【2017年最新】5.9号機規制(基準)が10月1日スタートへ【3000枚規制】

[公開日]2017/05/16[最終更新日]2017/05/17 [, ]

5.9号機規制 終わった やばい いつから

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は表題の通り、5.9号機基準としての検定が10月1日より始まる事が決定しました。

この件について多くをご存じの方も多いとは思いますが、今回期限も迫ってきているので再度、5.9号機の基準内容と今現在ホールで好評稼働中の旧基準機はいつまで打てるのか。

この当たりをピックアップしてご紹介します。

今回この件をご紹介するのはアララギです。

きっと多くの方が気になっていると思いますので、記事は長いですが気になるところだけでもご覧いただけると嬉しいです(*^^*)

-----スポンサードリンク-----


5.9号機の基準内容

  • 3000枚リミッター規制
  • 有利区間を全体ゲーム数の70%未満にする。
  • ART関連の設定差の撤廃する。(例外無し)
  • 役比モニタの搭載

大きく分けて4つの規制が新たに設けられ、最も打ち手にとって不利になるのは3000枚リミッター規制ですね(;´Д`)

それぞれの詳細を以下でご紹介していきます。

3000枚リミッター(有利区間1500Gまで)

さて、一番やばいのからいきましょうか。

一撃3000枚以下の規制

有利区間を1500Gまでとし、純増は2.0枚まで。

この有利区間とはARTやボーナスなどの出玉のある区間はもちろん、潜伏などの区間も有利区間に含まれます。

例えばハーデスの32G以内に当選する裏ストック。

これは有利区間に含まれるため、出玉のある区間+出玉はなくとも潜伏している区間が合算して1500G以下である必要がある。ということになります。

1500Gを消化しきった場合は初期化処理が行われるため、有利区間は即終了。

ボーナス中ならボーナスは消えないので、終わったら終了という事になります。

有利区間の解説については「パチスロバカ一代」のてつさんが分かりやすく解説してくださっていますので、そちらをご紹介いたします。
5.9号機ART性能を左右する「有利区間」とは
5.9号機ARTの有利区間について補足します

ART関連の設定差の撤廃

これまたかなりきつい規制です。

ART関連の突入抽選が設定差なく、
全設定一律で抽選させることが必須。

よって、CZの突入率やCZ中の抽選、上位CZなどへの突入比率も全設定共通とする必要があります。

発動に関する条件を一律とするわけであって、ART中の上乗せや特化ゾーンなどに設定差を設けるのはありですね。

役比モニターの搭載

パチスロ 5.9号機規制 役比モニター
そもそも「役比」とは何か?

「遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則」というぱちんこやスロットの細かい規則があるのですが、

その中に、

「6000回転回した時に役物での払い出しが全体の払い出しの7割を超えてはならない(第1種特別役物での払い出しは6割以内)」←かなり簡略化してます。

という決まりがあるのです。

もっと簡単に言うと、大当りでの払い出しばかりではなく通常時も小役等である程度払い出せよ。

って感じ。

これはスロットに関しての規則で、同じくぱちんこにもあるのですが、

要はこの役物比率という一般には訳の分からないものを遊技台に表示して確認出来るようにしようという事。

私的にはコレ何の意味があるの?

と思ってしまいます。

特にスロットは意味ないですよ。

スロットには設定以外に遊技機の性能を変更する方法が無いですし、

その設定に関しても全設定保通協にて検査し規則に準じた物しか適合しない。

そんなスロット機において遊技機に「役比モニタ」を表示して何の意味があるのか。

もし例え6000回転で偏って役比が7割超えてしまったとしてそれは誰の責任なのか。

もし何か責任問題になるとすれば間違いなく検査機関の責任でしょう。

メーカーが保通で適合した機械をそのままホールに納品した。

ホールは普通に決められた設定で営業した。

それでも確率物なのだから時には越える事もあるでしょう。

逆に絶対に超えなかったらそれこそ確率物ではなくなりますけどね。

検査に適合した機械のままでしか運用出来ないスロット機に「役比モニタ」をつけて
それらの比率を表示した所で何の意味もない・・・

ゴト対策だったり、不正対策という名目もあるのでしょうが、

そもそも役比ではそういった物の判別はたいていの場合出来ないですよね。

ただのやってますアピールなのでしょう。

あぁまた無駄な機能が追加されたなぁという感じです。

※引用元:PSブログ-ぱちんこ店雑感-さん

これはスルーで大丈夫です!!

