サラリーマン金太郎 出世回胴編 打ち方・リール配列

サラリーマン金太郎 出世回胴編2
©RODEO

パチスロ サラリーマン金太郎 出世回胴編 打ち方・リール配列についての記事です。

初打ちの際に確認しておきたい、
打ち方とリール配列についてまとめました。

2マスに渡る大きな拳図柄が特徴的となっています。
通常時のナビ出現時はチャンスリプレイに期待です(*^^*)

※天井情報についてはこちらからご確認ください
サラリーマン金太郎 出世街道編 新台 天井恩恵・狙い目・ヤメ時


目次

スポンサードリンク

打ち方解説

リール配列

サラリーマン金太郎 出世回胴編 リール配列

通常時の打ち方

左リール上中段に拳図柄狙い

  • 左下段に拳図柄停止時
    中・右リール適当打ち
    →リールフラッシュ=チャンスリプレイ成立

  • 左リール上中段に拳図柄停止時
    中・右リールに拳図柄狙い
    →2リールに拳図柄停止=強チャンス目
    →3リールに拳図柄停止=金チャンス目

  • 左リール中下段に拳図柄停止時
    中・右リールに拳図柄狙い
    →1リールに拳図柄停止=弱チャンス目
    →2リールに拳図柄停止=強チャンス目
    →3リールに拳図柄停止=金チャンス目


  • 左リールにハッピ出現時
    中・右リールに青7狙い
    →中段ベル揃い=共通ベル
    →ハッピ揃い=ハッピ
    →小役ハズレ目=チャンスリプレイ
    →中段ハサミのベルテンパイハズレ目=金チャンス目

リールの拳が目立つ、独特のリール配列となっています。

上段拳揃いは金チャンス目Gなのですが、
ここからはフリーズが発生する可能性があるみたいですね(*^^*)

拳が出現するほどチャンスとなっているので、
2つ以上出現した場合は即ヤメ厳禁です。

拳系役は2枚役のようですのですが、
狙わなくても払い出しがあるのかどうかが、
省エネスロッターの私には気になるところです(笑)

通常時のナビ発生時は、
チャンスリプレイが出現する可能性が高いみたいです。

おそらくナビ出現でレア役出現率を管理しているのだと思います。

また、印鑑承認システムというものも搭載していて、
第1~第3停止ではんこを3つ獲得すると、
次のゲーム約70%でレア役が出現
するようです。

赤枠・豹柄枠なら強小役の大チャンスとなっているので、
しっかり確認する必要がありますね(*^^*)

以上です!
その他、サラリーマン金太郎 出世回胴の記事は以下から御覧ください(*^^*)♪

---スポンサードリンク---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。