台湾パチンコ・スロットの地域・場所別のレート&換金率についてまとめてみた

[公開日]2019/02/27 [, ]

台湾スロット レート・換金率

taiキング(TwitterID:@pachisuromonst)です。

今回は前回の記事で紹介させていただいた、
台湾スロット・パチンコのレート・換金事情
について記事にしたいと思います!

外国でお金に関する事は怖い…
裏に怖いお兄さんがいるんじゃないか…

知らない土地で換金する際に、
誰もが経験するであろう不安感。

なので今回はインターネットの力を借りて、
どういう交換率でどういう換金方法があるのか?

それを解き明かしていきたいと思います!

関連記事

-----スポンサードリンク-----


出玉はカードへ

台湾スロット レート・出玉

まず遊ぶためにはメダルが必要なので、
カウンターでお金を渡してカードを貰います。

そのカードでメダルと交換するシステムのようです。

大当たりして獲得した出玉は、
カードに保存されそのカードで
再プレイや景品と交換ができます。

イメージ的には日本のゲームセンターでの、
スロットゲームのような感じですね。

このカードが景品にもなるので、
取り忘れや盗難に注意が必要かも…?
*日本のICコイン・カードと同じような感じですね。

ホールによりけりですが端数は切り捨てられるので、
あまり端数が出ない枚数の時にやめたいですね💦

クレジットの入れ方・抜き方

初めての出来事は、
皆さん不安だと思います。

そこでどのボタンを押すとどうなるのか?、
どうすればクレジットオフできるのか調べてみました。

台湾スロット 遊技方法

黄枠部分のボタン【退幣】と書かれたボタンを、
押すとメダルがスロット台から出てきます。

ホッパーにある分は出てくるので、
約1000枚くらいまでは出すことが可能。

多い場合は店員さんを呼べば、
他のボタンを使ってメダルをカードに替えてくれます。

青枠部分のボタンはクレジットの自動補給ボタン。

これをオンにすれば赤枠部分から本体にメダルが、
自動で移動されオフにすると手動で
メダルを入れることができます。

使うボタンとしてはこれだけですね。

黄枠ボタンを使いながら台移動もできますし、
出玉が出たらカードに替えてもらって移動という感じ。

全然、難しくありません。

引用元:銭ゲバさん

【退幣】と書かれたボタンで貸出、
青いボタンを押すとクレジット満タン機能ですね。

青いボタンをオンにしていると、
メダルを触る必要がなくオフにすると
直接メダルを入れて遊べるという意味ですね!

台湾では出玉共有や台移動OKのホールも多いので、
日本とほとんど遜色なく遊べそうです。

台湾スロットのレート

台湾では1枚あたり・1球あたりの価格が
それぞれの地域によって決められているそうです。

スロット・パチンコのレート(交換率)を
それぞれ見ていきましょう。

スロットのレート

  • 新竹エリア
    ⇒2分區(2元)が主流
  • 台中エリア
    ⇒2.5分區(2.5元)が主流。5分區もある。
  • 台南エリア
    ⇒1〜5分區(1~5元)まで様々。

*2018年6月時点での情報
*引用元:逆張り第9地区~投機に関するブログ~さん

1元のレートはGoogleですぐに調べられます。

この記事を書いている時点のレートでは
1元=約3.6円となっています。

5元だと18円スロットということなので、
日本の5.5枚交換のホールに近いですね。

感覚としては

  • 5元=18円スロ
  • 2.5元=9円スロ(主流)
  • 2元=7円スロ

くらいの感覚です。

さすがに旅費叩いて1元スロットは打ちたくない…
せめて2元以上を打ちたいですね。

パチンコのレート

パチンコは基本的にどこの地域でも、
1玉あたり0.5元=約1.8円らしいです。

日本でいうと2円パチンコに近いようですね!

ということは主流はどこも、
日本の半分のレートだという事になりますね。

換金は台湾でも違法

台湾スロット レート・換金率 換金は違法

日本でも換金は違法ですが、
台湾でも換金は違法だそうです。

日本のように「たまたま」近くに
景品を買い取ってくれるお店を設置するのもアウト…

そこで台湾の人たちは考えました。

どうすれば換金することが出来るだろうか?

その結果…

  • 店員さんに言うと駐車場に連れてかれて、
    怖いお兄さんに案内されてくらい個室に入れられる
  • 店員さんに言うとトイレに行け!と言われ、
    トイレで換金してもらえる
  • 店員さんにカードを渡すとチケットへ交換、
    部屋に案内され店員さんが先に中に入って、
    出てきたら中に入ると箱の中にお金がある
  • 店員さんが見えないところで、
    パッと現金を渡してくれる

ホールによって手法は様々ですが、
換金すること自体は出来るようですね。

正直外国に旅行に行って怖いお兄さんに、
暗い個室なんかに連れていかれた日には…

チビってしまいそうです。
*基本的に知らない人について行ってはいけません

そして換金してもらった後は、
必ずピンハネされていないか金額を確認しましょう!

外国人という事で甘く見られるのか、
誤魔化されることもあるようです。

換金以前の問題

台湾スロット レート・換金率 会員制

さてここまでレートや換金について、
書かせて頂きましたが…

実はそれ以前の問題があります。

それは…

台南エリアと嘉義エリア以外は、
ほとんどのホールが会員制らしいです💦

なので一見さん・飛び込みでホールに入っても、
そもそも遊技自体ができない可能性があるようです。

会員制というのは一見さんではない方と、
一緒であれば遊技する事は可能なようですね。
*日本の闇スロですか?

そして一見さんOKなホールでも当然、
知らない人が来店すると警察か?と警戒されます。

ホールに行く際はパスポートのコピー等を持ち歩いて、
観光客である事を証明しないといけないですね(-_-;)

まとめ

という事で今回はレート・換金方法について、
まとめさせていただきました。

振り返ってみますが…

  • スロットの主流レート
    ⇒9円スロ

    パチンコの主流レート
    ⇒1.8円パチンコ

  • 出玉やメダルを貰う時にはカードで
  • 換金方法はホールによりけり
  • 一見さん不可のホールもあり、
    身分証明書は必須アイテム

こんな感じの事をお話させて頂きました。

調べていてわかりましたが、
換金については日本よりも台湾の方が厳しいですね。

頻繁に警官の見回りがあるようですし、
換金がバレるとホールは厳しい罰を受けます。

それでも何とか楽しんでもらおうと、
設定を使って数時間後に答え発表してみたり、
LINEでこの機種がオススメ!等煽ってみたり…

4号機時代の活気が台湾スロットには感じられます!
*僕は5号機世代なので知る由もないですが…

ライターさんも注目していて、
益々盛り上がりを見せるであろう台湾スロット。

今後も台湾のスロットについて、
色々と情報を集めていきたいと思います!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

関連記事

-スポンサードリンク-

雑記の最新記事はこちら!

コメントを残す


▼ブログ内記事検索
カスタム検索
サブコンテンツ

検索フォーム

全台機種別記事一覧

▼機種別記事一覧
(現行機種ほぼあります)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

プロフィール

■名前:だてめがね shikaku2
管理人のだてめがねです。
5年間のパチンコ依存症・養分期間を経て、すろぱちで2013年年間収支850万を達成し、2014年9月までに500万を達成。 パチスロで負けている人を自分の力で手助けしたいという思いからブログを続けています。 現在は徐々にブログメインにシフトし、毎日1記事以上更新しています。 読者さんの有益な情報をお届け出来るように努めていきますので、宜しくお願い致します!

月別アーカイブ

検索フォーム

このページの先頭へ