5.9号機まとめ

さて、以前パチスロMAXタイプで同様の記事を書きました。(2017年に5.9号機への移行が確定!!適用される打ち手殺しの規制とは……)

規制内容は基本的に変わりありませんが、
規制のかかる状況が間近に迫ってきました。

見た限り、新基準機に望みはありません。

ということで、今ある機種がいつまで打てるのかにスポットライトを当てていきましょう!

今ある機種はいつまで打てる?

5.9号機の基準について
※引用元:パチンコスロット勝ち組への道さん

現段階で旧基準に課せられた2つの段階は

  • 2016年12月末までに全体の50%未満の台数
  • 2017年12月末までに全体の30%未満の台数

すでにホールでは50%未満の比率になるよう、設置機種の旧基準比率を落とす努力をされているはずです。

これが今年末までに30%未満の台数にする流れになっていきますが…

実際これよりも早く新基準に移行していくように「お達し」が来る可能性もゼロではないようです。

ただ、最近の新台入れ替えで旧基準機の投入をするホールもよく見ます。

これは「使える新基準を見つけるためのホール側の試行錯誤」なんだとか。

年末までに旧基準割合を30%未満にすることを視野に入れつつ、お達しで新基準への移行が早まるケースを想定しつつ、それでも稼働の取れそうな台を入れつつ客のつく新基準機を探す。

ホール側も非常に不安定な状況に必死に対応している姿が想像できます。

さて、以前私はバジリスク絆再認定についても調べた事がありました。(バジリスク絆が撤去されない!?5.9号機規制の逆風は追い風となるのか)

絆は再認定され、みなし機としてではなく3年間修理可能になりましたが、それでも人気のサラ番(検定切れ7月)・沖ドキ(検定切れ5月)・GOD 凱旋(検定切れ11月)は検定が通るのか。

一応絆は検定が通りましたが年末までの30%未満比率と合わせて今後サブ基板で制御されたパチスロ機(旧AT機)の再認定は進めるべきではないとの声もやはりあるようです。

絆を通してしまった以上、再認定される可能性は高いですが警察側からの圧力がかかってくると、メーカー側が認定機の部品供給をストップする可能性は考えられるとのこと。

やはり、旧基準は再度認定されたとはいえ、ずっと打てるわけではない。と思っておいてちょうど良いでしょう。

アララギの感想

さて、ここまで私が調べたことをつらつらと並べさせていただきました。

正直あまり良い話ではないのは確かですね。

新基準は無理だー!

確かにかなりきついですね…

ただ、やはり気になるのはカジノとの関係性。

現政権が強行決裁ともとれる方法で「カジノ法案」を採決しました。

これに関しては「東京オリンピックまでに」という期限も大きく関係していますが、与党のお金の香りがしますね。

現に多くのパチンコ・パチスロメーカーもカジノに嚙んでいるところは非常に多いです。

今までになかった新しい巨大なキャッシュポイントが増えるわけですから、寄ってたかるのは当たり前かなと。

設立の足掛かりとして、今回の規制も含めてカジノ設立のための一時的な生贄になったのがパチンコ・パチスロ業界なのではないか?

私は個人的にそのような見方をしています。

カジノ成立においても重要視されている「ギャンブル依存症対策」ですが、パチンコ・パチスロに関しては遊技でありギャンブルではないため、ギャンブルの依存症対策を国家予算などを投じて行うことが出来ません。

となると、「厳しく規制し、射幸性のダウンさせる」ことで対策しましたアピールをする。

ただ、実際カジノのギャンブル依存症対策についても日本人の入場規制はまだ取り入れられておらず、マイナンバー的なカードで入場を記録したり、家族からの申請で入場を制限したりすることにとどまっています。(確定ではなくひとつの案として)

カジノの大筋の狙いは外国人観光客からの外貨収益であったり、富裕層の社交場としての機能であったり、そういう部分は大きいと思うのですが、このままだと恐らく国内のギャンブラーたちによる投資が大きな収益となり、結果的にパチンコ・パチスロ業界と変わらない。

では結果的にパチンコ・パチスロユーザーがどのくらいカジノに流れるのか。

いかに日本人がギャンブル好きとはいえ、わざわざカジノへ出向くくらいならパチンコ・パチスロ行く人の方が多いのでは?

アメリカのカジノ産業規模とパチンコ・パチスロ産業の経済規模はほぼ変わりませんし、これを潰してカジノに完全移行するのは正直あり得ないかなと。(多少の縮小はあると思ってます)

もちろん私はまだまだ勉強不足ですし、本質的なことはあまり分かっていないかもしれませんが、また元気なパチンコ・パチスロ業界が戻ってきてくれそうな予感はあります。(もちろん悪習や不正を是正して健全な業界運営を行うことが前提になってきますが)

-スポンサードリンク-

雑記の最新記事はこちら!

