パチスロ アラジンAクラシック 新台 設定差まとめ|AC開始時に特殊BGMが発生すれば設定4以上確定!?

パチスロ アラジンAクラシック 設定差まとめ記事TOP
©サミー

導入日2022年1月24日の6.2号機スロット新台
パチスロ アラジンAクラシック」の解析情報・設定判別要素をまとめました。

この記事では、

  • 機種情報・導入日・導入台数
  • 設定判別・設定差・設定示唆
  • スペック・初当たり確率・機械割
  • ネット上の評価
  • 設定判別の考察

などを掲載しています。

最新情報は随時更新いたします!
それではご覧ください。

更新情報
5月8日 BGM変化
設定6の特徴

関連記事


目次

機種情報

パチスロアラジンAクラシック 筐体画像
機種情報
導入日 2022年1月24日
メーカー サミー
導入台数 10,000~20,000台
号機 6.2号機
タイプ AT機
回転数 約32.2G/50枚
コイン単価 約3.6円
純増 約2.9枚/G

スペック・機械割

設定 初当り(AC+BIG) 機械割
1 1/275.3 97.6%
2 1/263.4 98.8%
3 1/251.4 100.3%
4 1/226.0 104.0%
5 1/199.6 107.2%
6 1/176.4 108.8%

1時間あたりの期待収支

設定 等価 56枚持ちメダル
1 -1080円 -964円
2 -540円 -482円
3 135円 121円
4 1800円 1607円
5 3240円 2893円
6 3960円 3536円

*1時間750回転で計算

ゲーム性
通常時 AC高確率やBIGからATを目指す
AC高確率 AC期待度…約60%
BIG 獲得枚数…平均100枚
通常時に引いたBIG後は必ずACへ
AT「アラジンチャンス(AC)」 継続G数…1セット30G
純増…約2.9枚/G
消化中はACストックやスーパーアラジンチャンス、裏ACを抽選

サミーから人気機種「アラジンシリーズ」の新台が登場します。

通常時はおなじみの単チェリーがカギを握るゲーム性で、レア小役などからAC高確率を獲得しながらAT「アラジンチャンス(AC)」を目指します。

またBIGボーナスも搭載されており、通常時のBIG当選時は終了後にACへ突入!

AT「アラジンチャンス(AC)」は1セット30Gの純増2.9枚/G。

消化中はACストックや継続G数不定のスーパーアラジンチャンス、大量ストックに期待ができる裏ACなどを抽選します。

AC後は「状態」への突入に期待ができ、状態移行からACを連チャンさせながら出玉を伸ばします。

状態はショート・ロング・超ロングの3種類が存在し、ロング時の期待枚数は1000枚以上!

また有利区間にもAC引き戻し区間があり、約50%でACを引き戻すことができる仕様となっています。

ここから設定判別

設定判別ポイント

▼ボーナス・AT初当たり確率

  • 初当り(AC+BIG)
    ⇒1/275.3~1/176.4

小役確率

  • 単チェリー確率
    ⇒1/138.0~1/123.9

チャンス目成立時のBIG当選率

  • チャンス目A
    ⇒0.8%~7.8%
  • チャンス目B
    ⇒23.4%~38.3%

AC高確移行率

  • 100G/200G/300G到達時
    ⇒1.6%~10.2%

BIG終了時のボイス

  • まずまずだな!
    ⇒奇数示唆
  • いい感じ!
    ⇒偶数示唆

BGM変化

  • AC開始時の特殊BGM発生率
    ⇒設定4以上確定
  • 5の倍数セットでのアップテンポBGM発生率
    ⇒40.0%~60.0%

設定示唆演出・高設定確定パターン

特殊BGM

  • AC開始時に特殊BGMが発生
    設定4以上確定

BIG終了時のサブ液晶タッチ画面

画面 示唆内容
パチスロ アラジンAクラシック ビッグ終了画面 アラジンアラジン デフォルト
パチスロ アラジンAクラシック ビッグ終了画面 ジードジード 設定2以上確定
パチスロ アラジンAクラシック ビッグ終了画面 ローズローズ 設定4以上確定
パチスロ アラジンAクラシック ビッグ終了画面 アラジン&ローズアラジン&ローズ 設定6確定

