGボーナスが存在します。

設定は5・6・Pの3段階になっています。

設定5(最低設定)でも、簡単な小役奪取で機械割100%を超えるのは嬉しい点ですね。

また、本機はPLUSシステムを搭載しており、獲得ポイントに応じてPLUSランプで小役を告知してくれるようになっています。

ここから設定判別

設定判別ポイント

▼ボーナス初当たり確率

  • BIG
    ⇒1/218.5〜1/172.5
  • REG
    ⇒1/436.9〜1/218.5
  • ボーナス合成
    ⇒1/123.7〜1/109.2

▼小役確率

  • ブドウ
    ⇒1/6.4〜1/6.0
  • スイカ
    ⇒1/215〜1/166
  • チェリー
    ⇒1/38〜1/34

設定示唆演出・高設定確定パターン

*現在調査中

ボーナス初当たり確率

設定 BB確率 RB確率 合成確率
5 1/172.5 1/436.9 1/123.7
6 1/218.5 1/218.5 1/109.2
P 1/218.5 1/218.5 1/109.2

設定5はビッグ確率が軽く、設定6・Pはレギュラー確率が軽くなっています。

レギュラー確率は2倍違うので、だいたい1/250くらいを高設定の目安にしておくといいでしょう。

小役確率

設定 ブドウ スイカ チェリー
5 1/6.4 1/215 1/38
6 1/6.2 1/190 1/38
P 1/6.0 1/166 1/34

各小役確率にも段階的に設定差が設けられています。

レギュラー確率も見つつ、上記3役をしっかりカウントしておきましょう。

ネット上の評価

設定P作る意味ほとんどなかったやろ
ビッグ1回で200枚も出ないのか…
ボーナス軽いし暇つぶしには良さそう!
過去シリーズ作を通して設定を使ってそうなホールはほぼ見たことがないですね…

まとめ

JPSからプライベート機であるメルヘンクエストが登場します!

3段階設定で、設定5はBIGを引きやすく、設定6・PはREGを引きやすい仕様になっています。

フル攻略でやっと設定狙いできるレベルの機械割なので、小役の奪取には気をつけてください。

設定判別の面では、REG確率と小役確率の両方をチェックしておけば大丈夫でしょう。

設定5でもボーナス合算自体は設定6・Pと大差ないので、合算が良いからと言って安易に触るのは避けましょう。

以上、「メルヘンクエスト 設定差まとめ記事」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。