58 Responses to “【2017年最新】5.9号機規制(基準)が10月1日スタートへ【3000枚規制】”

  1. てつ より:

    2020年以降はだてめがねさんのブログもカジノに特化したブログになってたりして(笑)

    ノーマルタイプは機械割、獲得枚数などの変更は求められてないってことなんですか?

    • だてめがね より:

      カジノブログ…そこまでは考えていないですよー(๑´・д・`๑)
      でも、最初は絶対熱いはずなので、情報は提供させていただきたいですね♪

      ノーマルタイプは特に影響無いのでは、と思うのですが…

  2. ラーマン より:

    影響力のあるかたがあまり煽らないでください
    新基準でもでることはでますし
    遅いですが
    これは第9さんが記事にしてましたので
    是非みてください

    決まったことはもう覆らないのだから
    それに順応するしかないとおもいます

    • だてめがね より:

      すでに拝見しておりますが、
      3000枚規制自体は閉店リスクが下がるし、
      設定狙いも安定することにより換金ギャップを受けづらくなるので良い側面が多いです。

      しかしそれはあくまでも副次的なものであり、
      明らかな「外的プレッシャー」によるパチスロ業界縮小の意図がある中、
      現実を見て、対策を練ることも重要だと思います。

      • ロここう より:

        「外的プレッシャー」も対策もなにも
        私は兼業なので焦ってもしょうがないというスタンスです 稼げなくなったらそれまでのことです
        それにこうなることは
        前からわかってることですしね

        あなたさまは収入に直結する事例ですので
        あたふたするのもわかりますが
        そんな人は一握りですし
        だいたいのかたは兼業もしくは遊技を楽しんでる方だと
        思います

        私がいいたいのはそれこそ変に煽って
        プレイヤーを不安がらせるのは
        どうかと思ってコメントしました

        記事の意図がそうじゃないにしても
        そう感じる人もいるということです

        もちろん煽ってアクセス稼ぎするのも
        わかりますが

        • だてめがね より:

          話を極端にするとわかりやすいと思うのですが、
          「この先地獄への道なのに安心させる」
          「この先何事もないのに、地獄かもしれない!と心配させる」
          となれば、前者のほうが私個人としては罪だと思います。

          そうなることは(厳しくなることは)わかっている、ということと
          変に煽る、ということは矛盾していると思いますが、いかがでしょうか。

          つまり、立場による違いがあるとしても、
          少しでも収入をスロットに依存している方に警鐘を鳴らすことが悪
          というのは、個人的には違うかなと思います。

          >もちろん煽ってアクセス稼ぎするのもわかりますが
          ブログのアクセスだけを考えるなら、「稼げるぜ!」とずっと言い続けるほうがいいので、「煽ってアクセス稼ぎ」、それは根本的に違います。
          ただし、「ヤバイときに準備をしてもらって、だてめがねのおかげで助かった〜」と
          思ってもらいたいなぁとは思っています。

  3. うぬぬ より:

    新基準機たしかに辛いです
    お客が店から減りましたよね
    埼玉ですけどほんとがらがら
    これじゃエナするにも設定積もるにも厳しいですよ

    まずお客がいないと話にならない
    そのお客がもどってくるのはギャンブル性の高い台じゃないと…

    • だてめがね より:

      この前設定狙いで埼玉に行きましたが、
      等価地域はまだ稼働いい印象でした…。

      東京や大阪では優良店と過疎店の二極化が進んでいるのかなぁと思っています。

  4. うぬぬ より:

    あまりのくえなさにだてさんのブログへのコメントも減りましたよね
    潮時ですかね

    • だてめがね より:

      エナ人口はかなり減ったと思います。
      圧倒的に稼いでいた層はおそらくやめていないのですが、
      中間層がどっといなくなったのではないでしょうか。

      エナ一本というのはかなりまずいと思います。
      パチスロで行くなら、ホールで取れる戦略は全て覚えておいたほうがいいですね!
      パチンコはともかく、
      設定狙いはまだまだ甘い地域が多いと思います。

    • パチンコ派 より:

      だてさんの地域、あるいは全国的には、パチンコは厳しいという状況なんですかね。
      私の地域だと、パチスロは設定・ハイエナともにほとんど期待できない代わりに、パチンコは良台ごろごろ&ライバル皆無で、一人でやりたい放題しています。だてさん級の稼ぎは到底望めないけど、まだ幸運な方なんですかねぇ。

      • だてめがね より:

