【自粛中に】家庭用中古スロット実機が今バカ売れ!?どうやったら買えるの?注意点は?

パチスロ実機

こんにちは、まーよんです。

今コロナウイルスの影響でパチンコ屋が軒並み営業停止となっていますね💦

普段からパチンコ屋によく行く人からすると、やっぱりパチスロ打ちたいなぁってなりますよね…
*私もその一人です

最近は家にいることも多いのでYouTubeを見ていると、寺井一択さん、しんのすけさん、など…様々な方がパチスロ実機の生配信をしておられました。

そこで私も「パチスロ実機生配信いいなー」と思ったのですが、まず実機って個人で買えるのか!?ってことになり色々調べてみたところ…

意外にも簡単に購入できることが判明!!

ということで今回の記事では、

  • パチスロ実機価格の相場
  • 家スロの必須アイテム
  • パチスロ実機の保証について
  • 家スロの注意点
  • 実機購入のおすすめサイト

などについて書いています。

ぜひ最後までご覧ください♪


目次

パチスロ実機価格

「パチスロ 実機」で検索すると、たくさんの販社がありました。

色んなサイトを見てみたのですが、個人的に一番良かったサイトが「A-SLOT」。

サイトも使いやすくて、修理・返品保証なども充実していて一番信頼できそうでした。

ということで今回はA-SLOTで販売されている実機を見ていきます。

パチスロ 実機 価格
*2020年4月11日現在での価格

まどマギ3めちゃくちゃ高いっ!!💦笑

現役機種ですし、導入されてまだ半年も経っていないということでこの値段になっていると思われます。

でも他の機種を見ると大体3万円〜7万円程度となっているので、ゲーム機より少し高いかなーといった値段ですね。

安い台だとダクセルの「結城友奈は勇者である」23,300円となっていました。

個人的には「あの台あんまり人気なかったけど自分は好きだったなー」っていう台単純に古い台とかがおすすめですね♪

価格を見た限りでは導入日と人気の高さが比例していて、最近の台は10万円を超えたりするので高い買い物になってしまいます。

新しい台は「本気で欲しくてたまらない!!」って方だけ購入するのがいいと思われます。

今回は「新着情報」という欄で実機を見ましたが、すでに欲しい実機が決まっている方は、

A-SLOT メーカー別

こんな風にメーカー一覧から欲しい実機を見つけることもできます。

価格を安い順に表示することもできますし、すごく使いやすかったです♪

A-SLOTのサイトはコチラ
中古パチスロ通販サイト「A-SLOT」

必須のオプション

実機購入時についてくる付属品は以下の通り。
*付属品は販社によって異なり、以下はA-SLOTの例

パチスロ 実機付属品 A-SLOT

これだけあればすぐに遊技可能に見えるのですが、家スロには必須と言えるほどのアイテムが存在します。

それが「コイン不要機」です。

コイン不要機とはその名の通り、「コインなしで遊技できる」オプション品となります。

パチ屋だと全く気にならないのですが、家ではコインの払い出し音がものすごく響きます。
*友人宅で打たせてもらった経験談

なのでコイン不要機は必須レベルです。

コイン不要機の利点をまとめると、

  • ボタンのみで簡単に遊技できる
  • 払い出し音(コインの騒音)を回避できる
  • コインを投入したりホッパーのコイン枚数を気にせず打てる
  • 手を汚さずに遊技可能

などが挙げられます。

コイン不要機があれば簡単に、素早くクレジットを満タンにできるのですごく便利です。

参考までにコイン不要機で遊技している動画を掲載しておきます。

コイン不要機の価格は3,800円(税込)となっているので、購入される際はこちらも検討してみてください。

注意点が一つだけありまして、A-SLOTではコイン不要機を単体で販売していません。
*実機購入時にセットで購入する形

後から単品で購入できないので、実機購入時点で必ず注文するようにしましょう。

A-SLOTで購入すれば取り付け+動作確認をして発送してくれます。

保証について

保証に関しては3年間付いてきます。

ホールでもよく故障で稼働停止になってることを見かけることが多いですが、3年間も保証があるなら安心できますね。

オークションなど個人間での売買だと保証はない(に等しい)のが基本だと思います。

高価なものですし、こちらも重要なポイントですね。

パチスロ実機オプションについて

ここからは家スロをさらに楽しみたい!!って方向けにオプション品をご紹介します。

データカウンター

まず一つ目が「データカウンター」

パチスロ データカウンター
*2020年4月11日現在の価格「9,900円(税込)」

液晶でゲーム数の表示をしていない台は現在のゲーム数を確認することができません。
(初代バジリスク絆など)

そういった台ではデータカウンターがあるとより楽しむことができますね♪

もっとコンパクトなものだとこういうのもあります。

ミニデータカウンター BASIC
ミニデータカウンター BASIC
*2020年4月11日現在の価格「9,800円(税込)」
*ARTver.は「10,800円(税込)」

すごく小さいですが、「差枚数・機械割・総ゲーム数」など様々なデータをチェックできます!

場所を取りたくない方にはおすすめです。

設定7基板

設定7基板

スロットは多くの台が設定1〜6までの6段階となっていますが、設定7基板はその名の通り設定7以上が打てるというものです。

設定7はゲーム性は従来のままで、通常ではあり得ないようなボーナスやAT高確状態を引き起こせます。

なので、「いきなりボーナスが発生する」というようなものではありません。

今はほぼ無いですが、裏モノとかそういった感覚ですかね♪

あとはウェイトをカットしてくれる機能も付いてくるのでサクサク回せるのも魅力の一つです。

設定7基板(スタンダード)は価格が29,000円(税込)とそこそこの値段がしますが、普段味わえない感覚を味わえるのはいいですね!

他にもたくさんのオプション品があったので気になる方はチェックしてみてください。

家スロの注意点

大爆音のホールでは気づかないですが、パチスロ実機からは様々な騒音が発生します。

全然大丈夫!と思っても実際家でプレイして、近所からクレームが来るという例もたくさんあります。

騒音をまとめると、

  • 通常ゲーム音(音量は変えられる)
  • コインの払い出し音(不要機無しの場合)
  • リールの回転音
  • 役物の動作音

などが挙げられます。

特にリールの回転音はオプションなどでも対策することができません。
*役物は台によっては配線を切ることもできるはず

参考までにリール音は65~75dB(デシベル)と言われています。
*目安…普通の会話〜掃除機の音くらい

筐体によって音量は様々なので、どれくらいの音量か調べてから購入するのもいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

家スロってもっと敷居が高いイメージがあったのですが、案外簡単に購入できるものですね。

メリットは、

  • 普段打てないような設定を楽しむことができる
  • 目押しが苦手なら練習することができる
  • ホールでは高設定が入りづらい台でも高設定が打てる
  • 各設定の挙動を知ることができる
  • スロ好きの友達を連れてくれば楽しめる

など、様々ですね!

私のような目押しが苦手な人だとビタ押し必須系の機種を購入するのも良いですね!笑

家ならどれだけ失敗してもお金の心配をする必要はありません♪

デメリットは、高価なものなので一度買ってからプレイできないときに損失が大きいことですね。

そこさえクリアできれば家スロはすごく良いものだと思います。

まだまだコロナがおさまるまで時間はかかりそうですし、もし気になる人がいれば一度実機販売サイトを見てみてください♪

以上「家スロの価格・遊び方・注意点について」の記事でした!

この記事で使用していたサイトはこちら
中古パチスロ通販サイト「A-SLOT」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。