BIG終了時、サブ液晶をタッチすると上記のいずれかの画面が出現します。

アラジン出現時は、タッチと同時に設定示唆のボイスが発生するのでそちらもチェックしましょう。

ボーナス・AT初当たり確率

設定 初当り(AC+BIG)
1 1/275.3
2 1/263.4
3 1/251.4
4 1/226.0
5 1/199.6
6 1/176.4

基本的に初当り確率は軽めですが、その中でも段階的に設定差がついています。

設定5の初当たり確率がちょうど1/200くらいなので、その辺りが高設定の目安になりそうです。

逆に複数回初当たりを重ねて1/300付近だと低設定の可能性が上がりますね。

小役確率

設定 単チェリー確率
1 1/138.0
2 1/136.2
3 1/134.6
4 1/129.8
5 1/126.8
6 1/123.9

単チェリー確率に設定差があります。

マイスロを入れておけばカウントしてくれるので、必ず入れておくようにしましょう。

後ヅモする際も、前任者がマイスロを残したままの可能性があるので、チェックするようにしましょう。

チャンス目成立時のBIG当選率

設定 チャンス目A チャンス目B
1 0.8% 23.4%
2 1.6% 25.0%
3 2.3% 28.1%
4 3.1% 30.5%
5 5.5% 32.8%
6 7.8% 38.3%

基本的にレア役ではBIG抽選が行われていますが、チャンス目成立時のBIG抽選には設定差があります。

BIG当選時にはAC状態にも当選するので、BIG消化後にACスタートします。

結構設定差がある部分なので、当選契機はメモしておいた方がよさそうですね。

AC高確移行率

100G/200G/300G到達時

設定 AC高確移行率
1 1.6%
2 2.3%
3 3.1%
4 5.5%
5 7.0%
6 10.2%

通常時は100G消化毎にAC高確移行抽選が行われます。

特に100G~300GでのAC高確移行は高設定ほど優遇されています。

高設定はAC高確に突入しやすいから初当たりが軽くなるわけですね。

BIG終了時のボイス

設定 まずまずだな! いい感じ!
1 55.0% 45.0%
2 45.0% 55.0%
3 55.0% 45.0%
4 45.0% 55.0%
5 55.0% 45.0%
6 45.0% 55.0%

BIG終了時、サブ液晶をタッチすることで、設定示唆のボイスを確認することができます。

  • まずまずだな!…奇数設定示唆
  • いい感じ!…偶数設定示唆

となっていますが、ほとんど差がないので気にしなくていいかと思います。

BGM変化

AC開始時の特殊BGM発生率

設定 発生率
1
2
3
4 0.25%
5 0.38%
6 0.50%

5の倍数セットでのアップテンポBGM発生率

設定 発生率
1 40.0%
2 43.3%
3 46.6%
4 50.0%
5 55.0%
6 60.0%

BGM変化に設定差があります。

特殊BGMは

  • バッハ「小フーガ ト短調」
  • アップテンポBGM

などが存在し、

AC開始時に上記以外のBGMが発生した場合、設定456確定となります。

また、5の倍数のセット時にアップテンポBGMが発生する確率にも設定差があります。

設定6の特徴


引用元:スロかっつ!note

設定6でも初当たりが重くなってしまうことが多々あるので、悪い挙動を探すよりも良い挙動を探した方が高設定に辿り着けるでしょう。

初当たりが軽い台(主に引き戻しを除く300G代までの当選)や、通常時チャンス目からBIGに当選した台、頻繁に1発で状態へ移行する台は高設定の期待が持てます。

ネット上の評価

2400枚規制だったり、中短期出玉性能だったりで厳しいけど、ドットとピッポッパッポがあるから打ちたいなー
純増3枚はあかん なんもわかっとらんな…
それじゃない
アラチャンのBGM聞くとテンション上がる
これは流行りそう
チバリヨみたいに有利区間を解除しながらいけば万枚出そう

まとめ

サミーからアラジンシリーズの新台「アラジンAクラシック」が6.2号機で登場します!

前作のアラジンA2から約7年の歳月が流れました。

今作も伝統の単チェリーやドット演出に「ピッポッパッポ」などの効果音、4号機の懐かしさを感じさせる台となっているようです。

設定判別要素は、

  • 小役確率
  • チャンス目成立時のBIG当選率
  • AC高確移行率
  • BIG終了時のボイス

などが判明しています。

特にチャンス目成立時のBIG当選率・AC高確移行率は設定差が大きい部分なので要注目です。

販売台数は1万~2万台ほどとそこそこの大量導入となることから、これからホールのメイン機種となっていく可能性も感じられますね!

以上、「パチスロ アラジンAクラシック 設定差まとめ記事」でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。