        パチンコはどんどんボーダーも上がっていて牙狼時代と比べたらかなり厳しくなっている印象で個人的にはあまり攻めていません。
        (これは、設定狙いの一番美味しいところを取ったら、ブログをしたほうが期待値が高いという個人的で特殊な理由もあります)

        ただ、周りの知り合いの専業やグループを見てみると、設定狙いをし外した場合は保険としてパチンコ…
        または設定狙いで強いものがない場合はパチンコをしているプロ(うちのまーよんさんとかがそれですね)は多いですね。

        羽根物中心のハイレベルな立ち回りならともかく、まだまだ喰えるレベルではあると思います!
        ただ、規制の側面から見ると首がしまっていく傾向ではある…と言った認識です。

        • パチンコ派 より:

          設定6を当たり前に打てる人から見れば、そんな感覚でしょうね。こっちは設定なんて都市伝説みたいなものですが。
          個人的には、上がったボーダー以上に回る台・店が増えて、牙狼時代よりは数段稼げるようになった印象です。旧基準末期は荒い、回らない、増やせないと散々でしたし。さすがに京楽時代とは雲泥の差ですが、あれこそバブルだったと割り切るしかないですね。

          • だてめがね より:

            地域によって差は大きいと思います。
            (パチンコ派さんの地域が本当はどうなのか、は
            見られていないところにあるかもしれませんしわかりませんが…)

            おぉ!牙狼時代より稼げる、という意見は初めて聞きましたので、非常に参考になりました。
            もちろん探す努力ありきのことだと思います。
            どの地域、どの時代でも、ある程度努力次第でどうとでもなりそうですね。

  5. 匿名 より:

    通りすがりです。
    6号機への移行は確定してますが、施行時期に関してはまだ通達出てませんよ•••
    10月か来年の4月が濃厚とは聞いてますが。

    ちなみに現在の課長補佐の任期は来年4月•••

    • アララギ より:

      貴重な情報ありがとうございますm(__)m

      かなり詳しいご様子ですし、業界の方からのコメントでしょうか?

      人事に関する情報を我々はどのように扱って良いかわかりかねます(笑)(笑)

  6. カリメロ より:

    初当たり確率は1~6まで全部同じになるってことでいいの?

    • アララギ より:

      カリメロさん

      ARTの初当たりに関わる事項に関してはおっしゃる通りです。

      ボーナス出現率であったり、ART中の特化ゾーンなどに設定差を設けることは可能。ということですね。

      小役差をつけてもART初当たりに関わる部分には使えないので、現行機種とはかなり挙動が違う台が出てくることもありそうですね。

  7. 匿名 より:

    バジ絆が再認定されて3年間は修理が可能となったみたいですが、例えば旧基準の台を2018年の年末までに0%するとなれば、再認定とか関係なくホールから消えるんですよね?

    • アララギ より:

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通りですね。

      認定はあくまで「現状設置・修理が可能」というだけであって、やはりお上さんの一声で無くなる可能性はあるとのことです。

      なので、絆は3年ある。

      ではなく、新基準に完全移行するまでの様子見として設置を許されている。

      という見方が正しいかもしれません。

  8. うぬぬ より:

    コメント返しありがとうございます

    甘い地域がある…と言ってもどこかわからないし
    実際場所がわかってもソロは圧倒的不利
    どこの台に入るか予想できない
    打ちながら判別してどこで見切りをつけるか、どこまで追いかけるか

    みんなだてさんみたいに上手くないんです(^_^;)
    今後は一握りの人しか勝てなくなる時代ですね
    エナのいいところは気軽にちかくのお店に行きだれでも勝てたところですよね
    期待値を稼げるかわからないところまで長距離移動は肉体的にも精神的にも参りそうです

    だてさんのブログ収入もおちてそう笑

    • だてめがね より:

      コメント、ありがとうございます!
      こういった本音の気持ちこもったコメントを頂けるとうれしいです。

      天井狙いの初期の頃も一部の一握りの人が大きな額を稼いでいました、
      設定狙いも同じような状況に今あると思います。

      >実際場所がわかってもソロは圧倒的不利
      おっしゃる通り、軍団が圧倒的有利です。
      しかし、ピンでもやれる部分は確実にあります。
      私自身、本気でパチスロで稼ぐなら軍団を作っていると思いますが、
      それをしてもブログにとって意味がないし、
      パチプロ稼業からはいずれ手を引きたいと考えているので、
      そこまではやらないと決めています。
      (生活が本格的に厳しくなってきたら、わかりませんが…笑)

