ブラックラグーン2 リール配列・打ち方解析・ボーナスの種類

ブラックラグーン2 打ち方・リール配列
©スパイキー

新台パチスロ ブラックラグーン2の打ち方解析記事です。

この記事では、
リール配列・通常時の打ち方
ボーナスの種類・小役別期待度

などについてまとめています(*^^*)

A+ARTなので、
慣れたAT・ART機と違う点もあることに注意してください(^^ゞ


目次

打ち方解説

リール配列

ブラックラグーン2 リール配列

通常時の打ち方

左リール 赤7狙い

  • 左リール下段 赤7停止時
    中・右リール適当打ち

  • 左リール角チェリー停止時
    中・右リールに青7狙い
    →3連チェリー…強チェリー
    →上記以外…弱チェリー

  • 左リールスイカ出現時
    中リールにBAR・右リールに赤7狙い
    →スイカ揃い…弱スイカ or 強スイカ
    →スイカテンパイハズレ…強チャンス目
    →中段ベル揃い…強ベル
    →ベルテンパイハズレ…超チャンス目
    →右上がりベル…確定ベル

  • 左リール中段チェリー出現時
    中・右リール適当打ち
    →成立役…中段チェリー

ボーナス中の打ち方

適当打ちでOK。
BIG中のハズレ成立時はバレット獲得抽選!

ボーナスの種類

  • 赤七青七赤七…SBIG 純増約150枚+ART確定
  • 赤七赤七赤七…BIG 純増約150枚
  • 青七青七青七…BIG 純増約150枚
  • 赤七赤七BAR…REG 純増約50枚
  • 青七青七BAR…REG純増約50枚

小役別の期待度は、
弱チェリー=弱チャンス目<スイカ<強チェリ=強チャンス目=強ベル<中段チェリー<確定ベル
となっています(^^ゞ

ブラックラグーン2は全リール赤七狙いで、
損はしません。

BARを狙う機種が多いですが、
この機種はBARを狙うと
何も揃わないので注意してください^^;

A+ART機なので、ボーナス図柄を揃える必要があります。
1Gでも早く揃えるよう心がけると、
ロスが少なくなりますね(*^^*)

リール配列を見るに、
ボーナス確定判断時は右リールにBAR狙いで、
REG系か青BBかは見極めれそうです(*^^*)

左リール スイカ・青七・スイカ出現時は前作同様なら
ボーナス確定のリーチ目なので、
その点にも注意してみてください♪

A+ART機となっているので、
ART中の押し順ミスはかなりの損失になる可能性があります。
注意してください(^^ゞ

10 件のコメント

  • 中段ベルはずれで、超チャンス目って動画で言ってましたが…ないんですか?

  • これ通常時中押しできます!!
    メリットわスイカなら右左目押しいらない!
    デメリットわチェリーの強弱わからない!

  • 前作のブラックラグーンの実機持ってる程好きな機種なんで収支度外視で打ちそうで怖いです…
    450とかでもプラマイ0で遊べる!とか言って打ちそう…

      • ひえええ(゜д゜)期待値の鬼だてさんからそんな言葉がでるなんて(σ・ω・)σ

        期待値あるかわかりませんが 本日朝一0回転という台に座ってみました(゜д゜)なんかネタ拾えたらいいなあと思ってまあす(σ・ω・)σたまにはボーナス搭載いいすね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。