      特に設定狙いは断片な情報では稼げないので
      メルマガで本気で悩んでいるかたのフォローをしたいと思っています。
      (今作成中です)
      手前味噌ではありますが…公開した際には参考にしていただいて、
      ちゃんとした情報に触れてから考えて頂けると良いのではないかと思います。

      設定狙い系の本質的な情報は、ネットにも少ないですからね。
      (私自身も誰でも気軽に見れてしまうブログでは
      出し渋っているところが、正直言ってありますし、
      それは他の設定狙いブロガーさんも同様です)

      ただ、設定狙いは本当に厳しい地域は厳しいという傾向にあるので
      そのあたりの塩梅は難しいと思います。
      天井狙いは簡単すぎることがメリットでありながら、同時にデメリットであったのではないかと考えています。
      (特に全盛期から参戦されて、手軽に稼いでしまった人にとっては)

      ブログ収入については…アクセス自体はやはり下がってきています。
      この業界の状況では流石に厳しいと思っているので、
      新しい事もみなさんと同様、私もチャレンジしていかなければならないと考え、
      日々新しい情報を取り入れて、それを将来的にはみなさんに発信できれば…と思っています。

  9. ねねこま より:

    >>天井狙いは簡単すぎることがメリットでありながら、同時にデメリットであったのではないかと考えています

    これは本当にそう思います。あまりに短期で簡単に大きな額が稼げてしまうので感覚や思考が引っ張られてしまうんですね。手軽な成功体験や、期待値感覚を身に付けるのは優秀ですが、あまりにコミットしすぎると害悪な成功体験になってるな感じます。

    • だてめがね より:

      「成功体験」という意味では非常に優秀なのですが、それが「満足感」で終わってしまうと非常に危ういので、「バブルだっただけ」だと割り切ることが大切ですよね。

      天井狙いでトップクラスであると思われる70万付近を越えていた人はおそらく「全力でした努力が報われる感覚」が身についていると思うので、今後の人生の財産となる成功の雛形になると思います。
      兼業で20万以上稼がれていた方も同様だと思います。

      しかしながら、余力をかなり残しながら専業として月20万程度で満足していた人にとっては「舐めてかかる癖」「中途半端で人生何とかなるという間違った確信」「本気になれない病」になる可能性が高いです。

      「やばい」という状況自体はプラスでもマイナスでもなく、それを「どう扱うか」「どう捉えるか」がこれからの人生の鍵となるのではないかと思います。

  10. ハレルヤ より:

    出玉放出の規制はいくらでもするのに
    出玉吸収の規制は何でしないのか?
    遊戯人口を増やす為には、寧ろ後者の方が
    必要な気がします。
    5スロや1パチのようにレートを下げるだけでは
    一向に解決しないと思います。
    僕にはお国は本当は分かっているのに
    敢えて規制しないような
    ズルさを感じます。

    • アララギ より:

      ハレルヤさん

      現状では遊技人口増加ではなく、あくまで「パチンコ・パチスロでのギャンブル依存症者の数を減らす」事が第一の目的。

      レートに関係なく、ギャンブル依存症の方はあらゆる機種には手を出します。
      そういう方に「ギャンブルはやめた方がいいかな…」と少しでも多くの人に思わせて絶対数を減らす必要があります。

      これで「カジノ設立においてギャンブル依存症対策はどうなんだ」という人を減らす必要がある。

      決して業界のための規制ではなく、様々な思惑が取り巻く新たな巨大キャッシュポイント(IRリゾート)の設立のためのステップでしかないと思うんです。

      なので、ユーザーの声が反映されることは重要じゃないのかなと…

      「ズルさ」を感じられるのは素晴らしい事だと思います。
      この国がどこに向かって、何をしようとしているのか。
      一国民として考えることはとても大切な事だと自分は思ってます。

      これからも国の動向を見て、自分のなりふりを考えたり、少しでも行動をしてみたりすることが一個人として豊かさを手に入れるために必要じゃないかなと思います。

      長く、的外れなコメントとなってしまったかもしれませんが、これで返信とさせていただきますm(__)m

  11. 兼業 より:

    ハイエナバブルで人生狂った人多そうですね…

    今となってはどーしようもないでしょうが

    おつかれ

    • だてめがね より:

      うーん、人生が狂ったか、よく変わったか、の違いは
      「結果的にどうなったか?」だと思います。

      私はパチスロのおかげで何の光もなかった人生が変わりました。
      それは、結果的に幸せだからだと思いますが、そのためにできることをやりました。

      ピンチはチャンスなので、ここから大逆転することも可能だと思います。
      今の時代、10年前などと比べたらチャンスはつかみやすい時代に間違いなくなっています。

      まだ終わっていませんし、スロットはまだ稼げます。
      なので、(ずっと言い続けていることではありますが)
      今のうちに次への道を探して、
      もっと上のステージを目指すことがいいのではないかと思います。

      どうしようもなくないです。
      むしろ、本気になるなら今かなぁと思います。

      • 兼業 より:

        それは、だてさんがブロガーとして成功者だから言えるのではないでしょうか?

        ねねこまさんのコメントの様に、バブル当時に簡単に成功してしまい、安易に専業の道に進み、真っ当な道から外れてしまった方を思い、コメントさせて頂きました。

        また、今はチャンスを掴みやすいとの事ですが、具体的にはどの様な事でしょうか?

        • だてめがね より:

          今は、サラリーマンに就くだけが人生ではない時代ですので、道はあります。

          といいましても、○○のせいで自分は終わった…という思考回路であるなら、何をやっても上手くは行かないでしょう。

          私は「ライト専業は危険」といい続けてきたのですが、その真意は、「本気になれない思考回路が危険」という意味です。

          楽なものだけすがりついていては危険。今が最も本気になるチャンスだと捉え、全力になる時だ、ということです。

          「ハイエナバブルのせいで人生が終わった」と被害者意識で捉えるのではなく、「ハイエナバブルは特殊だった」と認識して、新たな一歩を踏みださなければならない、ということを「自覚する」という意味で、ハイエナバブルの特殊性をとらえるべきだと思います。

          …そもそも、何が「全う」か、も人それぞれではありますが、兼業でも専業でも何にしても、個人的には「本気になれない人生」がそれだと思っています。

          私の言っている意味がわからないという人も多いかもしれませんが、1人でも伝われば私は満足です。

          コメント、ありがとうございました。

        • ねねこま より:

          一応補足しておくと、自分は真っ当な道から外れることは害悪だと思ってませんよ。ハイエナによる成功体験は、安易で短期な思考や感覚に陥りかやすく、何か新しいことを(複雑であったり、長期の視点や感覚)はじめる際になまじハイエナで短期で簡単に稼げてしまったために、その感覚が足枷になりうる人もいるだろうなという意味です。

  12. 匿名 より:

    Aタイプで遊んでればええやん

    • アララギ より:

      それももちろん正論ですが、ART機は低設定でもときに一般ユーザーに出てる感を植え付けさせる効果も持っていると私は思っています。

      Aタイプオンリーだと、設定狙いの難しさや軍団の台頭などで一般ユーザーに優しい環境とは思えないです…

  13. 匿名 より:

    いつもお世話になっております

    ART関連の突入抽選が設定差なく、
    全設定一律で抽選させることが必須

    ここでいう一律とは設定差だけでしょうか?
    天井も無くなるのでしょうか?

    • アララギ より:

      匿名さん

      ART初当たりに関する設定差が一律なので、ボーナス中のART抽選もCZ抽選もARTに関わるところは一律にしなければならない。

      この解釈だと、ボーナス出現率によって条件次第(ボーナス間天井など)では天井到達率=ART初当たり確率に差が出てしまいますね。

      そうなると、天井も引っかかってくる可能性があるかと。

      ART間天井にすれば、初当たり確率は設定差一律なので天井を設けられる可能性はありますが…

  14. 匿名 より:

    3000規制が機能すれば割が収束しやすくなるので個人的に賛成なんですよね。
    ただ気になるのは、5.5号機になって目に見えて一撃は減りましたが吸い込みが変わってないというところ。
    サイトセブンなんか見てても明らかにホール割落ちてますからね。
    そこが全く機能してないので、3000規制でも結局吸い込み変わらないんじゃないかなと心配です

    • だてめがね より:

      天井狙いだとおそらく3000枚規制によって
      「初当たり時の期待枚数が減る」ので、そこが懸念点ですね。

      設定狙いにとっては直接的なデメリットは特になく、むしろ設定差がボーナス確率に集約するなら少し判別がしやすくなる…なんて効果もあるかもしれません。

      ただし、機械割が108%程度が最高値になるのでは、とも言われており、もしそうなると厳しいかな、と思います。

      2ちゃんねるとかでよく言われる「吸い込み」についての定義が人それぞれ曖昧な気がするのですが、「機械割」で考えるなら、それは変わらないと思いますよ。

      「コイン持ち」で考えるならガルパンに代表されるようにベースの高い機種もありますが、それ自体が評価されることは聞いたことないので、多くの一般ユーザーの「吸い込み」の定義になんらかの誤解があるんじゃないか?というのはすごく思います。

  15. 引き弱 より:

    どうせ3000枚とか出ないしどうでもいいわ( ゚д゚)、ペッ

    • だてめがね より:

      3000枚で終了、のみの部分だけ切り取れば打ち手にとっては基本的にありがたいことだと思います(*^^*)

      特にサラリーマンの方にとって、8時から打っても閉店リスクがゼロになるわけですからより長い時間遊べそうですし、閉店時の稼働低下が緩やかになりそうですね♪

  16. six より:

    その分ポンポン3000枚クラスの出玉が出る様なら良いんですけどね。あんまりそれは期待しないほうが良いでしょうね

    • アララギ より:

      sixさん

      恐らくそうでしょうね……

      それだと、規制の本来の趣旨が達成されませんし……

  17. 新見 より:

    一番嫌なのはこれが規制の終わりではなく、こんな感じだとまた他の規制が飛び出して来かねない事ですね。正直スロットは当分暗黒の時代になりますわ…

    あと伊達さんは、人生どうこうの話はいらないと思う。ダメ人生生きるのも、人生頑張るのも人の自由ですよ。

  18. 道産子 より:

    北海道の田舎で4店舗、天井狙い中心で立ち回ってるものです。

    4月は新基準機メインの立ち回りでしたが50万近くプラスでした。

    4号機の頃からパチスロ打ってますが、今の機種でも十分に戦えると思います。

    5.9号機になっても狙いどころが全く無くならない限り稼げなくなることは無いかにと考えてます。

    • アララギ より:

      道産子さん

      ご意見をいただいてありがとうございますm(__)m

      本気で稼いでいらっしゃる方々は規制の中立ち回りを変えたり、店舗を変えたり、形態を変えたりしながら稼いでいくことは可能だと私も思います。

      ただ、現状多少は稼ぎつつも今よりも厳しい時代に突入するには力不足・勉強不足の打ち手の方々は確実にいらっしゃるかと。

      そういった方々に少しでも警笛を鳴らしつつ、やるなら本気で。
      中途半端にやってあとあと苦しくなるなら、今のうちに方向転換もありなんじゃないか。

      だてめがねさんをはじめ、私も同様の意見を持っています。

    • だてめがね より:

      4号機からの氷河期を耐え抜かれたから方なら、全く問題なさそうですね(*^^*)
      個人的にも食えなくなる気はしないです。自分ひとりならどうにでもなるかなぁと…。

  19. 匿名 より:

    天井狙いは打って貰える人+店が変更をしない前提だから恵まれてるってだけでしょ
    人任せだから自分の力って感じはしないよね

    • アララギ より:

      据え置き、リセットを見抜く力とホールの情報を的確に読む力。

      確かに回すのは自分以外ですが、それでも十分に自身の力は発揮されているのではないでしょうか。

  20. オレンジ より:

    引用は全然構いませんが、コメ入れてもらえるとありがたいです。

    本題!
    5.9号機のARTの性能に関しては、突入のみならずART中の上乗せ等にもたぶん設定差はNGですw

    要するに設定差がある役やボーナスでの有利区間への抽選・転落、ARTの抽選・上乗せ等はNGという仕様なハズです。
    ARTの抽選自体は有利区間中であればそれなりに自由に行う事が出来ますが、あくまでそれも全設定共通が前提。
    設定差を儲けるのはART抽選や上乗せを行わないボーナスや小役のみとなります。

    一応これらは昨年の中ごろに決められたものなので少し変更はあるのかもしれませんが、概ね上記で間違いはないかと。
    資料を見たければコメ頂ければお見せしますよ。

    • アララギ より:

      オレンジさん

      わざわざこちらにコメントをいただき、ありがとうございますm(__)m

      そして貴重な情報を引用させていただき、ありがとうございますm(__)m

      今後、引用させていただく場合はこちらからあいさつに伺います(*^^*)

      なるほど…ARTに関するものは全てでしたか…
      一部情報では「上乗せ特化ゾーンは可能」というものを目にしまして、そちらを採用させていただきました。

      となると、設定差がある項目が限られすぎて、極端に設定判別しやすいか極端に難しいか…
      そんな機種が出てきそうですね(;´Д`)

      資料を見せていただきたいときは、ご連絡させていただきますm(__)m
      お気遣い、感謝いたしますm(__)mm(__)m

      • オレンジ より:

        上乗せ特化ゾーン等については可能なようです。

        通常区間→有利区間への移行は完全な毎G抽選

        有利区間中の指示機能(押し順ナビ等)の抽選は今まで通りけっこう自由に出来る。
        ただしその抽選は設定によって変動しない小役やボーナスでしか出来ないという感じです。

        なので有利区間中は今まで通りバラエティーに富んだゲーム性は再現出来るものの、
        あくまで設定差が儲けられるのは、小役・ボナ(ART抽選に関わらないもののみ)のみになります。

        要は、例えばスイカAとBがあった場合、設定によって確率が違うのがAだった場合、
        ARTの抽選や上乗せに使えるのはスイカBのみ
        というような感じ
        ボナなども同じく、ART抽選を出来るボナには設定差を儲けられませんので、
        もしボナでART抽選をする場合は、
        赤7は設定差があるけどART抽選は無し、ただの枚数が増えるだけのボナ
        青7は設定差が無い代わりにARTの抽選をする。
        といった感じになります。
        その辺は資料にかなり細かく書かれているのですが、普通の方は多分見ても理解出来ないレベルで細かい・・・

        長文失礼しました。

        • アララギ より:

          オレンジさん

          詳細にご説明していただき、ありがとうございますm(__)m

          とても分かりやすい解説なので、ぜひとも多くの方に見ていただきたいコメントです(*^^*)

          内容はご説明で理解できましたm(__)m

  21. 竹ちゃん より:

    お久しぶりです。
    噂は聞いてましたが、なんか大変みたいですね…
    最近私はスロットより起業した農業が楽しいせいで、めっきり打ちに行くこと無くなりました

    最近はだいたいを社員?とアルバイトにやらせ、自分はお金の管理だけをしています

    僕も一歩間違えれば、スロットのエナだけで何のスキルも身に付けずに転落していたかもしれません

    だてめがねさんと道は違えど、だてさんの記事を読んで脳死エナではなく、その時間を将来のことに費やす準備期間とすることができました
    非常に感謝しています。

    共に人生悔い無いように生きましょう
    また遊びにきます^^

    • だてめがね より:

      あ、こんにちは〜!
      竹ちゃんさんは、投資で億を達成し、その資金で農業に参入されたのでしたっけ?
      全く想像付かない世界なので、すごく面白そうです。

      >だてさんの記事を読んで脳死エナではなく、その時間を将来のことに費やす準備期間とすることができました
      ありがとうございます!
      私も、今やっていることも大事にしながら、
      日々新しいことにチャレンジして行きたいと思います(*^^*)
      頑張りましょう!!

  22. 新見 より:

    農業っていいな~。好きなら完全に勝ち組ですね^^

  23. 道産子 より:

    コメントへの返答ありがとうございます!

    お店によって据え置きメインの店、リセットを頻繁にする店の癖をよめているので、リセット店での凱旋のリセット500.600ハマり台など数日に1度は拾える状態です。

    あと月に2度ほどある開店時間変更になるときに、絆の設定狙いも4月に参戦しましたが、1度昼オープンの時に設定6確定演出出て3500枚ほどでしたがプラスに出来ました。

    5月はGW期間に天井狙いオンリーで稼働しましたが、下ブレの時が多くほとんど稼げませんでしたねw

    昨日の段階でプラス17万程なので、月に30万は勝ちたいと思ってるのでこれから後半頑張らないとですね!

  24. 匿名 より:

    ゲーム数固定の台が増えそう。
    一撃1000g1000枚ジャッジ!みたいなのもありか

    100G固定のRTでボナをあと告知とかひぐらしとかうみねこみたいな…。
    継続抽選、特化ゾーンによる爆乗せみたいなのがなくなるならあながち悪くないのかもしれない。

    …あれ?ちょっと楽しみになってきたな(ФωФ)

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧【オススメ】

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

最新コメント

  • Anonymous: ゲーム数固定の台が増えそう。...
  • 入替え屋さん: 台の重さが50キロあるんですよね...
  • six: >ゼロさん あまり裏のことについてはココでコメ...
  • だてめがね: お、本当ですね〜!Aは今日だけです...
  • だてめがね: 打ったほうが良いですよ〜!AT当選...
  • ゼロ: 昔は確かにあからさまに裏モノが置いてる店 もかなり多かったです...
  • ゼロ: その出目が出続けてるうちはやめない方がい いです...
  • ゼロ: 少なくともゴッド揃い後にアヴェマリ...
  • Anonymous: 店変えればいい 以上
  • 確かに甘い: 今見たらA判定でしたよ。 さすがにメーカー公式でガセはな...
  • 北田ともあき: (848)(484)地獄目でたあと...
  • だてめがね: スタホさん。こんにちは〜♪...
  • だてめがね: こちらこそ、適切なアドバイスを頂き...
  • だてめがね: ありがとうございます(*^^*)...
  • だてめがね: フリーズは不発も多いみたいですねぇ…(T _T)

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

このページの先頭へ